メインメニューを開く

茜部村(あかなべむら)はかつて岐阜県稲葉郡に存在したである。

茜部村
廃止日 1950年8月20日
廃止理由 編入
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
面積 3.54km2.
総人口 2,536
(1950年)
隣接自治体 岐阜市
稲葉郡鶉村厚見村
羽島郡笠松町柳津村
茜部村役場
所在地 岐阜県稲葉郡茜部村大字新所
 表示 ウィキプロジェクト

現在の岐阜市南部であり、地名は岐阜市茜部○○である。

村名は平安時代に立荘された東大寺荘園茜部荘天徳4年(960年)に厚見荘を改称)に由来する。一説ではアカネの産地であったことから名づけられたという。

歴史編集

学校編集

旧跡編集

神社・仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 正徳年間の書物には、大野・上茜部・下茜部・新荘・更屋敷の5つの村に分かれていたという記録がある。
  2. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  3. ^ 岐阜市編入の5日前に統合され、厚見村茜部村組合立厚茜中学校。岐阜市に編入後、旧・茜部村の生徒は岐阜市立加納中学校への通学となる。

関連項目編集