豊浜駅

日本の香川県観音寺市にある四国旅客鉄道の駅

豊浜駅(とよはまえき)は、香川県観音寺市豊浜町姫浜にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線[1]。駅番号はY20

豊浜駅
豊浜駅舎.JPG
駅舎(2013年2月)
とよはま
Toyohama
Y19 観音寺 (5.5 km)
(4.4 km) 箕浦 Y21
所在地 香川県観音寺市豊浜町姫浜字上林620番地1
北緯34度4分47.19秒 東経133度38分39.14秒 / 北緯34.0797750度 東経133.6442056度 / 34.0797750; 133.6442056座標: 北緯34度4分47.19秒 東経133度38分39.14秒 / 北緯34.0797750度 東経133.6442056度 / 34.0797750; 133.6442056
駅番号 Y20
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 62.0 km(高松起点)
電報略号 トヨ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
237人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1916年大正5年)4月1日[2]
備考 無人駅[3][4]
テンプレートを表示

かつて、一部の特急列車急行列車が停車していたほか、当駅を終着、始発とする普通列車も運転されていた。

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。線路の使用方法は1番線が上下副本線、2番線が上下本線(制限速度100km/h、一線スルー)となっている。 交換列車がないときは列車種別に関係なく2番線に入線する。

2番線のホームと反対側にはツツジが植えられていて、名所となっている[8]。1番線のホームの反対側には昔の貨物ホームがある。簡易式の水洗式トイレあり。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1・2 予讃線 上り 多度津高松方面
下り 新居浜松山方面

利用状況編集

1日平均の乗車人員は以下の通り。[9]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008年 293
2009年 310
2010年 298
2011年 292
2012年 265
2013年 282
2014年 262
2015年 290
2016年
2017年 236
2018年 217
2019年 237

駅周辺編集

バス路線編集

観音寺市のりあいバス五郷高室線・箕浦観音寺線が接続する。

隣の駅編集

四国旅客鉄道
予讃線
快速「サンポート」・普通
観音寺駅 (Y19) - 豊浜駅 (Y20) - 箕浦駅 (Y21)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『週刊 JR全駅・全車両基地』 53号 松山駅・伊予西条駅・下灘駅ほか83駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月25日、21頁。 
  2. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、634頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ a b JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2010年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。
  4. ^ a b 「JR四国 29駅を無人化 経費削減、県内は造田など6駅=香川」『読売新聞読売新聞大阪本社、2010年6月22日、朝刊、33面。
  5. ^ a b “無人駅に職員派遣 四国総局 きっぷや新聞など販売”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1987年2月21日) 
  6. ^ 「通報 ●福知山線石生駅ほか147駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報号外』日本国有鉄道総裁室文書課、1985年3月12日、15-16面。
  7. ^ “JR四国、21駅を無人化、21日から土・日・祝日に限り”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 12. (1990年11月8日) 
  8. ^ “駅すてーしょん 豊浜(予讃線)”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1995年5月22日) 
  9. ^ 観音寺市の現況 11.運 輸 ・通 信 2021年4月14日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集