贋作 男はつらいよ

贋作 男はつらいよ』(がんさく おとこはつらいよ)は、NHK BSプレミアムの「プレミアムドラマ」枠にて2020年1月5日から1月26日まで放送された日本テレビドラマ。全4回。渥美清主演の人気映画シリーズ『男はつらいよ』を原作に、桂雀々が落語会で扮した寅さんの風貌が似ていたことから山田洋次監督が着想し、設定を現代の大阪に置き換えて“本物の本物による「贋作」”としてリメイクされる[1][2][3][4]。主演は桂雀々で、さくら役を常盤貴子、マドンナ役を松下奈緒田畑智子が演じる[5][6]

贋作 男はつらいよ
ジャンル テレビドラマ
原作 山田洋次男はつらいよ
脚本 山田洋次
朝原雄三
演出 朝原雄三
石川勝己
出演者 桂雀々
常盤貴子
松下奈緒
田畑智子
綾田俊樹
松寺千恵美
北山雅康
福丸怜乎
曽我廼家寛太郎
笹野高史
平泉成
田中泯
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 内藤愼介
齋藤寛之
髙橋練
プロデューサー 岡村紘野
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
松竹株式会社
放送
放送チャンネル BSプレミアム
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月5日 - 1月26日
放送時間 日曜 22:00 - 22:49
放送枠 プレミアムドラマ
放送分 49分
回数 4
公式ウェブサイト

特記事項:
NHK BS4Kにて2020年1月1日から1月22日まで20:40 - 21:29に先行放送。
テンプレートを表示

NHK BS4Kにて2020年1月1日から1月22日まで水曜日の20時40分から21時29分に先行放送された。

あらすじ編集

父との大喧嘩を契機に東大阪市石切神社参道の実家・甘味処「くるまや」を飛び出してから30年。秋の観光シーズンを迎えた箱根の旅館で高見歌子ら関西からの女性3人組を客室へ案内した車寅次郎は、同じ大阪出身ということで関西の話題で盛り上がって意気投合し、里心が芽生える。

ある日、「くるまや」では法事が執り行われており、奇妙なちん入者があって一同が不審がる中、ちょうど寅次郎が大阪・石切に30年ぶりに帰郷する。

登場人物編集

主要人物編集

車寅次郎
演 - 桂雀々
主人公。東大阪石切参道の老舗の甘味処「くるまや」の跡取り。
30年ほど前に家を出て音信不通だったが、父の三十三回忌にふらりと現れる。
諏訪さくら
演 - 常盤貴子
寅次郎の妹。
小学生の時に両親が他界し兄・寅次郎が家を出て音信不通となった後、叔父叔母夫妻に育てられる。「くるまや」で叔父叔母夫婦を手伝い、「くるまや」裏の印刷工場に勤める諏訪博と結ばれ、満男をもうける。
車竜造(おっちゃん)
演 - 綾田俊樹
寅次郎の叔父。甘味処「くるまや」の主人。
寅次郎とさくらの父である兄・平造が死去後、「くるまや」を引き継ぐ。
車つね(おばちゃん)
演 - 松寺千恵美
寅次郎の叔母。
諏訪博
演 - 北山雅康
さくらの夫。満男の父。
タコ社長のもと「くるまや」裏の印刷工場で働く。
諏訪満男
演 - 福丸怜乎
さくらと博夫妻の長男。一人っ子。
桂幸太郎(タコ社長)
演 - 曽我廼家寛太郎
「くるまや」裏の印刷工場の2代目社長。
住職
演 - 笹野高史
法恩寺の住職。

その他編集

佳代
演 - 岸本華和
「くるまや」のアルバイト。

ゲスト編集

第一回・第二回
高見歌子
演 - 松下奈緒[5]
マドンナ。
OL。小説家の父・修吉と2人で生活する。
高見修吉
演 - 平泉成
歌子の父。小説家。
みどり
演 - 森レイ子[7]
歌子の友人。
仲村マリ
演 - 小出優子[8]
歌子の友人。
第三回・最終回
ぼたん
演 - 田畑智子
京都祇園の芸者。
池内青観
演 - 田中泯
有名な日本画家。
大雅堂 主人
演 - 渋谷天外
串カツ店 店員
演 - 前田航基

スタッフ編集

放送日程編集

放送回 放送日 サブタイトル ラテ欄[9] 演出
BSプレミアム BS4K
第一回 1月05日 1月01日 大阪の寅やん 今度の寅さんは、コッテコテの大阪弁! 朝原雄三
第二回 1月12日 1月08日 石切慕情 今度の寅さんは、コテッコテの大阪弁!
第三回 1月19日 1月15日 寅やん、京都へ行く   石川勝己
最終回 1月26日 1月21日 夕焼けの寅やん

関連番組編集

  • 山田洋次原作 “贋作男はつらいよ” の魅力に迫る(2019年12月29日 17:30 - 17:58、NHK BSプレミアム / 12月21日 19:00 - 19:28、NHK BS4K)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「男はつらいよ」が現代の大阪によみがえる! プレミアムドラマ「贋作(がんさく)男はつらいよ」”. NHKオンライン. NHK_PR. 日本放送協会 (2019年9月27日). 2019年9月28日閲覧。
  2. ^ “NHK、大阪が舞台の「男はつらいよ」来年1月放送”. 日刊スポーツ. (2019年9月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909270000385.html 2019年9月28日閲覧。 
  3. ^ “『贋作男はつらいよ』寅さん役に桂雀々 山田洋次監督が新たに着想”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2145358/full/ 2019年9月28日閲覧。 
  4. ^ “寅さんが“大阪弁”で現代によみがえる!「贋作 男はつらいよ」の放送が決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年9月28日). https://thetv.jp/news/detail/206764/ 2019年9月28日閲覧。 
  5. ^ a b “関西弁寅さん、松下奈緒がマドンナ!来年1・5スタート「贋作 男はつらいよ」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年10月18日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191018/geo19101805030015-n1.html 2019年10月18日閲覧。 
  6. ^ “『贋作 男はつらいよ』寅さん役・桂雀々を常盤貴子がサポート「雀々さんを私が守る!」”. TVLIFE web (学研プラス). (2019年12月2日). https://www.tvlife.jp/entame/250717 2020年1月26日閲覧。 
  7. ^ 森レイ子の2019年12月17日のツイート2020年1月6日閲覧。
  8. ^ 小出優子 (2019年12月20日). “*お知らせ*『贋作 男はつらいよ』”. 小出優子のブログですん゚+。(*′∇`)。+゚. 2020年1月6日閲覧。
  9. ^ 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄。

関連項目編集

外部リンク編集

NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
歪んだ波紋
(2019年11月3日 - 12月22日)
贋作 男はつらいよ
(2020年1月5日 - 1月26日)
捜査会議はリビングで おかわり!
(2020年2月2日 - 3月22日〈予定〉)