田畑 智子(たばた ともこ、1980年12月26日 - )は、日本女優

たばた ともこ
田畑 智子
本名 田畑 智子
生年月日 (1980-12-26) 1980年12月26日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市東山区[要出典]
身長 157 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1993年[1] -
配偶者 岡田義徳2018年 - )
事務所 カムトゥルー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品

ドラマ
NHK連続テレビ小説私の青空
私の青空2002
風立ちぬ
救命病棟24時
天体観測
新・夜逃げ屋本舗
ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏


映画
お引越し
血と骨
隠し剣 鬼の爪
大停電の夜に
ハッピーフライト
さんかく
ふがいない僕は空を見た
舞妓はレディ
備考
・生家は祇園享保年間創業の老舗料亭鳥居本
テンプレートを表示

京都府京都市東山区[要出典]出身。所属事務所はカノックス・フィルム[要出典]鈍牛倶楽部[2][要出典]フロム・ファーストプロダクション[3]を経てカムトゥルー。夫は俳優の岡田義徳

経歴・概歴

京都祇園享保年間創業の老舗料亭「鳥居本」に生まれる[4]聖母学院小学校聖母学院中学高等学校から金光第一高等学校(現・金光大阪高等学校)に転学、卒業。龍谷大学文学部哲学科中退。

由緒正しく厳しい家庭で育ち将来は家業を継ぐか舞妓にと考えていたが、11歳の時、中井貴一の娘役を演じる小学校高学年の女の子を探していて、祇園で飲んでいる際に「鳥居本」にその年代の女の子がいると聞きつけた映画監督の相米慎二が来店。挨拶に呼ばれたお座敷で対面した相米に誘われ参加したオーディションで、8,258人の応募者の中から映画『お引越し』(1993年公開)のヒロイン・漆場レンコ役に抜擢される[4][5][6]

12歳の時、「カノックスフィルム」に所属し、1992年公開の映画『お引越し』の主演女優としてデビュー。新人賞を多数受賞した。

1996年から2001年まで、久世光彦演出ドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年出演する。2000年には、NHK連続テレビ小説私の青空』でヒロインとなる。なお2002年には「月曜ドラマシリーズ」で連続テレビ小説作品史上初の続編となる『私の青空2002』も放映された。

ディズニー映画『リロ・アンド・スティッチ』の吹き替えで声優デビューも果たす。2004年には大河ドラマ『新選組!』で近藤勇の妻・つね役を演じる。そのほか、崔洋一監督の『血と骨』ではビートたけしの娘役をつとめた。また山田洋次監督の『隠し剣 鬼の爪』では、吉岡秀隆の妻役を演じた。

2011年8月29日発売の写真集「月刊 NEO 田畑智子」』(松井康一郎撮影、イーネットフロンティア)にて自身の30歳を記念しフルヌードに挑戦、初めてヘアヌードを披露した。本人は、「撮影に入るまでは脱ぐと思っていませんでした。でも、衣装を決めて現場に入って、カメラマンと二人きりになって……。自分の体がどう写るのか、見てみたかったんです。30歳になったというのも自分の中では大きくて、何か形になるものを残したかったというのもあります。小学校で転機が一度訪れているので、この写真発表が2度目ということになるんでしょうか(笑)」と語っている[7]

私生活では、「もともと大好きな役者さんだった」という俳優の岡田義徳と2011年の舞台『わらいのまち』での共演を機に交際に発展し、同年に交際が報じられ、2015年には一時、距離を置いたが復縁し、交際と破局を繰り返しつつ岡田の転居を機に同居を開始。出会いから6年半を経て2018年1月1日に婚姻届を提出し結婚[8][9]。5月30日放送の『今夜くらべてみましたSP』(日本テレビ系)の番組内で第1子の妊娠を明かし[10]、10月25日、第1子男児を出産[11]

人物・エピソード

  • 実家周辺は遊び場がなく、また老舗料亭だった事から元芸妓の祖母や両親から京都人として厳しく躾られた。トイレは夜間は客人と共用のために短時間で済ませ、家の中では「京言葉」と正座を常に求められた。また習い事も数多く経験し、卒業した学校(聖母学院・金光大阪)の校則も厳しいという甘えのない環境は上京するまで続いた。当時は不満も大きかったが、時代劇で着物や作法に苦労しなかった時に初めて祖母・両親へ感謝の気持ちを抱いたという[12][出典無効]
  • 高校時代は書道[13]。同級生にサッカー選手の斉藤大介がいる。
  • NHKのBSプレミアムの『世界ふれあい街歩き』等、ナレーターを務めることもある。
  • 恋するハニカミ!』では小泉孝太郎とデートし[要出典]ハニカミアワードという公式サイト投票において1位を獲得する[要出典]デートのドライブ中に小泉が運転する車の助手席で居眠りしてしまった場面も放送された[要出典]
  • チュートリアル徳井のファン[14][出典無効]あっぱれ!!さんま新教授』において対面し、電話番号を渡したがその後の進展は不明[要出典]
  • 関ジャニ∞渋谷すばるのジャニーズJr.時代からの大ファンであり『関ジャニ∞のジャニ勉』 (2012年11月7日放送)にゲスト出演した際、渋谷の魅力を語りお手製オムライスを食べてもらう。ただ、本当にファンなので実際には会いたくなかったと発言[要出典]母親と共に関ジャニ∞のファンでもある[要出典]

出演

テレビドラマ

映画

舞台

  • ニンゲン御破産(2003年) - お吉 役
  • 夜叉ヶ池(2004年、三池崇史演出) - 百合 役
  • もとの黙阿弥(2005年) - お琴 役
  • 奇跡の人(2006年) - アニー・サリバン 役
  • たとえば野に咲く花のように - アンドロマケ(2007年) - 四宮あかね 役
  • 羊と兵隊(2008年)
  • トム・プロジェクト 田畑智子ひとり芝居「バッタモン」(2008年10月29日 - 11月3日、中津留章仁演出)
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2009年) - 樋口夏子 役
  • この雨 ふりやむとき(2010年) - ガブリエル・ヨーク 役
  • わらいのまち(2011年9月4日 - 24日、宅間孝行演出) - 真知子 役[18]
  • 幕末太陽傳(2015年9月、本多劇場[19]
  • 母と惑星について、および自転する女たちの記録(2016年7月、パルコ劇場) - 美咲 役[20]
    • 母と惑星について、および自転する女たちの記録(2019年3月5日 - 4月25日、東京・高知・福岡・京都・愛知・長崎、栗山民也演出) - 長女 役[21]
  • 地人会新社 第6回公演「豚小屋」(2017年1月7日 - 15日、新国立劇場小劇場) - プラスコーヴャ 役[22]
  • FORTUNE(2020年1月13日 - 3月1日、東京・長野・大阪・福岡、ショーン・ホームズ演出) - ルーシー 役[23]

吹き替え

  • リロ・アンド・スティッチ - リロの姉・ナニ 役
    • リロ・アンド・スティッチ2
    • スティッチ!ザ・ムービー
    • リロイ・アンド・スティッチ
    • リロ・アンド・スティッチ ザ・シリーズ

ラジオ

朗読

CM

ナレーション

写真集

DVD

  • kazuko's case 〜月刊 NEO ムービー 田畑 智子〜(2011年9月9日、イーネット・フロンティア、監督:入江悠

受賞歴

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 2002年5月14日にテレビ朝日系で放送され、未放送のシーンが追加された再編集劇場版が、同年10月5日より全国4ヵ所で順次公開された。

出典

  1. ^ 田畑 智子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年1月27日閲覧。
  2. ^ 田畑 智子”. 鈍牛倶楽部. PROFILE. 2015年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  3. ^ 田畑智子(Tomoko Tabata)”. フロム・ファーストプロダクション. 2016年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  4. ^ a b 杉山実 (2019年2月16日). “田畑智子、老舗料亭の娘がなぜ女優に?きっかけを告白”. RBB TODAY (イード). https://www.rbbtoday.com/article/2019/02/16/167822.html 2020年1月27日閲覧。 
  5. ^ 井上健一 (2011年11月20日). “『お引越し』トーク(ゲスト:田畑智子さん)”. 第12回東京フィルメックス. 2020年1月27日閲覧。
  6. ^ お引越し”. 映画.com. 作品情報. 2020年1月27日閲覧。
  7. ^ 週刊現代』2011年8月20・27日合併号より。写真集発売より前に同誌でフルヌードを公開している。
  8. ^ “岡田義徳と田畑智子が1日に結婚「紆余曲折ありましたが…」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年1月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/09/0010881726.shtml 2018年1月9日閲覧。 
  9. ^ “田畑智子、岡田義徳との“破局”の真相は「いったん離れて、もう1回つきあおう」 6年半の交際と結婚を語る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月16日). https://hochi.news/articles/20190216-OHT1T50183.html 2020年1月26日閲覧。 
  10. ^ “田畑智子 第1子妊娠、11月出産予定を発表 夫・岡田義徳もツイッターで報告”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年5月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/30/0011308699.shtml 2018年5月30日閲覧。 
  11. ^ “田畑智子、第1子男児出産!立ち会った夫の岡田義徳「涙しました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年11月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181102/mrg18110203000001-n1.html 2018年11月2日閲覧。 
  12. ^ スタジオパークからこんにちは」(2011年3月1日)や『笑っていいとも!』(2013年9月13日)出演時に本人が証言。[出典無効]
  13. ^ 輝く卒業生”. 金光大阪中学校・高等学校. 2015年12月2日閲覧。
  14. ^ あっぱれ!!さんま新教授』(2008年02月10日、フジテレビ[出典無効]
  15. ^ “八甲田丸で撮影中!出演者が意気込みを語る!”. NHK PR. (2016年6月1日). オリジナルの2016年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160913114359/http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=06030 2016年9月1日閲覧。 
  16. ^ 田畑智子主演「鉄の子」来年2月公開!主題歌は「GLIM SPANKY」の人気バラード”. 映画.com (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。
  17. ^ “田畑智子、3年ぶり主演映画で見せる肝っ玉母さんぶりが公開”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年12月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078506 2015年12月2日閲覧。 
  18. ^ 東京セレソンデラックス2011年本公演「わらいのまち」”. 東京セレソンデラックス. 2015年11月6日閲覧。
  19. ^ 青木崇高主演×江本純子演出で映画「幕末太陽傳」が舞台化”. シアターガイド (2015年7月13日). 2015年7月14日閲覧。
  20. ^ “斉藤由貴“鬼母”役で新境地「母と惑星…」一時休館パルコ劇場に恩返し”. スポニチアネックス. (2016年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/04/kiji/K20160704012883800.html 2016年7月4日閲覧。 
  21. ^ 母と惑星について、および自転する女たちの記録 公式サイト” (日本語). PARCO STAGE -パルコステージ-. 2020年2月5日閲覧。
  22. ^ “北村有起哉×田畑智子「豚小屋」で暮らす脱走兵夫婦に、翻訳・演出は栗山民也”. ステージナタリー. (2016年9月25日). http://natalie.mu/stage/news/202988 2016年9月26日閲覧。 
  23. ^ FORTUNE 公式サイト” (日本語). PARCO STAGE -パルコステージ-. 2020年2月5日閲覧。
  24. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R02685
  25. ^ a b c d 田畑智子のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月1日閲覧。
  26. ^ “毎日映画コンクール、大賞は周防正行監督『終の信託』”. マイナビニュース (株式会社 マイナビ). (2013年1月18日). http://news.mynavi.jp/news/2013/01/18/045/ 2015年12月2日閲覧。 

外部リンク