メインメニューを開く
熊本県古閑の滝。大規模な氷柱の例

氷柱(つらら)は、建物の軒下や岩場などから棒状に伸びた

目次

形成環境編集

屋根が融けたが垂れ落ちる時点で寒気に晒され氷結し、上から下へ徐々に成長したものであり、形成過程としては鍾乳洞鍾乳石と似ている。一旦融けなければならないため、長い氷柱となるためにはただ極寒なだけでなく、寒暖がある程度繰り返される必要がある。 また、蛇口から漏れた水道水やから染み出た地下水が寒気によって凍った氷柱[1]や、の近くなど水しぶきがかかった枝や突起物などに形成される氷柱もある。

豪雪地帯では長さが数mにおよび、地面に達するものも見られる。滝が凍り付き、巨大な氷柱群と化すこともある(氷瀑)。

日本においては、滝や渓谷にできる大きな氷柱群は一部で冬の観光名所になっている。埼玉県秩父地方では、散水して人工的に氷柱を育てることも行われている[2]

氷柱は通常、重力に従い真下へ向かって伸びる。気温が低く、そこへ屋根の雪に押されたり横風が強かったりなどの条件が伴うと、斜めや横へ向かって伸びる場合もある。

語源と季語編集

語源は「つらつら」の転といい、古来はなど表面がつるつるし光沢のあるものを呼んでいたとされる[3]。古くは「たるひ(垂氷)」と言った。この言葉は東北地方方言の「たろひ」などに残っている[4]

俳句では晩冬季語

氷柱ができる主な滝・渓谷、断崖編集

氷柱の画像編集

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ 「氷のカーテン迫力満点 青森・深浦の千畳敷」河北新報ONLINE NEWS(2018年2月7日)2019年2月26日閲覧。
  2. ^ 「人工のつらら、幻想的な造形美 埼玉・横瀬」朝日新聞デジタル(2019年1月9日)2019年2月26日閲覧。
  3. ^ 「つらら」『日本国語大辞典』https://japanknowledge.com/library/
  4. ^ 「つらら」『日本方言大辞典』https://japanknowledge.com/library/