メインメニューを開く

右衛門佐局(えもんのすけのつぼね、うえもんのすけのつぼね、慶安3年(1650年)- 宝永3年2月11日1706年3月25日)は、江戸時代前期から中期の大奥女中。単に右衛門佐とも。権中納言水無瀬氏信の娘。

目次

生涯編集

初め霊元天皇後宮常盤井の局(ときわいの つぼね)の名で仕えており、宮中随一の才媛と呼ばれていた。延宝年間(1673年 - 1681年)には仙洞御所へ異動し、後水尾上皇にも仕えた。この仙洞御所での呼称が、後に大奥での名となる右衛門佐であったという[1]。延宝8年(1680年)、上皇が逝去したのを機に奥勤めを退き、甥の町尻兼量の屋敷に身を寄せた[1]

この後、江戸へ下向して大奥に入るが、その経緯については諸説ある。貞享2年(1685年)に、5代将軍徳川綱吉と側室お伝の方との間に生まれた鶴姫紀州藩主世子徳川綱教に嫁入りする際に鶴姫付の上臈として紀州徳川家に入り、その後、江戸城本丸御殿に入って将軍付上臈御年寄となった。または、御台所鷹司信子の妹で中宮鷹司房子の推薦により、御台所付上臈御年寄として江戸城本丸大奥入りしたと伝えられる。

大奥に入ってから名を右衛門佐と改め、将軍付上臈御年寄として大奥の総取締を担ったと考えられている。その後は大典侍(寿光院)新典侍(清心院)といった公家の姫を綱吉の側室として迎え入れることに奔走した。

宝永3年(1706年)、57歳で死去。法名は心光院殿古鑑貞円大姉(心光院古媼貞円)。墓所は東京都新宿区月桂寺にある。

関連作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b 竹内誠『徳川「大奥」事典』(東京堂出出版)P252-P253