藤原隆佐

日本の平安時代の公家
 
藤原隆佐
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛和元年(985年
死没 承保元年(1074年
別名 正字:隆佐、字:藤総
官位 従三位大蔵卿
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原宣孝、母:藤原朝成の娘
兄弟 隆光、頼宣、儀明、隆佐、明懐、賢子藤原道雅正室
藤原宣雅の娘、藤原泰通の娘
忠基、宣実、保房、隆尊
テンプレートを表示

藤原 隆佐(ふじわら の たかすけ)は、平安時代中期から後期にかけての公卿藤原北家勧修寺流右衛門権佐藤原宣孝の五男。官位従三位大蔵卿

経歴編集

一条朝寛弘元年(1004年)に文章生に補され、寛弘4年(1007年)少内記、寛弘6年(1009年)大内記と内記を歴任。春宮・居貞親王の蔵人を経て、寛弘8年(1011年)居貞親王が即位三条天皇)すると長和2年(1013年六位蔵人に補任される。のち、式部丞を経て、長和5年(1016年)には従五位下叙爵された。

同年の後一条天皇即位後も引き続き昇殿を聴されるとともに、三条院の判代官を務める。また、同年3月には三条院が摂政藤原道長に対して、隆佐に東宮昇殿を聴すべきであると述べる[1]など、三条院の信頼が厚かった様子が窺われる。長和6年(1017年伯耆守に任ぜられて任地に下向。寛仁5年(1021年)に帰京し、翌治安2年(1022年)正月に治国を賞されて従五位上に、さらに同年4月には造宮廊の功で正五位下に叙せられる。万寿3年(1026年越後守に任ぜられ、長元2年(1029年)まで国司を務めた。

その後は、長元4年(1031年)に春宮・敦良親王の春宮大進となり、長元5年(1032年)には左衛門権佐検非違使佐を兼ねるなど京官を務めた。のち、長元8年(1035年従四位下次いで従四位上、長元9年(1036年)敦良親王の即位(後朱雀天皇)に伴って春宮大進の功労により正四位下に叙せられている。長暦元年(1037年)春宮亮として今度は新春宮・親仁親王に仕える一方で、長暦2年(1038年近江守を兼ねた。

寛徳2年(1045年)親仁親王が即位(後冷泉天皇)するも、隆佐は既に正四位下に至っていたことから、すぐに前春宮亮としての叙位はなされず、永承4年(1049年)に播磨守に任ぜられる。のち、皇后藤原寛子皇后宮亮や近江守を務め、康平2年(1059年)になって、前春宮亮としての功労により正四位下昇進後から約23年を経て従三位に叙せられ、76歳にしてついに公卿に列した。公卿昇進後はしばらく散位にあったが治暦2年(1066年大蔵卿に任ぜられている。

承保元年(1074年薨去享年90。最終官位は大蔵卿従三位。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『御堂関白記』長和5年3月2日条
  2. ^ 尊卑分脈高藤公流

参考文献編集