メインメニューを開く

全日本F3選手権(ぜんにほんエフスリーせんしゅけん、Japanese Formula 3 Championship)は、1979年(昭和54年)から日本で開催されている自動車レースの1カテゴリーF3規格のフォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースである。

全日本F3選手権
カテゴリ シングルシーターズ
国・地域 日本の旗 日本
開始年 1979年
コンストラクター ダラーラ
エンジン
サプライヤー
トヨタ-TOM'S
戸田レーシング
フォルクスワーゲン
スリーボンド-東名
メルセデス・ベンツ
ドライバーズ
チャンピオン
日本の旗 坪井翔
チーム
チャンピオン
日本の旗 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S
公式サイト j-formula3.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

目次

概要編集

1973年から開催されていた日本独自のジュニア・フォーミュラである全日本FJ1300選手権には、多くの国内コンストラクターが参加していたが、1977年より上位カテゴリーである全日本F2000選手権(後の全日本F2選手権)に一定年数以上参戦しているドライバーの掛け持ち参戦を禁止した[1]ことなどから衰退傾向となった。

この状況を打破すべく関西のコンストラクターやチームを中心にF3を日本に導入しようという気運が高まり、有志により日本F3協会が設立された。1978年いっぱいでFJ1300が消滅すると、翌1979年から日本F3協会が「日本F3チャレンジカップ」を独自で開催。当初はチャンピオンに翌年ヨーロッパで活動できる奨学制度を設けていた。1981年より日本自動車連盟 (JAF) が追認する形で「全日本F3選手権」として開催されることになった。

大幅な出走台数の減少で危機的な状況に陥った時期もあったが、1980年代末から1990年代始め頃はバブル景気により多種多様な企業がスポンサーとして名乗りを上げたことで、国内外の若手ドライバーのみならず、外国人の経験豊富なドライバーの参戦も相次ぎ、参加台数は40-50台という盛況であった。また、この頃より外国人の有望若手ドライバーの多数参戦もあって、現在に至るまでヨーロッパ各国の選手権にも劣らないハイレベルなものとなっている。

 
2010年

バブル景気崩壊後は多くのスポンサーが離れたことで参加台数は減少し、2010年以降の平均参戦台数は20台を下回るなど、現在まで少数精鋭のシリーズという様相を呈している。なお、1990年代から2000年代にかけてはチャンピオンは主に外国人が獲得していたが、2010年代に入り日本人ドライバーがチャンピオンを獲得する傾向が続いている。また近年はアジア諸国のドライバーの参戦も多い。

このカテゴリーを経たドライバーは、日本の上位カテゴリー(現在はスーパーフォーミュラSUPER GT)や、ヨーロッパのF3や上位カテゴリー(FIA F2選手権など)にステップアップしている。古くは鈴木利男鈴木亜久里井上隆智穂高木虎之介など、その後F1に参戦する日本人ドライバーも多い。

外国人ドライバーも、2006年にチャンピオンとなったエイドリアン・スーティルは翌年よりF1に参戦し、高い評価を得た。また、F3世界一を争うマカオGPでは2007年にオリバー・ジャービス、2008年に国本京佑と全日本F3選手権参戦ドライバーが優勝したことにより、他国からも注目を集めている。

参加資格編集

基本的にはJAFの発行する国内A級ライセンス、もしくは国際自動車連盟(FIA)の発行する国際B級以上のライセンスを持つドライバーが参戦できる。またJAFの限定国内A級ライセンス保持者については、前年にJAF地方選手権(スーパーFJF4)もしくはそれと同格扱いとなる選手権(FJ1600FCJ等)でシリーズランキング3位以内に入った場合参戦が認められる[2]

ただし上記のライセンス保持者でも、以下の条件のいずれかに該当するドライバーは参戦が認められない[3]

逆に言えばSUPER GT(GT500クラス)等の上位カテゴリーで活躍しているドライバーでも、フォーミュラカーレースについて数年のブランクがあれば本カテゴリーへのステップダウン参戦が可能であり、実際2005年の加藤寛規など数は少ないながら実例もある。

レース形態編集

2001年より1大会2レース制となり、1日目の第1レースは65km、2日目の第2レースは最短90km、最長100kmとされる。2008年シーズンは、6箇所9大会18レースを転戦する。2011年シーズンからは、一部の大会で1大会3レース制が採用されている。

マシン編集

かつてはダラーラマーチラルトレイナード・バウマン・ヴァンディーメンなどの他、国産ではハヤシ・トムス(開発はイギリス法人のトムスGBが担当)・童夢(2002年〜2004年まではローラと共同)が参戦していた。現在はダラーラのみが使用されている。
2019年現在はトムストヨタ)・戸田レーシング(独自開発)・フォルクスワーゲンスリーボンド東名エンジン)・メルセデス・ベンツが供給。過去にはHKS三菱)・フィアットオペル無限ホンダ[4]なども供給していた。
ドライタイヤは1大会で2セット使用できる。
1987年まではダンロップ横浜ゴムブリヂストンが供給をしていたが、1988年からワンメイクとなった。ワンメイク化以後のタイヤメーカーの変遷は以下のとおり。

チャンピオンシップ編集

2012年現在は、JAF管轄の全日本選手権としてドライバー部門・チーム部門・エンジンチューナー部門の3つ、日本F3協会管轄のタイトルとして「F3Nクラス」(詳細は後述)ドライバー部門の、計4つのタイトルが争われる。

各レース毎の順位、ポールポジションファステストラップによって与えられるポイントの合計によってチャンピオンが決定する。チーム部門とエンジンチューナー部門には所属するドライバーの最上位者のポイント(ポールポジションとファステストラップのポイントは含まない。)が加算されその合計でチャンピオンが与えられる。

2015年までドライバーは、シリーズチャンピオンを獲得することで、F1参戦に必要なスーパーライセンス発給の条件を一つ満たすことができた。2016年以降は、スーパーライセンス発給条件が変わり、シリーズ順位によって下記のライセンスポイントが与えられる。

1位 2位 3位 4位 5位
10 7 5 3 1

※2018年12月現在[7]

下級クラス編集

バブル景気崩壊後から続く参加台数の減少傾向を止めるべく、以下のように下級クラスの開設を何度も行っている。

  • 1995年:旧型シャシーを使用する「Bクラス」を設けたが、参加台数は伸び悩み廃止。
  • 2002年:再度「Bクラス」を設けたが、エントリーは増えず。
  • 2005年:「Bクラス」を廃止し、規則改正により旧型シャシーでの参加を認めたが、旧型シャシーでの参加はほとんどなかった。
  • 2008年:主力エンジンだったトヨタ3S-GEをワンメイクエンジンとして旧型シャシーを使用する「ナショナルクラス」(Nクラス)を設けた。
  • 2012年:JAFが懸ける選手権から「Nクラス」が廃止されたが、前年までの「Nクラス車両」での参加も認められ、参加ドライバーに対し日本F3協会が独自タイトルとして「F3Nクラス」を設定した。

これまで下級クラスについてはエントリー数不足から不成立・クラス消滅を幾度となく繰り返してきたが、2008年からスタートしたNクラスについては、リーマン・ショック以降の世界的な景気低迷の影響で上位クラスであるCクラス(旧・チャンピオンシップクラス)の参戦者数が減少しているのとは対照的にエントリー数を順調に伸ばしている(2008年は7台だったものが、2009年は9台に増加し、2010年は12台が参戦した)。

なお2018年からは、シャシーが2012年以降に製造されたものに限定される他、エンジンがフォルクスワーゲン・A18-CNに変更された[8]

スポンサー編集

1988年から1991年まで松下電器産業(現・パナソニック)が冠スポンサーとなり、シリーズ名称が「全日本Panasonic F3選手権(Panasonic Japan F3 Championship)」となる。

2010年から2012年まで人材教育コンサルティング会社のアチーブメントが冠スポンサーとなり、シリーズ名称が「アチーブメント全日本F3選手権シリーズ」となっていた[9]

関連イベントレース編集

F3スーパーカップレース編集

F1日本グランプリのサポートレースとして、1988年から1993年まで「F3 SUPER CUP RACE」が開催された。なお、このレースは全日本選手権には含まれないイベントレースであった。

1988年から1990年までは全日本選手権と同様に松下電器産業がスポンサーに付き「Panasonic F3 SUPER CUP RACE」の名称で開催された。

インターナショナルF3リーグ編集

「F3世界一決定戦」とも呼ばれるマカオグランプリに出場した各国F3の精鋭達をそのまま来日させて富士スピードウェイでレースを行うという、ビクトリーサークルクラブ(VICIC)のアイデアを基に開催された。全日本選手権には含まれない。

大会自体は国内レース関係者に多大な影響を与えた上に、深夜枠ながらレースがフジテレビジョンで放送されたが、出場するのは翌年や翌々年にF1に参戦するような有望株(ミカ・ハッキネンミハエル・シューマッハデビッド・クルサードオリビエ・ベレッタ、井上隆智穂や高木虎之介など)ながらも、参戦時には一般には無名の若手選手であり、そういった選手をサーキットまで足を運んで観戦するような人は少なく、1990年から1993年までの4回の開催をもって幕を閉じた。

歴代チャンピオン編集

Cクラス(全日本選手権クラス)編集

  • ()内は、所属チーム/シャーシコンストラクター・エンジンチューナー・エンジンメーカー。
ドライバー チーム エンジンチューナー
1979   鈴木利男
(ヒーローズレ-シング/ラルト・ノバ・トヨタ
ヒーローズレーシング
(ラルト・ノバ・トヨタ)
1980   佐々木秀六
(Shuroku Sasaki/マーチ・ノバ・トヨタ)
ギャロップレーシング
(マーチ・ノバ・トヨタ)
1981   中子修
(ハヤシレーシング/ハヤシ・ノバ・トヨタ)
ハヤシレーシング
(ハヤシ・ノバ・トヨタ)
1982   中本憲吾
(ハヤシレーシング/ラルト・ノバ・トヨタ)
ハヤシレーシング
(ハヤシ・ノバ・トヨタ)
1983   藤原吉政
(梅田レーシング/ラルト・ノバ・トヨタ)
梅田レーシング
(ラルト・ノバ・トヨタ)
1984   兵頭秀二
(ハヤシレーシング/ハヤシ・ノバ・トヨタ)
ハヤシレーシング
(ハヤシ・ノバ・トヨタ)
1985   佐藤浩二
(Le Garage Cox Racing/ラルト・コックス・フォルクスワーゲン
Le Garage Cox Racing
(ラルト・コックス・フォルクスワーゲン
1986   森本晃生
(Lemans Company/ラルト・トムス・トヨタ)
Lemans Company
(ラルト・トムス・トヨタ)
1987   ロス・チーバー
(フナキレーシング/レイナード・戸田・トヨタ)
TOM'S
(レイナード・トムス・トヨタ)
1988   中谷明彦
(Le Garage Cox Racing/ラルト・無限・無限ホンダ
Le Garage Cox Racing
(ラルト・無限・無限ホンダ)
1989   影山正彦
(レイトンハウスレーシング/ラルト・東名・無限ホンダ)
レイトンハウスレーシング
(ラルト・東名・無限ホンダ)
1990   服部尚貴
(Le Garage Cox Racing/ラルト・無限・無限ホンダ)
Le Garage Cox Racing
(ラルト・無限・無限ホンダ)
1991   パウロ・カーカッシ
(TOM'S/トムス・トムス・トヨタ)
トムス
(トムス・トムス・トヨタ)
1992   アンソニー・レイド
(TOMEI SPORTS/レイナード・東名・無限ホンダ)
TOMEI SPORTS
(レイナード・東名・無限ホンダ)
1993   トム・クリステンセン
(TOM'S/トムス・トムス・トヨタ)
トムス
(トムス・トムス・トヨタ)
1994   ミハエル・クルム
(TOM'S/トムス・トムス・トヨタ)
トムス
(トムス・トムス・トヨタ)
トムス
1995   ペドロ・デ・ラ・ロサ
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
1996   脇阪寿一
(Anabuki童夢/ダラーラ・無限・無限ホンダ)
童夢
(ダラーラ・無限・無限ホンダ)
無限
1997   トム・コロネル
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
1998   ピーター・ダンブレック
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
1999   ダレン・マニング
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2000   セバスチャン・フィリップ
(無限×童夢プロジェクト/ダラーラ・無限・無限ホンダ)
無限×童夢プロジェクト
(ダラーラ・無限・無限ホンダ)
無限
2001   ブノワ・トレルイエ
(無限×童夢プロジェクト/ダラーラ・無限・無限ホンダ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
無限
2002   小暮卓史
(無限×童夢プロジェクト/ダラーラ・無限・無限ホンダ)
無限×童夢プロジェクト
(ダラーラ・無限・無限ホンダ)
無限
2003   ジェームス・コートニー
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2004   ロニー・クインタレッリ
(INGING/ダラーラ・トリイ・トヨタ)
INGING
(ダラーラ・トリイ・トヨタ)
トリイレーシング
2005   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2006   エイドリアン・スーティル
(TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2007   大嶋和也
(TDP TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2008   カルロ・ヴァン・ダム
(PETRONAS TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2009   マーカス・エリクソン
(PETRONAS TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2010   国本雄資
(PETRONAS TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2011   関口雄飛
(B-MAX ENGINEERING/ダラーラ・トムス・トヨタ)
ThreeBond Racing
(ダラーラ・東名・THREEBONDニッサン)
トムス
2012   平川亮
(RSS/ダラーラ・トムス・トヨタ)
RSS
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2013   中山雄一
(PETRONAS TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2014   松下信治
(HFDP RACING/ダラーラ・M-TEC・無限ホンダ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2015   ニック・キャシディ
(PETRONAS TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2016   山下健太
(ZENT TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
B-MAX Racing Team with NDDP
(ダラーラ・SPIESS・フォルクスワーゲン)
SPIESS Motorenbau GmbH
2017   高星明誠
(B-MAX Racing Team with NDDP/ダラーラ・SPIESS・フォルクスワーゲン)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
2018   坪井翔
(カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス
(ダラーラ・トムス・トヨタ)
トムス

Nクラス(ナショナルクラス)編集

  • シャーシはダラーラの実質ワンメイク
  • エンジンは2008~2017年はトムス・トヨタ、2018年以降はコックス・フォルクスワーゲンのワンメイク。
  • ()内は所属チーム。
ドライバー
2008   山内英輝
(TOM'S SPIRIT)
2009   山本尚貴
(HFDP RACING)
2010   小林崇志
(HFDP RACING)
2011   千代勝正
(NDDP RACING)
2012   佐々木大樹
(NDDP RACING)
2013   高星明誠
(NDDP RACING)
2014   小泉洋史
(HANASHIMA RACING)
2015   小河諒
(KeePer TEAM TOM'S)
2016   片山義章
(Petit Lemans Racing)
2017   DRAGON
(B-MAX RACING TEAM)
2018   ジェイク・パーソンズ
(NODA RACING)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集