西久保瑞穂

日本の男性アニメーション作家・アニメ監督(1953−)

西久保 瑞穂(にしくぼ みずほ、1953年1月15日 - )は、日本男性アニメーション作家、アニメ監督東京都出身。

にしくぼ みずほ
西久保 瑞穂
本名 西久保利彦
別名義 山口直樹
生年月日 (1953-01-15) 1953年1月15日(70歳)
職業 アニメ監督
活動期間 1975年 -
配偶者 水谷優子(1994年 - 2016年、死別)
著名な家族 忌野清志郎(従兄)
事務所 Production I.G
主な作品

アニメーション映画


テレビアニメ


OVA・短編アニメ・ミュージッククリップ


ゲーム

 
受賞
日本アカデミー賞
優秀アニメーション作品賞
2015年ジョバンニの島
その他の賞
アヌシー国際アニメーション映画祭
審査員特別賞

2014年『ジョバンニの島』
毎日映画コンクール
アニメーション映画賞

2014年『ジョバンニの島』
テンプレートを表示

人物編集

本名は西久保 利彦(にしくぼ としひこ)。

山口 直樹の名義を用いることもある。

押井守の元で演出を担当する際には本名を用いている。その場合の分担・工程として、

  1. 絵コンテ・レイアウトチェック・音楽方面の指示・音響演出は押井が担当する。
  2. 西久保がその後の上がってきた原画の芝居の内容・台詞の間をチェックする。
  3. 美術ボード・色彩設定の色味を押井と二人でチェックする。
  4. 美術・キャラクターの色味を西久保がチェックする。
  5. 一通り撮影が終わったフィルムについて、撮影スタッフに西久保が細かく指示を出す。
  6. 完成したカットを色彩設定・撮影スタッフ・西久保が再度通しで微調整を行う。
  7. 押井と二人で分散ファイルシステムを駆使して再調整する。

という形で進行する[1]

音楽評論家の萩原健太はサークル(放送研究会)の2年後輩で友人。

妻は声優の水谷優子[2][3]従兄にロックミュージシャンの忌野清志郎がいる[4]

来歴編集

早稲田大学在学中の1975年11月6日プロデューサーを志望し、研修生としてタツノコプロへ入社。同期の真下耕一うえだひでひとや2年遅れて入社した押井守らとともに「タツノコ四天王」と呼ばれた。1979年に退社し、テレビアニメベルサイユのばら』『あしたのジョー2』などで出崎統に師事した。

1983年、タツノコプロ出身の宮田知行がプロデューサーを務めたテレビアニメ『みゆき』で初のシリーズ監督に抜擢される。以後、キティ・フィルムの三鷹スタジオでは宮田がプロデュースしたオリジナルビデオアニメ街角のメルヘン』『軽井沢シンドローム』などの監督を歴任。青春ものを得意とした。宮田がキティフィルムから独立して、J.C.STAFFを設立するのと同じ頃、西久保は古巣のタツノコプロでテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』の監督を手掛けた。かつての同僚の押井とうえだらが手伝い、アニメファンにも高い支持を得る。そしてこの作品の中心スタッフだった石川光久後藤隆幸がI.G.タツノコ、後のProduction I.Gを設立。後に西久保がProduction I.Gを活動の拠点にする契機となる作品だった。

Production I.Gが企画・原作・制作のゲーム『やるドラ』シリーズのアニメーション監督を担当。

東京ディズニーリゾート『夢がかなう場所』やメルセデスベンツ『NEXT A-Class』のTVコマーシャルなども務める。

デジタル・デビル物語 女神転生』ではプロデューサー業初となる鈴木敏夫と組んだ。

1994年11月19日、水谷と結婚[3]

2014年、『ジョバンニの島』がアヌシー国際アニメーション映画祭にて審査員特別賞を受賞した。その他ファンタジア国際映画祭、毎日映画コンクール、シカゴ児童映画祭など数々の賞を受賞する。

2016年~、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査員。

2019年~、毎日映画コンクールアニメーション部門審査員。

作品リスト編集

監督編集

テレビアニメ編集

OVA編集

アニメ映画編集

Webアニメ編集

ゲーム編集

その他編集

演出・絵コンテなど編集

出典編集