菅田 順和(すがた よしかず、1953年12月4日 - )は、元競輪選手宮城県出身。日本競輪学校第36期卒業。現役時は日本競輪選手会宮城支部所属。ホームバンクは宮城自転車競技場

獲得メダル
Arc en ciel.png
1977 サンクリストバル プロ・スクラッチ
1976 レッチェ プロ・スクラッチ

長男・和宏(88期)と長女・賀子(104期)はともに競輪選手。また弟・彰人(47期、引退)、甥にあたるその息子・壱道(91期)と謙仁(109期)も競輪選手である。

目次

経歴編集

宮城県農業高等学校の頃から自転車競技を始めた。同校卒業後、農業に従事する予定だったが、阿部道の勧めにより、日本大学短期大学部を経て日本競輪学校へ第36期生として入学。同期には松村信定らがいる。デビュー戦は1975年11月1日青森競輪場で、初勝利も同日。また、この開催において完全優勝も果たす。

1976年イタリアレッチェで開催された世界自転車選手権、プロ・スクラッチ(現在はスプリント)の3位決定戦で、中野浩一をストレートで下し銅メダル。1977年ベネズエラサンクリストバルで開催された世界選手権のプロ・スクラッチ決勝で中野浩一に敗れたものの銀メダル獲得。同年の新人王戦において、競輪学校35期ナンバーワンの松田隆文らを破り優勝。

1983年、第26回オールスター競輪平競輪場※当時)決勝において、逃げる堂田将治の後で滝澤正光と中野浩一が競りとなり、菅田は滝沢の番手でレースを進めていたが、最終バックで捲りを仕掛けてきた中野の後ろに切り替えてその番手に入り込み、直線で中野を差して特別競輪(現在のGI)を制覇した。

その後長い間トップクラスのS級に位置し、選手生活の晩年もA級で活躍し続けていたが、2011年11月いわき平競輪場の開催で引退することを発表し、同開催の最終日となる30日の第4R・A級チャレンジ選抜で3着[1][2]となったあと引退セレモニーが行われ、36年の現役にピリオドを打った。

2011年12月13日、選手登録削除。通算戦績2633戦584勝。

主な獲得タイトル編集

  • 1983年 - オールスター競輪(いわき平競輪場)

エピソード編集

  • ニックネームは超音速旅客機にちなんで名づけられたコンコルド
  • 乗車フォームが美しいと専らの評判の選手であり、全盛期は長めの捲りを得意としていた。
  • レッチェ・世界選手権の3位決定戦で菅田に敗れた中野浩一が帰国後、メダルを獲得した菅田ばかりに注目が行くのが面白くなく、ならば来年もまた世界選手権に出場し、しかもメダルの色も銅ではなく、金を持ち帰って来てやるという意気込みを高らかに掲げたのは有名な話。
  • デビュー2年未満ながらも、上記の世界選手権での活躍(銅メダル獲得)や、1976年のオールスター競輪で完全優勝に王手をかけたことなどから、当時は中野以上に将来の競輪界を背負って立つ逸材と目された。また翌年の世界選手権では史上初の日本人同士の決勝対決となったが、競輪関係者の多くは菅田が同大会の最初の金メダリストになるだろうと見ていた。
  • 中野と公私共に仲のいい間柄であるが、なかなかタイトルを取れないことによる葛藤から、中野の最大のライバルであるフラワーラインの一員になることを決意。しかし決意を示すまでに相当時間がかかった。しかしながら、オールスター競輪で優勝を決めた直後に最初に祝福してくれたのは中野だった。
  • 中野は引退後、某テレビ番組で菅田について、「一番戦いやすい相手だった。どう攻めてくるのかという動きがすぐに分かったから。」と話していた。一方で、中野浩一のライバルといえばやはりこの菅田順和であり、脆さも同居していたが力を出せれば吉井山口のフラワーゴールデンコンビを一蹴する脚力は中野とともに輪界の双璧と目され存在感を示した、対中野戦は2歳年長ということもあってか自分のレースにこだわり、分は悪かった。
  • 上記の83年・オールスター決勝戦では、中野マークは久保千代志だったが、1981年の高松宮杯で菅田の先行に乗ってタイトルを取った久保は中野が捲って出た時に、中野マークを離し菅田に中野追走を許す動きを見せた。これを観戦していた井上茂徳が『俺なら絶対離さない。』と歯軋りした。ここらあたりに何度も中野マーク逆転でタイトル取らせてもらいながら、吉岡マークを巡って中野に競り込んだ井上と恩を忘れぬ久保の人間性の違いが表れているといえる。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集