薔薇の素顔』(ばらのすがお、原題: Color of Night)は、1994年に公開されたアメリカ映画

薔薇の素顔
Color of Night
監督 リチャード・ラッシュ
脚本 マシュー・チャップマン
ビリー・レイ
原案 ビリー・レイ
製作 バズ・フェイトシャンズ
デヴィッド・マタロン
製作総指揮 アンドリュー・G・ヴァイナ
出演者 ブルース・ウィリス
ジェーン・マーチ
音楽 ドミニク・フロンティア
撮影 ディートリッヒ・ローマン
編集 ジャック・ホフストラ
トム・ノーブル(クレジット無し)
製作会社 シナージ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ハリウッド・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年8月19日
日本の旗 1994年11月12日
上映時間 122分(劇場公開)
140分(ディレクターズカット)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $19,726,050[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

過去にトラウマを持つ精神分析医と、様々な精神障害を持つ患者たちが、殺人事件に巻き込まれていく様を描いたサスペンス映画

公開当時、ブルース・ウィリスジェーン・マーチの濃厚なラブシーンが話題になった。あまりにそのシーンが過激だったために、劇場公開時は多くのシーンがカットされてしまった。そのカットされたシーンは、VHSやDVDなどの映像ソフトで観ることができるが、現在日本ではどちらも絶版になっている。

役者陣の体当たりな演技にも関わらず、観客からの評価は乏しいもので、その年のゴールデンラズベリー賞のほとんどの部門にノミネートしてしまい、その内「最低作品賞」を受賞してしまった。

ストーリー編集

ニューヨークに住む精神分析医ビル・キャパは、自分の目の前で患者が飛び降り自殺をしたトラウマから、赤色を見ると拒絶反応を示すようになってしまった。そんな自分に疲れ果てたキャパは、ロサンゼルスに住む友人のボブの元を訪れる。同じ精神分析医であるボブは、毎週5人の患者を相手に集団セラピーを行っている優秀な医師であり、キャパは彼の手助けが欲しかったのだ。だが、ボブはキャパに対して驚くべきことを口にする。なんと「患者の一人が自分の殺害を企てている」と言うのだ。これを聞いたキャパはにわかに信じられなかったが、数日後ボブは実際に何者かに殺害されてしまう。ショックを受けるキャパだったが、そんな彼の前にローズと名乗る美女が現れる。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞・ノミネート編集

  • 第15回ゴールデンラズベリー賞
    • 受賞:最低作品賞
    • ノミネート:最低男優賞 - ブルース・ウィリス
    • ノミネート:最低女優賞 - ジェーン・マーチ
    • ノミネート:最低助演男優賞 - リッチー役のジェーン・マーチ
    • ノミネート:最低助演女優賞 - レスリー・アン・ウォーレン
    • ノミネート:最低スクリーンカップル賞 - みんなで演じた多重人格障害
    • ノミネート:最低監督賞 - リチャード・ラッシュ
    • ノミネート:最低脚本賞 - マシュー・チャップマン、ビリー・レイ
    • ノミネート:最低主題歌賞 - "The Color of The Night"

出典編集

  1. ^ a b Color of Night (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月6日閲覧。

外部リンク編集