メインメニューを開く

裏固(うらがため)は柔道固技で、国際柔道連盟(IJF)が認定する抑込技の1つ。講道館ではこの技を抑込技と認定していなかったが、2017年に正式に採用することになった[1][2][3]。講道館やIJFでの正式名称。IJF略号URG

概要編集

うつ伏せとなった受の腕を取の右腕ですばやく上から掬い、左腕で受の下穿きを掴む。そこから受の腹の下に頭を潜り込ませて、てこの原理を利用して受をひっくり返す。そして仰向けとなった状態から受を掴んだ両手を決して離さずに、取の後頭部を受の腹部に固定して抑え込みに入る。この際、受の腹部に深く後頭部を乗せると返されやすいので、取の足を動かして抑え込み易くなるように位置を調整する。横四方固で取のみ裏返しにして仰向けにしたような技。後袈裟固のような形状になりながらも、受に取の背中を完全に向けた点が後袈裟固と異なる。また、この技から後袈裟固や肩袈裟固からの腕挫腕固への移行も度々見られる[1][2]

講道館における抑込技の規定では、取と受がかねがね向き合った状態を抑え込みの条件と見なしていることから、この技を抑込技と認定していなかったが、多様化する技術への対応のために講道館技研究部で技名称の再検討を行った結果、2017年にこの技を正式に認めることになった。一方、IJFでは1995年にこの技を正式に抑込技と認めた。しかし、1998年には省かれることになった。他の抑込技からこの体勢に移行した場合も抑え込みは「とけた」となった[1]。その後、2013年のルール改正において、この技が再び抑込技と認められることになった[1][2][3][4][5][6]七大柔道では抑え込みとして認められないが他の抑込技からこの体勢に移行した場合、抑え込みは継続する[7]

試合での実例
ヴァルラーム・リパルテリアニジョージア) (2:10 裏固) アンディ・グランダ(キューバ)× IJFサイト映像[8]
加藤返から裏固に連絡している。
キリアン・ルブルーシュフランス) (4:00 裏固) ウー・ジキャン(中国)× IJFサイト映像[9]
加藤返をこらえられたので自ら前転し、相手を半横転させ裏固に連絡している。

上四方固で取のみ裏返しにして仰向けにしたような裏固もある。受の両腕を制して背中で抑える。

試合での実例
イダリス・オルティスキューバ) (3:47 裏固) ベアトリス・ソウザブラジル)× IJFサイト映像[10]

三船久蔵の裏固編集

柔道家三船久蔵は次のような技法を裏固と称した。

取は右側面からうつ伏せ状態の受けの右足を自らの右足で引っ掛ける。さらに受けの左腋下に自らの左腕を入れて抱え込みながら仰向けに倒れこんで、受を仰向けの上体に持ち込む。この際に取の両脚は受けの右脚に絡めておく。そこから取は自ら回転して、受けをひっくり返しながらうつ伏せ状態になって受を制御する。

プロレスフォール技ステップ・オーバー・アーム・シザース[11]の形である[1][12]

この技は書籍『柔道大事典』の「裏固」の項で紹介されているが柔道競技において抑込技として認められるかは記載されていない[1]。『柔道大事典』が発行された1999年は全ての裏固が抑込技として認められていない時期だった。

柔道競技でよく使われる裏固はこの裏固の途中で受が取の上になった形に似た形である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)、56頁。ISBN 4871522059。「裏固」
  2. ^ a b c 「柔道 実戦に役立つ全テクニック (スポーツグラフィック)」 斉藤仁 成美堂出版、1997年 94-95頁 ISBN 978-4062074155
  3. ^ a b 柔道の技名称について
  4. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(2014-2016)
  5. ^ IJF審判規定の決定版(解釈)
  6. ^ NEW!: IJF Refereeing Rules 2017 - Explanatory Presentation
  7. ^ 七大学柔道試合審判規定 第6回修正版”. 東京大学運動会柔道部公式サイト 赤門柔道 (2016年4月25日). 2019年4月18日閲覧。
  8. ^ Masters St Petersburg 2017 / Round 1 -100 kg Georgia LIPARTELIANI,Varlam VS Cuba GRANDA,Andy (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. https://www.ijf.org/judoka/16119/videos?currentContestCodeLong=mas_rus2017_m_0100_0007 2019年9月22日閲覧。 
  9. ^ Paris Grand Slam 2018 / Quarter-Final -66 kg France LE BLOUCH,Kilian VS China WU,Zhiqiang (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2018年). https://www.ijf.org/judoka/39822/videos?currentContestCodeLong=gs_fra2018_m_0066_0060 2019年9月22日閲覧。 
  10. ^ World Championships Senior 2019 / Quarter-Final +78 kg Cuba ORTIZ,Idalys VS Brazil SOUZA,Beatriz (YouTube). スイス ローザンヌ: 国際柔道連盟.. (2019年8月31日). https://www.ijf.org/judoka/951/videos?currentContestCodeLong=wc_sen2019_w_0p78_0057 2019年9月22日閲覧。 
  11. ^ エド・ストラングラー・ルイス、ビリー・サンドウ「WRESTLING PART II」『週刊プロレス増刊号「格闘技通信」No.3 綴じ込み付録』第33巻第1号、ベースボール・マガジン社、1987年1月3日、 7頁。
  12. ^ 記録映画『柔道の真髄 神技三船十段』

外部リンク編集