メインメニューを開く

蓬田駅

日本の青森県東津軽郡蓬田村にある東日本旅客鉄道の駅
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。

蓬田駅(よもぎたえき)は、青森県東津軽郡蓬田村大字阿弥陀川字汐干(あみだがわあざしおほし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)津軽線である[1]

蓬田駅
駅全景(2009年9月)
駅全景(2009年9月)
よもぎた
Yomogita
中沢 (2.3km)
(2.0km) 郷沢
青森県東津軽郡蓬田村大字阿弥陀川字汐千[1]89
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 津軽線
キロ程 19.1km(青森起点)
電報略号 ヨモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
99人/日(降車客含まず)
-2000年-
開業年月日 1951年昭和26年)12月5日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1951年昭和26年)12月5日日本国有鉄道(国鉄)の駅として開業[1]
  • 1958年(昭和33年)10月21日:小口扱を除く貨物取扱廃止。
  • 1961年(昭和36年)10月:夜間無人化(青森 - 蟹田間夜間併合閉塞化に伴う)。
  • 1968年(昭和43年)10月21日:貨物取扱を完全廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2001年平成13年)12月:蟹田管理駅からの駅員派遣廃止により、無人化。
  • 2008年(平成20年)12月:新駅舎竣工(待合室のみ)。

駅構造編集

単式ホーム1面1線のホームを有する地上駅[1]。かつては島式ホーム1面2線だった[1]が、津軽海峡線開業時に構内有効長が短く、長編成の貨物列車に対応できなかったため棒線化され、郷沢駅寄りにホームを移転した。旧ホームは撤去されずに残されたままである[1]

駅舎は開業当時のものを使用していたが、2008年12月に待合室のみの新駅舎に建て替えられた。

津軽海峡線開業前は前述の通り交換駅だったため、タブレットの交換を行った。1961年以降の夜間は駅員が不在となったため、青森 - 蟹田間で併合閉塞となり、この時間帯はタブレットの交換をしなかった。

開業当初は駅長配置の直営駅だった。

利用状況編集

  • 2000年(平成12年)度の1日平均乗車人員は99人[2]

駅周辺編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
津軽線
中沢駅 - 蓬田駅 - 郷沢駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、22頁。
  2. ^ 各駅の乗車人員 2000年度”. 東日本旅客鉄道. 2018年2月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集