花嫁のパパ』(はなよめのパパ、Father of the Bride)は、1991年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はチャールズ・シャイア、出演はスティーヴ・マーティンダイアン・キートンキンバリー・ウィリアムズなど。エドワード・ストリーター英語版の小説『Father of the Bride』を原作とした1950年の映画花嫁の父』のリメイクである。

花嫁のパパ
Father of the Bride
監督 チャールズ・シャイア
脚本 ナンシー・メイヤーズ
チャールズ・シャイア
原作 フランシス・グッドリッチ英語版
アルバート・ハケット英語版
花嫁の父
エドワード・ストリーター英語版
Father of the Bride
製作 キャロル・バウム英語版
ナンシー・メイヤーズ
ハワード・ローゼンマン英語版
製作総指揮 ジム・クルークシャンク
サンディ・ガリン
ジェームズ・オール
出演者 スティーヴ・マーティン
ダイアン・キートン
キンバリー・ウィリアムズ
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ジョン・リンドリー
編集 リチャード・マークス
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
サンドラー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年12月20日[1]
イギリスの旗 1992年2月7日[1]
日本の旗 1992年8月8日[2]
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $89,325,780[3][4]
次作 花嫁のパパ2
テンプレートを表示

1995年に続編である『花嫁のパパ2』が公開された。

ストーリー

娘の結婚式が終わり、ジョージ・バンクスは結婚式までの出来事を振り返る。

ローマ留学から帰国してきた娘のアニーが、結婚を決めたと聞きジョージは動揺する。相手はブライアン・マッケンジーといい、金持ちの家の生まれで非の打ちどころがない好青年だった。ジョージは、暗い気持ちながら妻のニーナに説得され、結婚式の準備をすることにした。そして、結婚式の見積もりをするためコーディネーターであるフランクのもとに向かう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ジョージ・バンクス スティーヴ・マーティン 富山敬
ニーナ・バンクス ダイアン・キートン 宗形智子
アニー・バンクス キンバリー・ウィリアムズ 松本梨香
マッティ・バンクス キーラン・カルキン 鎌手宣行
ブライアン・マッケンジー ジョージ・ニューバーン英語版 入江崇史
フランク・エッゲルホッファー マーティン・ショート 江原正士
ハワード・ワインスタイン B・D・ウォン 石黒久也
ジョン・マッケンジー ピーター・マイケル・ゴーツ英語版 峰恵研
ジョアンナ・マッケンジー ケイト・マクレガー=スチュワート 牧野和子
アル リチャード・ポートナウ 仁内建之

作品の評価

Rotten Tomatoesによれば、44件の評論のうち高評価は70%にあたる31件で、平均点は10点満点中6点、批評家の一致した見解は「オリジナルのレベルには及ばないものの、1950年の名作をリメイクしたこの作品は、主にスティーヴ・マーティンとマーティン・ショートの魅力的な演技のおかげで、心地よく楽しむことができる。」となっている[5]Metacriticによれば、17件の評論のうち、高評価は6件、賛否混在は10件、低評価は1件で、平均点は100点満点中51点となっている[6]

出典

  1. ^ a b Father of the Bride (1991) - Release Info” (英語). IMDb. 2012年4月18日閲覧。
  2. ^ 花嫁のパパ”. キネマ旬報. 2012年4月18日閲覧。
  3. ^ Father of the Bride” (英語). Box Office Mojo. 2022年6月16日閲覧。
  4. ^ Father of the Bride” (英語). The Numbers. 2022年6月16日閲覧。
  5. ^ Father of the Bride” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年6月16日閲覧。
  6. ^ "Father of the Bride" (英語). Metacritic. 2022年6月16日閲覧。

外部リンク