メインメニューを開く

小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 福岡県北九州市小倉北区三萩野にある競輪場である。主催者は北九州市。競技実施はJKA西日本地区本部九州支部。電話投票における競輪場コードは81#。

小倉競輪場
(北九州メディアドーム)
Mediadome.jpg
基本情報
所在地 北九州市小倉北区三萩野3-1-1
座標 北緯33度52分19.1秒 東経130度53分15.6秒 / 北緯33.871972度 東経130.887667度 / 33.871972; 130.887667座標: 北緯33度52分19.1秒 東経130度53分15.6秒 / 北緯33.871972度 東経130.887667度 / 33.871972; 130.887667
電話投票 81#
開設 1948年昭和23年)11月20日
1998年10月11日移転
民間委託 公益財団法人JKA株式会社コアズ共同企業体
施行者 北九州市
走路 400m
重勝式投票 チャリロト(グループG)
公式サイト 小倉競輪場(北九州メディアドーム)
実況
担当 大村篤史(ナイター)
橋本悠督(競輪祭・ミッドナイト競輪)
ナイター競走
愛称 スペースナイトレース
ミッドナイト競輪in小倉
開催期間 通年
特別競輪
競技名 朝日新聞社杯競輪祭
開催月 11月下旬頃
テンプレートを表示

現在は北九州メディアドーム(施設所有は北九州市)と同一施設となっている。

概要編集

小倉競輪場1948年昭和23年)11月20日に開設された、日本で最初に出来た競輪場であり、競輪発祥の地であり、毎年GIの競輪祭を開催している(11月下旬)。なお、競輪ではGIII以上の「記念・特別競輪」は原則年間1節まで(グランプリなど一部例外あり)という規定が存在するため、開設記念競輪は開催されていない。

1948年に福岡県で開催される国民体育大会のために造る競技場(当時の名称は三萩野競輪場[1])を、そのまま競輪に振り向けるというアイデアがきっかけで小倉競輪場が誕生した[2]。なお、この時の「第1回小倉競輪」で発売された車券は単勝式複勝式のみで、連勝式を最初に発売したのは同年12月11日大阪府営競輪場(大阪住之江競輪場)である[3]

かつては競輪を開催するためのみの施設であったが、1998年平成10年)10月に北九州メディアドームの誕生により移転する形で一体施設となり、それに伴い旧小倉競輪場は1998年(平成10年)6月18日をもって閉鎖し、その後解体された。メディアドーム西側にある芝生の公園(画像前側・三萩野公園芝生広場)が、かつて旧小倉競輪場のあった場所である。

冠杯として、開設当時の小倉市長であり競輪の開催に尽力した濱田良祐の功績を称え『濱田賞争奪戦』が開催されている。また吉岡稔真のホームバンクであったことから、その功績を称え2007年より『吉岡稔真カップ』が創設された。

なお2004年(平成16年)9月からはA級ツイントーナメントで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、2005年(平成17年)5月15日をもって終了した。

2006年(平成18年)5月の開催より民間委託を実施[4]、これに平行して運営設備のリニューアルを実施し在席投票システム(すわって投票)を西日本地区としては初めて導入し、トータリゼータシステム日本トーターから富士通フロンテックに更新した。2013年3月で契約期限を迎え、再び委託事業者の募集が行われた[5]が、入札の結果、引き続き同事業者が請け負うこととなった[6]

さらに2006年10月20日には敷地内に「ミニボートピア北九州メディアドーム 」が開設され、競輪施設において競艇舟券を発売する全国初のケースとなった[7]。なお2008年12月6日からは若松競艇場内にサテライト若松が開設されている。ちなみに若松競艇場も北九州市主催ではあるが、トータリゼータは日本トーターを継続採用している。

2011年9月 - 11月、「3場所連続S級決勝同着優勝」が発生した[8][9]

現在は投票締め切り前の音楽はオリジナルの音楽が流れるが、かつてはジェンカが流されていた。これは旧小倉競輪場、またかつての門司競輪場も同じだった。また選手紹介の際、最終日の最終レースのみ小倉祇園太鼓をアレンジした音楽が流れる。

夜間開催と中継編集

2000年10月18日からはナイター競走「スペースナイトレース」を実施している[10]。なお、サマーナイトフェスティバルはGIIであるため、先述した規定により小倉での開催予定はない。朝日新聞社杯競輪祭においては2017年までは唯一の日中開催であったが、2018年よりナイター開催を実施予定である[11]

2011年1月14日からは、ナイター競走の開催時間を夜9時から11時過ぎまでとする『ミッドナイト競輪』が開催されている。ただしこの開催は無観客で行なわれ、一般客が場内で観戦することはできず、車券の購入も電話投票・インターネット投票を通じてのみ行われる。また通常とは異なる番組編成となっている(基本的に全レース7車立て、1日7レース限定、車券発売種類限定など)。

実況は日本写真判定で、担当アナウンサーは弥永正宏だったが2010年に逝去し、以降は同社所属のアナウンサーが交代で務めていたが、2012年4月より大村篤史が担当。なおミッドナイト競輪については橋本悠督が日本写真判定と契約して担当している。また、2012年までの競輪祭ではファン投票によって実況アナウンサーが決められていたが、2013年からは橋本悠督が実況を担当している。

ナイター開催のCS放送・インターネット中継のキャスターは、藤元リサ[12]と解説の武田圭二のコンビが務めている[13]。ミッドナイト開催のCS放送・インターネット中継のキャスターは橋本悠督(実況と兼務)と解説の武田圭二のコンビが務めている[14]

マスコット編集

シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身の漫画家松本零士がデザインした、宇宙の競輪選手をイメージしたマークが使われ、2004年1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名された[15]

2015年に3代目となる、打鐘をモチーフにした妖精の「かねりん」が誕生した[16][17][18]。公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っている。なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施された[19]

その他編集

スペースエンジェルズ(旧・SUN FLOWERS[20])というキャンペーンガールが2008年頃[21]結成された[22][23]

チャリロト編集

2008年11月18日より重勝式投票「チャリロト」の発売が開始されており、2011年(平成23年)1月27日開催のレースで、後半7レースの1着を連続して当てる7重勝単勝式の「チャリロト」(1口200円)で1口が的中し、4億29万1940円の配当を記録した。これは公営競技(競輪、競馬、競艇、オートレース)では、2010年10月に平塚競輪のチャリロトで出た国内史上最高額9億598万7400円に次ぐ2番目の高額配当。千葉県の男性が的中させたとされる[24]。小倉競輪では2008年11月18日に販売を開始して以来、的中がなくキャリーオーバー(繰り越し)が続いていた。

なおグループ開催への移行により、それまでのキャリーオーバーによる発売は2013年2月28日を最終日として一旦終了することになり、最終日は特例として各賭式でキャリーオーバーがあった場合は一つ外した目でも的中の扱いとしていたが、的中者のいなかったチャリロトの5188万3050円が北九州市の収益となった。

2013年3月25日からの開催よりキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、豊橋競輪場別府競輪場熊本競輪場松阪競輪場と共有している。なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は小倉単独で発売される。

バンクの特徴編集

開設時は500m走路であったが、その後1周400mに改装され、ドームへの移行時にも周長は維持された。

前橋競輪場(グリーンドーム前橋)に次ぐ2番目のドームバンクで、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計された。ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日に名古屋パーキンスに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していた(レコードホルダーはこちらも外国人選手エスクレド(2006年7月6日記録))。

結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無い[25]。統計上は自力(逃げ・捲くり)、番手(差し)ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている[26]

大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。

グレード開催編集

朝日新聞社杯競輪祭編集

毎年11月下旬に、GI競走である「朝日新聞社杯競輪祭」が恒久的に開催されている。従って現存の競輪場で唯一、開設記念競輪が開催されていない(過去には大津びわこ競輪場[27]も記念競輪を実施しなかった)。

全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、2018年第60回大会よりナイター開催に移行することが決まり[11]、今後は通年でナイター開催となる。また、ナイター競輪を開催する会場持ち回りで行われる「サマーナイトフェスティバル」についても、「GⅢ級以上の記念・特別開催は原則年1節のみ」とする規定の関係で開催できないため、小倉では開催予定はない。

小倉濱田翁カップ編集

2019年3月29日~31日に昼間開催のGIII・第1回小倉濱田翁カップが行われることになった。[28]

優勝者 登録地
2019 南潤 和歌山

アクセス編集

場外車券売場編集

  • ハイビジョンシアター門司(旧・門司競輪場)
  • サテライト若松(若松競艇場内)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和毎日:初の競輪開催 1948年11月20日 毎日jp
  2. ^ 小倉競輪HP・第1回競輪開催
  3. ^ 第48回競輪祭・競輪祭とは
  4. ^ 小倉競輪の実施事務の包括委託 (PDF)
  5. ^ 「小倉競輪実施事務等の包括委託」の委託事業者募集について 2012-12-13(木)
  6. ^ 平成25年2月27日 小倉競輪実施事務等の包括委託公募型企画提案の選定結果について
  7. ^ 競艇事業初、競輪場内の舟券場外発売場「ミニボートピア北九州メディアドーム」が10月20日オープン!
  8. ^ 2014年版 競輪年間記録集pdf 68頁
  9. ^ 開催日程 2011年9月
  10. ^ 例外なく全ての日程をナイター開催とした公営競技場は、2006年3月より実施の蒲郡競艇場が最初。
  11. ^ a b 平成30年度 朝日新聞社杯競輪祭の見直しについて”. keirin.jp (2017年10月10日). 2017年10月11日閲覧。
  12. ^ 2008年5月までは藤田志乃が担当した。 [1] [2]
  13. ^ 小倉けいりんキャスター紹介
  14. ^ ミッドナイト競輪in小倉
  15. ^ 小倉けいりん 新キャラクターの愛称が決定しました!
  16. ^ かねりんとは? - 小倉アスリートファンサイト
  17. ^ 打鐘の妖精「かねりん」降臨!/小倉競輪に新キャラクター 西日本新聞 3月30日付
  18. ^ かねりん特設サイト
  19. ^ 鐘コレ(競輪場/鐘コレクション) 2/8 - Perfecta Navi
  20. ^ SPIRITS of JAPAN 結成について 2008年6月14日 - 弥彦競輪場
  21. ^ 山内くみちゃん!スペースエンジェルズ卒業おめでとう - KAFS 小倉アスリートファンサイト
  22. ^ スペースエンジェルズのブログ - KAFS 小倉アスリートファンサイト
  23. ^ スペースエンジェルズ - KAFS 小倉アスリートファンサイト
  24. ^ 小倉競輪で4億29万円 競輪重勝式史上2位配当 日本経済新聞(共同)2011年1月28日付
  25. ^ 第50回競輪祭 朝日新聞社杯争奪競輪王決定戦公式ページ 一番下にある「無風の高速バンクなので先行が圧倒的に有利」の文章参照
  26. ^ メディアドームにおける決まり手 - 平成10年10月~平成25年11月開催
  27. ^ 高松宮記念杯競輪を恒常的に実施
  28. ^ 3日制GIIIの追加開催について‐KEIRIN.JP

外部リンク編集