メインメニューを開く

藤原豊

経済産業省の官僚

藤原 豊(ふじわら ゆたか、1963年7月19日 - [1])は、日本の経産官僚[2]

千葉県船橋市出身[3][4]筑波大学附属中学校・高等学校卒業[3]1987年東京大学経済学部卒業、通商産業省入省[1][2]2001年-2003年内閣府出向し、プライベート・ファイナンス・イニシアティブ(PFI)・構造改革特別区域市場化テストの制度創設や、医療教育農業等の規制改革に従事[2]2006年-2009年経済産業省産業技術環境局環境経済室長・環境政策参事官として、京都議定書目標達成計画による自主行動計画や国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)の創設・実施等を担当[1]2011年7月15日、産業技術環境局技術振興課長に就任[5]研究開発税制抜本拡充等を実現[1]2013年4月、内閣府に出向、内閣官房地域活性化統合事務局総括参事官のち内閣府地方創生推進室次長に就任し、国家戦略特別区域制度企画立案・運営に従事[2][4]2017年7月5日より貿易経済協力局審議官(インフラシステム輸出担当)[6][7]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 第五回勉強会「SALON CiP」のお知らせ”. 一般社団法人CiP協議会 (2014年12月1日). 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d 講師紹介”. グローバル産業リーダー育成プログラム(GINDLE)「ベンチャー未来塾」のご案内―新規産業に関わる政策決定について学ぶー. ‎東京工業大学・社会人教育院 (2014年2月). 2018年5月30日閲覧。
  3. ^ a b 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 千葉県(下)”. 毎日新聞 (2016年5月16日). 2018年5月30日閲覧。
  4. ^ a b 講演者一覧”. 株式会社スペースメディアジャパン (2016年). 2018年5月30日閲覧。
  5. ^ 人事、経産省 2011/7/15付”. 日本経済新聞 (2011年7月15日). 2018年5月30日閲覧。
  6. ^ 経済産業省 幹部名簿/METI Officials List (PDF)”. 経済産業省 (2018年5月16日). 2018年5月30日閲覧。
  7. ^ 人事、経済産業省”. 日本経済新聞 (2017年7月5日). 2018年5月30日閲覧。