越前漆器

越前漆器(えちぜんしっき)は、福井県鯖江市で生産される伝統工芸品である。

目次

歴史編集

越前漆器は、鯖江市の三大地場産業である眼鏡、繊維、漆器の一つで特に河和田地区において盛んである。

大和飛鳥時代に、継体天皇が今立郡味真野の郷に来た際、冠の塗り替えを片山町の 塗師に頼んだところ、黒漆の椀も併せて献上した。その光沢の見事さに深く感銘して、大いに奨励されたことが越前漆器の始まりと伝えらる。[1]明治まで「片山椀」といわれる漆器のみ製造していた。 明治時代になり蒔絵、沈金、などの技法が導入され、さらに伝統的製法による椀や膳を業務用食器として普及してから、全国に知られるようになった。1960年代頃から、プラスチック素地を導入、大量生産が可能となり業務用漆器の8割以上を生産している産地である。

1975年経済産業大臣指定伝統的工芸品に選ばれた。

特徴編集

古典的な優雅さと堅牢なことで知られており、白木地に「うるし」を原料とした椀・膳・重箱等「河和田塗」の名称で全国に知られている。[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 河田貫三著、『福井県物産誌』、1902年、福井工業新報社、国立国会図書館
  • 財務省北陸財務局経済調査課著 「北陸財務局統計年報 平成20年版」

関連項目編集

外部リンク編集