赤根 智子(あかね ともこ、1956年6月28日 - )は、日本検察官名古屋大学大学院法学研究科教授中京大学大学院法務研究科教授、女性初の法務省法務総合研究所所長、最高検察庁検事兼国際司法協力担当大使等を歴任し、現職は国際刑事裁判所(ICC、International Criminal Court)判事。

概要編集

1980年に東京大学法学部を卒業後、1982年に検事任官。横浜、名古屋、仙台、東京各地方検察庁で勤務。名古屋大学大学院法学研究科教授や中京大学大学院法務研究科教授として高等教育に関わるほか、法務省法務総合研究所国際協力部長、国連アジア極東犯罪防止研修所所長などとして法整備支援にも携わる。函館地方検察庁検事正、女性初の法務総合研究所所長、最高検察庁検事なども歴任した後、齋賀富美子尾崎久仁子に次ぐ日本人3人目となる国際刑事裁判所(ICC)判事に就任[1]

略歴編集


脚注編集

[脚注の使い方]


関連項目編集

外部リンク編集