北澤美術館(きたざわびじゅつかん)は、エミール・ガレ等のフランスアール・ヌーヴォー期のガラス工芸と、現代日本画の長野県諏訪市諏訪湖畔にある美術館である。キッツ 創業者の北澤利男創設[1]。 隣にはサンリツ服部美術館がある。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北澤美術館
Kitazawa Museum of Art
130607 Kitazawa Museum of Art Suwa Japan01n.jpg
施設情報
専門分野 アール・ヌーヴォー期のガラス工芸
事業主体 公益財団法人北澤美術館
管理運営 清水雄輔館長
開館 1983年5月21日
所在地 392-0027
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
位置 北緯36度3分20.9秒
東経138度6分42.2秒
座標: 北緯36度3分20.9秒 東経138度6分42.2秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

世界初のガラス製品を美術品として1983年5月21日に開館。エミール・ガレに代表されるフランスアール・ヌーヴォー期のガラス工芸700点と、現代日本画200点を収蔵している。

1998年、美術館脇に彫刻家・圓鍔勝三制作、北澤利男像(題字は文化功労者青山杉雨の書)が設置された。また、彫刻家の沼田一雅(1900年パリ万国博覧会 (1900年)鋳銅の「猿廻し置物」を出品、1等の金牌を受領した作家)制作「ライオン像」も隣に設置。

館内編集

この節の出典:[2]

1階

2階

利用情報編集

  • 開館時間(入館は閉館時間の30分前まで)
    • 4月20日から9月 - 09:00から18:00
    • 10月から3月 - 09:00から17:00
  • 休館日 - 無休(展示替えの為臨時休館あり)

交通アクセス編集

備考編集

関連施設として、かつて千葉市美浜区に幕張北澤美術館(1992年10月1日[3][4] - 2000年2月[5])が、山梨県北杜市高根町清里に清里北澤美術館(1989年4月 - 2012年3月)が存在した。また北澤美術館新館(2003年4月開設)は、2012年12月に当館とは別経営の複合文化施設SUWAガラスの里の美術館となった。  

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本の美術館・博物館INDEX『北澤美術館』 - コトバンク
  2. ^ 長野県博物館協議会ホームページ 信州ミュージアムガイド参照
  3. ^ “ヌーヴォー期のガラス工芸一堂に きょう幕張北沢美術館がオープン”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 12. (1992年10月1日) 
  4. ^ “幕張北沢美術館オープン 高層ビル街に初の“芸術空間” 特殊照明で趣を演出”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 朝刊 25. (1992年10月2日) 
  5. ^ “ガラス工芸の専門館 幕張北澤美術館閉館へ 幕張新都心”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 12. (2000年1月12日) 

参考文献編集

  • 『信州の博物館』 朝日新聞長野支局、1983年
  • 『長野県の博物館』 長野県教育委員会 1989年    

外部リンク編集