脇田義信

脇田 義信(わきた よしのぶ、1945年1月27日 - 2005年3月29日)は、広島テレビアナウンサー。のち、報道担当取締役を務めた。

わきた よしのぶ
脇田 義信
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
生年月日 (1945-01-27) 1945年1月27日
没年月日 (2005-03-29) 2005年3月29日(60歳没)
最終学歴 広島商科大学商学部卒業
勤務局 広島テレビ放送
職歴 アナウンサー→報道担当取締役
出演番組・活動
過去 ズームイン!!朝!
ザ・トップテン
広島平和音楽祭

目次

来歴・人物編集

広島県広島市出身。生後8ヶ月足らずで原子爆弾によって被爆する。このことから、原爆被害の問題を生涯のライフワークの一つとするようになった。

広島観音高等学校~広島商科大学(現広島修道大学商学部を卒業後、1968年に広島テレビに入社。翌年アナウンス部に配属され、アナウンサーとして1990年まで活躍。『ズームイン!!朝!』(以下『ズームイン!!SUPER』も含め、「ズームイン」と記す)など広島の朝の顔として親しまれる。以降は制作部や報道局を経て、2004年から広島テレビ取締役を務めていた。

熱狂的な広島東洋カープのファンとして知られ、実況中継だけでなく『ミユキ野球教室』(全国送出)、あるいは広島情報番組にも出演したこともある。日本シリーズ1980年の広島対近鉄第2戦の実況を担当している。

中でも「ズームイン」の名物コーナーだった「プロ野球いれコミ情報」では、読売ジャイアンツファンの徳光和夫(途中から福留功男)、中日ドラゴンズファンのきくち教児中京テレビ担当のローカルタレント)、阪神タイガースファンの辛坊治郎(当時読売テレビアナウンサー)、森たけし(読売テレビアナウンサー)とともにプロ野球の情報を連日伝え、広島が勝った翌朝の放送では「やーるときゃやっちょる!!」と広島の勝利を喜んでいた。1982年「広島が優勝しなかったら丸坊主になる」と番組内で公約、中日がリーグ優勝して、巨人ファンの徳光とともに東京マイスタジオ(当時は麹町)で板東英二(当時「ズームイン」で中日情報の解説者として出演)立ち会いのもと、頭を丸坊主にした。

また、毎年8月6日の「ズームイン」では広島平和記念式典の模様を放送、式典会場から全国に向けての生中継で総合司会を務めた。

2005年3月29日、がんのため死去。享年60。同年3月31日、「ズームイン」の中で追悼コーナーが放送された。その後、同番組で広島の山本浩二監督が脇田の自宅を弔問に訪れた模様を放送。開幕戦で巨人に3連勝した後の弔問ということもあり、山本は脇田に非常に感謝していた。

脇田の名は、被爆60周年となったその年の原爆死没者名簿に書き加えられたが、そのことは脇田が生前「ズームイン」に最後に出演した時(平和祈念式典中継)、いみじくも「私が亡くなったら死没者名簿に名前が記されます」と明言した上で「大切な方の命日を、あなたは忘れられますか? 忘れられないはずです」という言葉も発言した。

長男の脇田晃治中国放送(RCC・TBS系列)の関連企業である番組制作会社、RCCフロンティアでプロデューサー・ディレクターを務める。「KEN-JIN」にもスタッフの一人として出演したことがある。

過去の担当番組編集

  • ズームイン!!朝!
  • ザ・トップテン(広島県内での中継リポーター)
  • 広島平和音楽祭(司会を務めた年もある他、制作担当などスタッフとして参加した年度もあった)

ディスコグラフィ編集

関連項目編集

以上は「ズームイン」の歴代司会者で、徳光・福留とはともに番組を作り上げた戦友だった。
以上は「ズームイン」に出演したキャスター・解説者で、「プロ野球いれコミ情報」を中心にかかわりが深かった。

注釈・出典編集