メインメニューを開く
腕相撲を興じるボクサーの堀口基治、堀口喬久、ピストン堀口堀口宏

腕相撲(うでずもう)は、を競う遊びの一つである。腕押しともいう[1]

目次

基本的なルール編集

大きく分けて芝生や床に寝そべって行うものと、机などに肘をついて行うものがある。

  • 机などにを立て、相手と片手をガッチリ握って組み、腕で相手の手の甲が台面に着くまで押し合い、手の甲(または腕全体)を着けた方を勝ちとする。試合中、肘が動いてしまった場合は敗けとなる。
  • 対戦中は上半身や足を大きく動かしてはならないとするのが一般的である。地方によっては手首を使ってはならないとするところもある。
  • 腕力に圧倒的な差がある場合、強い方が弱い方の手首を持つことにより、強い方にハンデをつけて行うやり方もある。

テーブル椅子、車のボンネットの上、ベッドの上など肘が置けるスペースさえあれば道具も必要無く、どこでも試合ができるためこどもの遊びや飲み会の座興などで手軽に行われる。

日本腕相撲協会の腕相撲編集

昭和3年山本哲によって「横浜腕の会」として発足し競技化された。長さ82cm、巾75cm、高さ80cmの競技台(土俵)で行われ、一般的な腕相撲とは異なり、肘を浮かさなければ競技台の中で自由に動かしてよく、勝負には腕の力だけでなく体全体を使った「技」の要素も大きくなる。手の甲を含めた腕全体を競技台に押し付けると勝ちとなる。
日本腕相撲協会の制定する四十八手の決まり手がある。

脚注編集

  1. ^ 室町時代初期成立の軍記物である『義経記』や江戸時代成立の『土佐物語』巻第五に表記例がみられる。『広辞苑 第六版』岩波書店にも「腕押し」の記載がある。

関連項目編集

外部リンク編集