メインメニューを開く

襟裳岬 (島倉千代子の曲)

襟裳岬」(えりもみさき)は、1961年に発売された島倉千代子シングルである。発売元は日本コロムビア

襟裳岬
島倉千代子シングル
リリース
規格 シングル
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 丘灯至夫(作詞)
遠藤実(作曲)
島倉千代子 シングル 年表
夕月
(1961年)
襟裳岬
1961年
十国峠の白い花
(1961年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
襟裳岬歌碑。右側が島倉版(1971年)建立。

100万枚を売り上げた[1]

NHK紅白歌合戦』で表題曲を1961年の第12回1974年第25回と2回披露しており、いずれも紅組トリでの歌唱となった。

  • 後者では同名異曲の「襟裳岬」(同年発表)を歌う森進一が対戦相手(白組トリおよび大トリ)となった。当初、島倉は紅白で未歌唱のデビュー曲「この世の花」を歌唱する予定だったが、森に対抗するためこの表題曲に変更した(その後、「この世の花」は1982年第33回で初披露が実現)[2]

森版の「襟裳岬」が出るまでは「襟裳岬」といえば、この島倉版であったが、その後全くその位置が逆転してしまった[3]

北海道襟裳岬には、1971年に本楽曲の歌碑が建立された。なお、1997年には森進一版の「襟裳岬」の歌碑も建立され、現在は2つの歌碑が並んで建っている。

収録曲編集

  1. 襟裳岬(作詞:丘灯至夫 作曲:遠藤実

脚注編集

  1. ^ サンケイスポーツ』2013年11月9日付、大阪本社版12版、26面
  2. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  3. ^ 池田憲一『昭和流行歌の軌跡』 白馬出版 1985年 p35

関連項目編集