メインメニューを開く

常盤 貴子(ときわ たかこ、1972年4月30日[1] - )は、日本女優神奈川県横浜市生まれ、兵庫県西宮市育ち。身長162cm[1]血液型A型[1]スターダストプロモーション所属[2]

ときわ たかこ
常盤 貴子
生年月日 (1972-04-30) 1972年4月30日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1991年 -
配偶者 長塚圭史(2009年 - )
著名な家族 長塚京三(義父)
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式サイト
主な作品
映画
ゲロッパ!』/『赤い月』/『20世紀少年
野のなななのか
ドラマ
カミング・ホーム
愛していると言ってくれ
みにくいアヒルの子』/『真昼の月
ひとり暮らし』/『理想の結婚
最後の恋』/『めぐり逢い』/『タブロイド
美しい人』/『ビューティフルライフ
カバチタレ!
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
流転の王妃・最後の皇弟』/『玉蘭
眉山』/『天地人』/『とんび』/『まれ
グッドワイフ
備考
俳優の長塚京三は義父にあたる。
テンプレートを表示

人物

西宮市立春風小学校西宮市立上甲子園中学校西宮市立西宮東高等学校駒沢学園女子高等学校を経て、関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻卒業。

1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマで主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、外国の映画俳優との共演や連ドラの海外でのテレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしている。

経歴

1972年4月神奈川県横浜市で生まれる。小学4年生の時、父親の転勤に伴い兵庫県西宮市へ転居、高校1年までの7年間を同地で過ごす。短大入学後の1991年夏、スターダストプロモーションを自ら訪ね、同事務所に所属。

常盤は初め、原宿歩行者天国で路上ライブ(このライブにはデビュー前のMANISHも出演していた)の司会をするなど、下積み生活が続いた。年末にTBS系SPドラマ 『イブは初恋のように』で女優デビューをしたのち、ドラマの脇役やCMの仕事が入るものの、なかなか芽が出なかった。 1993年に、フジテレビ系ドラマ 『悪魔のKISS』で、カード地獄に落ち借金苦から風俗嬢に転落する女子大生役を演じ、広く知られるようになった。このドラマでは、バストトップを露わにした体当たりの演技を見せる。その後、同局の深夜バラエティ 『殿様のフェロモン』にサブ司会者として出演する。

1994年秋のTBS系ドラマ『私の運命』で不倫と純愛の間をさまよう上昇志向の強い看護師役を演じた。さらに、1995年夏のTBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』では、耳が不自由な青年画家(演:豊川悦司)の恋人役を演じた。

1999年夏公開の香港映画 『もういちど逢いたくて -星月童話』で俳優 故レスリー・チャン(張國榮)と共演した。2000年冬に主演したTBS系ドラマ『ビューティフルライフ』は30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し、「車椅子 常盤貴子モデル」も登場した。『ビューティフルライフ』以後は、2003年秋にテレビ朝日開局45周年記念ドラマ『流転の王妃・最後の皇弟』で主演の愛新覚羅浩を演じ、第2部では視聴率25%(関東地区)を獲得した。

2005年春にKERA・MAP『砂の上の植物群』で舞台初出演。その後も毎年1作品のペースで舞台出演していた。

女優としてはその後、2008年に入り、『眉山』、『笑顔をくれた君へ〜女医と道化師の挑戦』、『ロス:タイム:ライフ』とSPドラマに主演した。2008年から2009年にかけて、3部作で公開される映画『20世紀少年』でヒロイン・ユキジ役を演じた。妻夫木聡が主演する2009年NHK大河ドラマ『天地人』で、ヒロイン・お船の方を演じた。2009年10月には、主演映画『引き出しの中のラブレター』が公開された。

私生活では2009年10月20日、劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚。長塚とは映画『ゲロッパ!』で共演したのを機に6年半交際を続けていた。長塚京三は義父にあたる。

2015年1月21日に「なかにし礼と12人の女優たち」(日本コロムビア)で歌手デビューした。

受賞歴

テレビドラマ

映画

2004年
2015年
  • 第29回 高崎映画祭 最優秀主演女優賞(『野のなななのか』)

出演

テレビドラマ

映画

バラエティー番組

ドキュメンタリー

  • 土曜プレミアム フジの芸術ルネッサンス - これでいいのだ!! 赤塚不二夫伝説(2008年11月1日、フジテレビ) - 語り
  • ヨーロッパ美酒・美食巡礼(2009年4月7日 - 、BS日テレ) - ナレーション
  • 課外授業 ようこそ先輩 「動物園を作ろう!〜上野動物園園長 小宮輝之」(2009年12月6日、NHK総合) - 語り
  • THE世界遺産
    • 特別編「船でめぐるドナウの旅」(2010年1月10日、TBS) - 語り
    • 特別編「鉄道で越えるアルプスの旅」(2010年1月17日、TBS) - 語り
  • ボクの来た道 キミの行く道(2011年9月19日、NHK)ナレーション
  • 常盤貴子 本と旅するポルトガル〜三島由紀夫に導かれて歩く 南蛮文化のふるさと〜(2011年11月13日、BS朝日)
  • 常盤貴子 本と旅するスペイン〜伝説の詩人ロルカと歩くアンダルシア〜(2013年3月31日、BS朝日)
  • 常盤貴子 本と旅するベルギー〜メーテルリンク 幸せの青い鳥の故郷へ〜(2014年3月30日、BS朝日)
  • ザ・プレミアム 京都人の密かな愉しみ(2015年1月3日、NHK BSプレミアム) - 沢藤三八子 役
  • 第29回民教協スペシャル 英雄の妻 敦子〜激動の日中関係を生きた女の人生〜(2015年2月、名古屋テレビ放送制作、民間放送教育協会各局) - ナレーション[29]

語学番組

  • 旅するフランス語(2016年10月 -2017年3月 再々放送2017年4月-2017年9月)  、NHK Eテレ)※出演及びナレーションを担当
  • 旅するフランス語(2017年10月 から2ndシーズン)  、NHK Eテレ)※出演及びナレーションを担当

舞台

ラジオ

CM

著書

写真集

  • 常盤貴子写真集 miss you-もう一度逢いたくて-(1999年5月 角川書店)

CD・アルバム

  • なかにし礼と12人の女優たち(2015年1月21日発売、日本コロムビア:COCP-38957)※歌唱担当楽曲「恋のフーガ
  • なかにし礼と13人の女優たち(2016年9月28日発売、日本コロムビア:COCP-39687)※歌唱担当楽曲「天使の誘惑

脚注

  1. ^ a b c 常盤貴子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月20日閲覧。
  2. ^ 常盤貴子”. スターダストプロモーション. 2017年1月20日閲覧。
  3. ^ 第15回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『トクサツガガガ』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着 (2019年4月26日), 2019年4月26日閲覧。
  4. ^ “常盤貴子、4年ぶりにドラマ主演 16日「玉蘭」”. J-CASTテレビウォッチ (株式会社ジェイ・キャスト). (2007年6月13日). https://www.j-cast.com/tv/2007/06/13008387.html 2018年12月17日閲覧。 
  5. ^ 笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~”. フジテレビ. 2018年12月17日閲覧。
  6. ^ ロス:タイム:ライフ 2008年3月15日(土)放送 華麗なる極道の妻へ愛する夫の仇討ち!駆け抜けた命の花が散る時”. フジテレビ. 2018年12月17日閲覧。
  7. ^ “「眉山」ドラマ化決定、常盤貴子&富司純子”. J-CASTテレビウォッチ (株式会社ジェイ・キャスト). (2007年7月9日). https://www.j-cast.com/tv/2007/07/09009129.html 2018年12月17日閲覧。 
  8. ^ “09年大河『天地人』妻夫木の妻に常盤 長澤、相武ら共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年6月3日). https://www.oricon.co.jp/news/55160/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  9. ^ ““常盤貴子×北川悦吏子”のSPドラマ放送直前! 常盤が母への思いを語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年9月10日). https://thetv.jp/news/detail/16980/ 2018年12月17日閲覧。 
  10. ^ “松尾スズキ&常盤貴子「TAROの塔」で岡本太郎さん生涯描く”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2010年12月6日). https://eiga.com/news/20101206/22/ 2018年12月17日閲覧。 
  11. ^ “超人気ミステリーを永作博美&藤原竜也&常盤貴子で初テレビドラマ化 東野圭吾3週連続スペシャル”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2011年5月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0032436 2018年12月17日閲覧。 
  12. ^ “常盤貴子:NHKドラマ「神様の女房」で松下幸之助の妻役 夫役は筒井道隆”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2011年7月17日). https://mantan-web.jp/article/20110717dog00m200002000c.html 2018年12月17日閲覧。 
  13. ^ “常盤貴子、内野聖陽主演『忠臣蔵』でヒロイン・堀部安兵衛の妻”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2002570/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  14. ^ “尾野真千子、悪女を嬉々と演じる 初共演・常盤貴子とも意気投合”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年10月30日). https://eiga.com/news/20121030/6/ 2018年12月17日閲覧。 
  15. ^ 『再会』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2012年2月16日). 2012年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月17日閲覧。
  16. ^ “2013年1月の日曜劇場で直木賞作家・重松清のベストセラー「とんび」が連続ドラマ化!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/34520/ 2018年12月17日閲覧。 
  17. ^ “常盤貴子、笑顔で余命わずかな母役 夫役田辺誠一「今年1番の感動作」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年1月25日). https://eiga.com/news/20130125/3/ 2018年12月17日閲覧。 
  18. ^ “常盤貴子×谷原章介×北川悦吏子で描く“逢わない”恋…ドラマ「月に祈るピエロ」”. シネマカフェ (イード). (2013年8月29日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/08/29/18856.html 2018年12月17日閲覧。 
  19. ^ “大沢たかお主演、半世紀前の東京五輪招致舞台裏をドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2041449/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  20. ^ 平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」出演者発表!”. NHK (2014年9月8日). 2018年12月17日閲覧。
  21. ^ 北村一輝「恋愛ドラマの帝王になる」、常盤貴子との初ラブストーリーにハイテンション”. クランクイン! (2015年12月22日). 2015年12月25日閲覧。
  22. ^ “シニア世代向け帯ドラマに常盤貴子、松岡茉優、草刈民代ら出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2083437/full/ 2016年12月22日閲覧。 
  23. ^ クリスマスイヴに鬼畜⁈ 常盤貴子、松本清張の傑作ドラマ化に「シビレました」”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2017年12月4日). 2018年12月17日閲覧。
  24. ^ “常盤貴子:ドラマ「夕凪の街 桜の国」で主演 川栄李奈も出演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年3月28日). https://mantan-web.jp/article/20180327dog00m200019000c.html 2018年3月28日閲覧。 
  25. ^ “山田洋次監督の『遙かなる山の呼び声』、主演・阿部寛&常盤貴子でドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2105478/full/ 2018年2月9日閲覧。 
  26. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  27. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  28. ^ 常盤貴子と池松壮亮が東陽一の最新作「だれかの木琴」で共演、原作は井上荒野”. 映画ナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。
  29. ^ 第29回民教協スペシャル 英雄の妻 敦子〜激動の日中関係を生きた女の人生〜(民間放送教育協会)、2015年2月8日閲覧
  30. ^ ケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台のキャスト発表 麻実れい「すてきな予感がする」”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。

外部リンク