范当根純(はんとうこんじゅん、ベトナム語: Phạm Đăng Căn Thuần, 生年不詳 - 492年)は、チャンパ王国林邑国中国語版)第3王朝の第4代国王(在位:480年 - 492年)。

 范当根純
チャンパ王
在位 480年 - 492年

全名 クシューラ
死去 492年
王朝 第3王朝
テンプレートを表示

生涯編集

梁書』『南史』では扶南王子とする[1]が、484年8月に扶南王カウンディニャー・ジャヤヴァルマンフランス語版の朝貢の使者として南朝に遣わされたインド出身のバラモン・ナーガセーナ[2]によると、元はクシューラ(鳩酬羅、サンスクリット語: कुशूल, ラテン文字転写: Kushūla)という名の扶南出身の奴隷で、扶南を抜け出して凶逆な者と結び、先王を殺してチャンパの王位を簒奪した[3]とされる。

491年に南朝斉へ遣使して金簟を献じ、武帝より都督縁海諸軍事・林邑王の位を賜った[4]。翌492年范陽邁2世の孫の范諸農に攻められて殺害された[4]

出典編集

  1. ^ Cœdès, p. 58
  2. ^ 「全仏」第158号 (PDF)”. 全日本仏教会 (1970年7月1日). 2017年10月9日閲覧。
  3. ^ 中華百科全書 林邑”. 中国文化大学. 2017年10月9日閲覧。(繁体字中国語)
  4. ^ a b Cœdès, p. 59

参考資料編集

  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681 
  • Bruce McFarland Lockhart; Kỳ Phương Trần (January 1, 2011). The Cham of Vietnam: History, Society and Art. National University of Singapore Press. ISBN 978-9971-69-459-3 
  • Geetesh Sharma (2010). Traces of Indian Culture in Vietnam. Rajkamal Prakashan. ISBN 978-8190540148 
  • 南斉書』巻五十八 列伝第三十九 林邑国 扶南国
  • 梁書』巻五十四 列伝第四十八 林邑国
  • 南史』巻七十八 列伝第六十八 林邑国
  • 冊府元亀』巻九百六十三 封冊第一
  • 『冊府元亀』巻九百六十八 朝貢第一
先代
デーヴァニカ
チャンパ王
第3王朝第4代:
480年 - 492年
次代
范諸農