藤原保昌

藤原保昌(菊池容斎・画、明治時代)
『原野月』(月岡芳年画『月百姿』)袴垂保輔は保昌に手を出すことができなかった

藤原 保昌(ふじわら の やすまさ、天徳2年(958年) - 長元9年(1036年)9月)は、平安時代中期の貴族藤原南家巨勢磨流、右京大夫藤原致忠の子。官位正四位下摂津守。摂津守となり同国平井に住したことから平井 保昌とも呼ばれる。

目次

経歴編集

円融院判官代を務めた後、一条朝において日向守肥後守と九州の地方官を務める。大和守を経て、長和2年(1013年左馬権頭を兼ねる。

後一条朝の寛仁4年(1020年)頃に丹後守に任ぜられ、妻の和泉式部と任国に下る。のち、大和守(再任)・摂津守を歴任し、位階正四位下に至る。また、藤原道長頼通父子の家司も務めた。

長元9年(1036年)9月卒去享年79。最終官位は摂津守正四位下。

人物編集

武勇に秀で[1]源頼信平維衡平致頼らとともに道長四天王と称された。のちに、道長の薦めもあり女流歌人和泉式部と結婚した。保昌自身も歌人であり、『後拾遺和歌集』に和歌作品1首が採録されている。

説話編集

10月朧月の夜に一人で笛を吹いて道を行く者があった。それを見つけた袴垂という盗賊の首領が衣装を奪おうとその者の後をつけたが、どうにも恐ろしく思い手を出すことができなかった。その者こそが保昌で、保昌は逆に袴垂を自らの家に連れ込んで衣を与えたところ、袴垂は慌てて逃げ帰ったという[2]

同様の説話は『宇治拾遺物語』にもある。また、後世袴垂は保昌の弟藤原保輔と同一視され、「袴垂保輔」と称されたが、今昔物語の説話が兄弟同士の間での話とは考えにくい為、実際は袴垂と藤原保輔は別人と考えられている。

和泉式部紫宸殿の梅を手折って欲しいと請われ、警護の北面武士に弓を射掛けられるもなんとか一枝を得て愛を射止めたという逸話があり、京都の祇園祭の保昌山のモチーフにもなっている。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 「勇士武略之長」『尊卑分脈
  2. ^ 今昔物語集
  3. ^ a b c d 『小右記』
  4. ^ a b c 『御堂関白記』

関連項目編集