メインメニューを開く

経歴編集

フォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を2006年から受講し、2007年に合格。しかし2008年は同期の国本雄資と対照的に振るわず、シーズン途中でトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)から除外される。しかしトヨタの支援は継続され、2010年に全日本F3選手権 Nクラスに参戦しシーズン2位[1]。2011年にCクラスにステップアップしシーズン4位、翌年はスポット参戦ながらNクラス シーズン7位の成績を残した。

2013年からニュルブルクリンク24時間にTOYOTA GAZOO Racingのドライバーとしてデビューし、以来2017年まで5年連続で参戦している。2014年にはSP3クラスでクラス優勝を収めている[2]。以降も連続して参戦し、2018年にGAZOO Racingから出場するドライバーの中ではニュル最多出場者となっている。

SUPER GTには、2011年にGT300クラスのハンコックKTRから富士と鈴鹿にスポット参戦でデビュー。2013年にはSHIFT鈴鹿1000kmに第3ドライバーとして参戦し、2位表彰台に登った。

2014年最終戦からLEON RACING黒澤治樹とコンビを組んで参戦。2016年岡山でついに初優勝。2017年には鈴鹿1000kmと最終戦ツインリンクもてぎでも優勝を飾り、年間ランキング2位につけた。2018年はコンスタントにポイントを重ねて最終戦で優勝し、自身の誕生日にGT300チャンピオンとなった。

エピソード編集

  • ある魚にアレルギーがあり、2008年のフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)最終戦では前日に牛タン屋で注文した海鮮丼でそれを食べてしまい、救急車で搬送された。しかし翌日のレースでは健闘し、連続で表彰台に上がった。ちなみに蒲生はアレルギーのことは承知していたが、「腹が減ってるからいいや」と食べてしまったのだという。
  • 自分が運転しない乗り物には酔いやすい。
  • 元野球少年で、始球式に出るのが夢[3]

レース戦績編集

  • 2009年
    • フォーミュラチャレンジ・ジャパン(シリーズ3位)
    • スーパー耐久 スポット参戦
  • 2010年 - 全日本F3選手権 Nクラス(シリーズ2位)
  • 2011年
    • 全日本F3選手権 Cクラス(シリーズ4位)
    • SUPER GT GT300 スポット参戦
  • 2012年 - 全日本F3選手権 Nクラス スポット参戦(シリーズ7位)
  • 2013年
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ16位)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP3クラス
  • 2014年
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ29位)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP3クラス(クラス優勝)
  • 2015年
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ9位)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP3Tクラス(クラス4位)
  • 2016年
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ12位)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP3Tクラス
  • 2017年 - SUPER GT GT300クラス(シリーズ2位)
  • 2018年 - SUPER GT GT300クラス(シリーズチャンピオン)

全日本フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2010年 TOM'S SPIRIT トヨタ N SUZ1
6
SUZ2
3
TRM1
Ret
TRM2
2
FSW1
2
FSW2
2
FSW1
5
FSW2
1
TRM1
1
TRM2
1
OKA1
1
OKA2
1
SUG1
1
SUG2
1
AUT1
7
AUT2
1
2位 121
2011年 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ1
2
SUZ2
3
FSW1
3
FSW2
4
FSW3
1
FSW1
3
FSW2
3
TRM1
2
TRM2
4
OKA1
3
OKA2
6
SUZ1
C
SUZ2
C
SUG1
5
SUG2
3
SUG3
2
4位 71
2012年 SGC by KCMG N SUZ1 SUZ2 TRM1 TRM2 FSW1 FSW2 TRM1 TRM2 OKA1 OKA2 SUG1 SUG2 SUG3 FSW1
5
FSW2
3
7位 7

SUPER GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2011年 HANKOOK KTR ポルシェ・911 GT3 RSR GT300 OKA FSW
DNR
SEP SUG SUZ
Ret
FSW AUT TRM NC 0
2013年 OKINAWA-IMP RACING with SHIFT メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 GT300 OKA FSW SEP SUG SUZ
2
FSW AUT TRM 16位 18
2014年 LEON RACING GT300 OKA FSW AUT SUG FSW SUZ CHA TRM
6
29位 5
2015年 GT300 OKA
22
FSW
7
CHA
5
FSW
2
SUZ
6
SUG
7
AUT
12
TRM
5
9位 41
2016年 メルセデスAMG・GT3 GT300 OKA
1
FSW
Ret
SUG
16
FSW
23
SUZ
8
CHA
11
TRM
9
TRM
24
12位 26
2017年 GT300 OKA
2
FSW
5
AUT
10
SUG
7
FSW
13
SUZ
1
CHA
13
TRM
1
2位 72
2018年 GT300 OKA
4
FSW
4
SUZ
7
CHA
4
FSW
4
SUG
8
AUT
5
TRM
1
1位 68
2019年 GT300 OKA
6
FSW
5
SUZ
14
CHA
3
FSW
Ret
AUT
SUG
TRM
10位 19.5

脚注編集

  1. ^ TOYOTA GAZOO Racing 天然系の感覚派!?蒲生尚弥
  2. ^ ドライバー紹介 蒲生尚弥
  3. ^ DAY2-6 寿一・ガモウの2018モタスポ楽屋ニュース

関連項目編集

外部リンク編集