メインメニューを開く

石橋駅 (栃木県)

日本の栃木県下野市にある東日本旅客鉄道の駅

石橋駅(いしばしえき)は、栃木県下野市石橋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

石橋駅
JR Tohoku-Main-Line Ishibashi Station West Exit.jpg
西口(2019年3月)
いしばし
Ishibashi
自治医大 (4.7km)
(6.4km) 雀宮*
所在地 栃木県下野市石橋240
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 95.4km(東京起点)
東京から尾久経由で95.6km
電報略号 シハ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
5,004人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1885年明治18年)7月16日
備考 業務委託駅
* この間に宇都宮貨物ターミナル駅有り(東京起点 96.6km)。
テンプレートを表示
東口(2019年3月)

宇都宮線」の愛称区間に含まれており、上野駅発着系統と、新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。

小金井駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[1]Suica対応自動改札機指定席券売機(稼動時間 6:50頃 - 23:50)が設置されている。遠隔操作システムにより始発 - 6:50頃まで無人になるため、駅員不在時対応として改札窓口・多機能券売機・自動精算機脇にインターホンが、改札脇に乗車駅証明書発行機が設置されている。売店は駅構内に一つある。みどりの窓口が設置されていたが、2015年4月末を以て閉鎖された。

西口には小規模ながらペデストリアンデッキが設置され、隣接する駐輪場の2階部に直接入ることができる。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 下り 宇都宮黒磯方面
2 上り 小山大宮東京新宿横浜方面
湘南新宿ライン)(上野東京ライン

(出典:JR東日本:駅構内図

湘南新宿ラインの列車は前述のように横須賀線へ直通する。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は5,004人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 4,860 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 4,877 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 4,864 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 4,837 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 4,806 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 4,831 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 4,855 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 4,914 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 4,942 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 4,739 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 4,674 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 4,674 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 4,670 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 4,819 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 4,802 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 4,879 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 4,856 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 4,942 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 5,004 [利用客数 1]

駅周辺編集

西口編集

東口編集

石橋駅東土地区画整理事業の一環で開設された。駅前ロータリーより東側は隣町の上三川町となっており、日産自動車栃木工場の従業員を送迎するバス停がある。

バス路線編集

西口発着編集

全路線が関東自動車による運行。

石橋駅
1番のりば - 真岡市・上三川町・壬生町方面
上三川 真岡車庫
上三川・真岡女子高校 真岡車庫
ゆうがおバス おもちゃのまち駅 獨協医大病院
2番のりば - 宇都宮市方面
01 雀宮 JR宇都宮駅西口
01 文教通り・雀宮 JR宇都宮駅西口
ゆうがおバス ゆうきが丘循環

かつては国道4号経由で自治医大病院に向かう路線も存在したが、2004年に廃止されている。昭和期に運行されていた宇都宮駅~小山駅・小山車庫間直通路線は石橋駅構内には乗り入れず、駅とは石橋待合所停留所にて接続していた。

2019年10月1日から、当駅を基点に下野市・上三川町壬生町広域連携バス「ゆうがおバス」の実証運行が開始された[2]。運行受託は関東自動車[3][4]

東口発着編集

2019年時点では路線バスの運行はない。2008年から2013年までは上三川町巡回バスが乗り入れていた。

上三川町のデマンド交通「かみたん号」[6]においてJR石橋駅東口が乗降可能施設の内の1つに指定されており、専用のポールが立てられている。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
宇都宮線
通勤快速・快速「ラビット」(以上は上野方面発着)・快速(湘南新宿ライン経由)・普通(湘南新宿ライン経由含む)
自治医大駅 - 石橋駅 - 雀宮駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

出典編集

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集