藤原公信
時代 平安時代中期
生誕 貞元2年(977年
死没 万寿3年5月15日1026年6月2日
官位 従二位権中納言
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原為光、母:藤原伊尹の娘
養父:藤原斉信
兄弟 誠信斉信藤原義懐室、忯子、長信、尋光、道信公信、寝殿の御方、儼子、穠子、良光、藤原隆家室、安芸守家平室
養兄弟:永慶良斉源頼清
源宗家室藤原長家源定宗室
経任斉長
藤原光子(藤原正光の娘)
藤原泰兼の娘
実康、男子、保家、季貞、公覚、源良宗
テンプレートを表示

藤原公信(ふじわら の きみのぶ/きんのぶ)は、平安時代中期の公卿藤原北家太政大臣藤原為光の四男。官位従二位権中納言。兄で大納言藤原斉信の養子となる。

経歴編集

一条朝正暦6年(995年従五位下叙爵し、翌長徳2年(996年侍従に任ぜられる。長徳4年(998年右兵衛佐を経て、長徳5年(999年)従五位上・右近衛少将に叙任される。その後も、長保3年(1001年正五位下、長保5年(1003年従四位下、長保6年(1004年)右近衛中将、寛弘5年(1008年)従四位上と、近衛次将を務めながら昇進する。

寛弘6年(1009年蔵人頭に補せられると、寛弘7年(1010年)左近衛中将、寛弘8年(1011年正四位下と昇進を続ける。同年6月に一条天皇が崩御して蔵人頭を止められるが、同年12月に今度は新帝・三条天皇の蔵人頭となり、長和2年(1013年参議に任ぜられ公卿に列した。

議政官の傍らで、春宮敦良親王春宮権大夫兵衛督を兼帯し、この間に長和4年(1015年従三位寛仁元年(1017年正三位、寛仁5年(1021年従二位と昇進している。治安3年(1023年権中納言に至る。

万寿3年(1026年)正月に室の藤原光子が没すると、公信も5月8日頃より流行の病に罹り、15日に薨去享年50。養父・藤原斉信は「この君にさへ後れぬること」と嘆いて、泣きながら葬送の準備を指示したという。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原為光
  • 母:藤原伊尹の娘
  • 妻:藤原光子(?-1026) - 藤原正光の娘、藤原妍子女房御匣殿
    • 男子:藤原実康
    • 男子:[4]
  • 妻:藤原泰兼の娘
    • 男子:藤原保家(?-1064)
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原季貞
    • 男子:公覚
    • 女子:源良宗室(1013?-?)[5]

脚注編集

  1. ^ 「長徳2年大間書」『続群書類従』10下702
  2. ^ a b c d 『近衛府補任』
  3. ^ 『権記』長保2年正月29日条
  4. ^ 栄花物語』第二十七「ころものたま」。
  5. ^ 栄花物語』二十七「ころものたま」によれば、藤原正光の娘光子所生の子女には実康とその弟、女子が一人いたといい、その女子を山中裕らはこの源良宗室である可能性を指摘している(『日本古典文学全集』)。

出典編集