ベアトリス・ソウザ

ベアトリス・ソウザ(Beatriz Souza 1998年5月20日- )はブラジル柔道選手。階級は78kg超級[1][2]

獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
柔道
世界選手権
2021 ブダペスト 78kg超級
世界団体
2017 ブダペスト 70kg超級
2019 東京 70kg超級
2021 ブダペスト 70kg超級
世界ジュニア
2018 ナッソー 78kg超級
2017 ザグレブ 78kg超級
世界カデ
2015 サラエボ 70kg超級

人物編集

2015年の世界カデ70kg超級で3位になった[2]。2017年にはパンナム選手権78kg超級で優勝すると、世界団体でも2位となった[1][2]世界ジュニアでは準々決勝で素根輝腕緘で敗れて3位だった[1]。2018年にはグランドスラム・エカテリンブルグで3位になると、世界ジュニアでは決勝で児玉ひかるに合技で敗れて2位だった[1][3]。2019年にはパンアメリカン競技大会で3位になると、世界選手権では準々決勝でキューバのイダリス・オルティスに敗れるなどして5位だった[1]。世界団体では3位になった[1]ミリタリーワールドゲームズで3位になると、グランドスラム・大阪では準々決勝で元世界チャンピオンの朝比奈沙羅大外巻込で破るも、準決勝でオルティスに敗れて3位だった[1][2]。2020年のグランドスラム・パリでも3位だった[1]。2021年のパンナム選手権では優勝した[1]世界選手権では準決勝で冨田若春に敗れたが3位になった。世界団体でも3位になった。しかしながら、東京オリンピック代表にはライバルのマリア・アルテマンが選出されたため出場はならなかった[4][5]

IJF世界ランキングは4383ポイント獲得で2位(21/5/24現在)[6]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集