豊原(とよはら、生没年不詳)は、江戸時代前期から中期の大奥女中(御年寄、のち上臈御年寄)。本名は不詳。江戸幕府5代将軍徳川綱吉から7代将軍・徳川家継までの3代に渡って仕えた。

生涯編集

西洞院時成の娘として京都で生れた。幼少のころより後宮で仕えており、その才知を見込まれて10代で勾当内侍を勤めた経歴を持つ[1]平内侍と称し [2]、長らく東山天皇に仕えていたが、後に蟄居処分を受けて後宮を追われた(原因は不明)。

元禄16年(1703年)、時の江戸城大奥の実力者であった右衛門佐の要請を受けて江戸へ下向し、その後継者として大奥に迎えられた[1][3]。年齢は不詳であるが、この時30歳前後であったとされる。 豊原と称し、綱吉付き御年寄となった。宝永3年(1706年)に右衛門佐が没すると、その後を継いで筆頭老女(筆頭上臈御年寄)に就任。同6年(1709年)の綱吉逝去後も大奥に留まり、6代将軍・家宣、7代将軍・家継と、将軍付き筆頭老女を歴任した[4][5]

正徳5年(1715年)3月には姪の「やよ」を養女として大奥に迎え入れ、家継生母・月光院付きの小上臈とするなど[1] 、権勢を保持し続けていたが、8代将軍・吉宗の時代に入ると次席であった常磐井(東園基量の娘) に筆頭老女の座を譲り、大奥から退いた。その後の消息は明らかとなっていない。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c 竹内誠『徳川「大奥」事典』(2015年、東京堂出版)P253
  2. ^ 國文學編集部 『知っ得後宮のすべて』(2008年、學燈社 )
  3. ^ 一説によると、綱吉が京都所司代に命じて豊原を大奥に招き入れ、自身の側室にしたという話もある。(國文學編集部 『知っ得後宮のすべて』〈2008年、學燈社 〉角田文衛著「豊原殿」)
  4. ^ 宝永6年(1709年)の「分限帳」の記録によれば、将軍付き老女の序列は豊原を筆頭に、常磐井、高瀬、富岡、川島の順である。
  5. ^ 映画や小説などでは家継時代の筆頭女中を絵島(江島)として描いている場合が多いが、絵島は家継の生母・月光院付きの御年寄であり、(将軍付き)筆頭老女は豊原である。