メインメニューを開く
 
花山院家定
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 弘安6年7月2日1283年7月27日
死没 興国3年/康永元年4月28日1342年6月2日
別名 金光院入道右大臣
官位 従一位右大臣
主君 伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇後醍醐天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院家教
母:大宮院権中納言(法性寺雅平の娘)
中御門為方の娘、六条有房の娘
花山院長雅の娘
良定経定花山院師賢室、長定、尊浄、尊兼、定伊、経雲、近衛経忠正室
テンプレートを表示

花山院 家定(かざんいん いえさだ)は、鎌倉時代後期の公卿権大納言花山院家教の子。官位従一位右大臣金光院入道右大臣と号す。花山院家9代当主。

経歴編集

以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』、『花園天皇宸記』の内容に従って記述する。

一条内経との争い編集

増鏡』第十三「秋のみ山」には文保2年(1318年)3月の後醍醐天皇即位の時の行列で一条内経と行列の序列を争ったことが見える。この時、一条内経は正二位行権大納言兼左大将であるが、権大納言としての席次は家定が上であった。一条内経は摂関家の人であるが父内実が摂関にならず内大臣で薨去したため、一条内経は家定達と同格扱い[3]だという主張を家定はしたようである。さらに延慶元年(1308年)に家定が正二位に昇叙された時も、先に一条内経が正二位に昇ったことを恨んで訴え、一条内経と同日付けで正二位に昇叙されたことにしてもらったという。家定がしばしば籠居した背景には一条内経との争いが関係しているようである。しかも一条内経は薨去時の花園天皇の評にある通り[4]、酒に溺れる面があり特段に能力があったわけではなかったようなので、家定にとっては自ずと格上扱いする気持ちになれなかったのであろう。

岡野友彦は、鎌倉時代に「権門」といえば院や摂関家であり、西園寺家などの清華家は「権門」とは言えないと主張している。しかし、後に久我通相が同じく摂関家の鷹司冬通と昇進争いをしているように、一条家鷹司家を摂関家とは言うもののあくまでも「分家」と見る清華家出身者もいたことになる。花山院家久我家は家の始まりが院政期まで遡るのに対し、一条家と鷹司家は鎌倉時代になってから起こした家であると見る向きがあったと考えられる。 なお、花山院家では家定の父家教は大臣に昇進せず早世し、家定の子は良定と経定が公卿に昇ってから相次いで没し、ようやく三男の長定が家を継いでゆくのだが、家定にとっては家の継承に不安要素が存在したと言う事ができる。そうした不安要素から、花山院家にとってはことさらに家の序列を強く主張する必要性が生じていたと考える事ができる。しかも後伏見天皇の生母藤原経子と後醍醐天皇の生母藤原忠子は花山院家の分家である五辻家の出身なのである。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 父・家教が左大将に任ぜられたために右近衛府に移った。
  2. ^ 後醍醐天皇の即位に関わる行事には出仕している。
  3. ^ 「ただ人」という表現である。さらに、内経の祖父家経も摂政を1年と勤めていない。
  4. ^ 花園天皇宸記』正中2年(1325年)10月2日の条には、「前関白従一位藤原内経朝臣薨去、公者内大臣内実之長男也、起家嗣絶為関白、而頃年以來湎于酒、仍早世歟、別無芸能、以譜代之家風、起一代之中絶歟、年三十五、太堪傷嗟、使隆蔭朝臣訪経通卿、有返事、経通今年九歳云〃、二代早世、孤露不便事歟、」とある。

参考文献編集

関連項目編集