藤原泰通 (藤原惟孝の子)

平安時代中期の貴族。藤原北家勧修寺流。正四位下・春宮亮・播磨守。

藤原 泰通(ふじわら の やすみち、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族藤原北家勧修寺流駿河守藤原惟孝の子。官位正四位下春宮亮

経歴編集

若年時より左大臣藤原道長家司を務める。一条朝前期に六位蔵人を務めながら、左近衛将監主殿助を兼ねたほか、中宮藤原彰子中宮大進として仕える。寛弘4年(1007年)頃に従五位下美作介に叙任されると、長和元年(1012年)まで介を務め、この間の寛弘8年(1011年正五位下に叙せられている。

国司の任期を終えたのち、三条朝では中宮大進(のち皇太后大進)のみを帯びていたが、長和5年(1016年)正月に後一条天皇即位すると五位蔵人に補せられ、2月には民部権少輔を兼ねるが、まもなく従四位下に叙せられ、1週間ほどで蔵人を去った。翌寛仁元年(1017年美濃守に任ぜられると、治安元年(1021年)まで務め、この間の寛仁2年(1018年)従四位上、寛仁3年(1019年正四位下と昇進した。

治安元年(1021年)妻の源隆子乳母をしていた春宮・敦良親王(のち後朱雀天皇)の春宮亮に任ぜられるが、この時点で美濃守任期満了後の解由状が提出されておらず、人々は驚き怪しんだという[1]。治安3年(1023年)には播磨守を兼ねる。万寿4年(1027年)の国司の任期満了後も引き続き春宮亮を務め、長元4年(1031年)にこれを帯びていた記録が残っているが、長元9年(1036年)の後朱雀天皇の即位までには没したとみられる。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『小右記』治安元年8月29日条
  2. ^ a b c d 『権記』
  3. ^ a b c d e f g 『小右記』
  4. ^ 『国司補任』4-309頁
  5. ^ 『御堂関白記』
  6. ^ 長和2年正月に功過(『小右記』長和2年正月23日条)
  7. ^ a b 『蔵人補任』
  8. ^ a b 『左経記』
  9. ^ 2月見任(『栄花物語』)、8月22日:藤原頼任見任(『小右記』)による。
  10. ^ 万寿5年正月に藤原資業任官(『続本朝文粋』6 大治5年正月藤原敦光奏状)による。

参考文献編集