メインメニューを開く

輝く郷土」(かがやくきょうど)は日本都道府県の一つ、宮城県1946年昭和21年)に制定した2代目の県民歌である。作詞・遠山徳男、作曲・福井文彦

輝く郷土
(宮城県2代目県民歌)

県民歌の対象
Flag of Miyagi Prefecture.svg 宮城県

作詞 遠山徳男
作曲 福井文彦
採用時期 1946年
採用終了1960年代 - 1970年代
言語 日本語
テンプレートを表示

本項では同じSPレコードのB面に収録されている「宮城県体育歌」(みやぎけんたいいくか)についても解説する。

解説編集

輝く郷土
藤山一郎安西愛子シングル
B面 宮城県体育歌
リリース
規格 SPレコード
ジャンル 都道府県民歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:遠山徳男
作曲:福井文彦
テンプレートを表示

宮城県には1941年(昭和16年)の太平洋戦争開戦以前から1938年(昭和13年)に発表された「宮城県民歌」が存在していたが、戦前に制定された他の県民歌の多くと同様に1945年(昭和20年)の終戦を境として演奏が控えられるようになった。そのため「戦争により荒廃した県土の復興と理想の郷土を新たに築くための士気高揚」を制定意義とする「復興県民歌」として新たな県民歌を作成することになり、宮城県と旧「宮城県民歌」制定を主導した河北新報社が合同で歌詞の公募を実施した[1]

蔵王山松島青葉城など県内の名所を歌い込んだ旧「県民歌」に対し、本曲は五七五調で労働の喜びを歌い上げて新しい郷土の建設にかけた意気込みを表現するものとなっている。1952年(昭和27年)には、日本コロムビア藤山一郎安西愛子の歌唱によりレコードを製造した[1]。このレコードのB面には宮城県・山形県福島県が共同開催する第7回国民体育大会(東北3県国体)に合わせて作られた「宮城県体育歌」(作詞・小川保、作曲・福井文彦)が収録されている。

宮城県の公式サイトでは旧「県民歌」も「輝く郷土」と合わせて紹介されているが、現在の正式な県民歌については2代目の「輝く郷土」1曲のみと規定している[2]。ただし「輝く郷土」も旧「県民歌」も1960年代から1970年代にかけて廃れていた時期があり[1]、この当時の資料では県民歌を「未制定」とするものが多い[3][4]

脚注編集

  1. ^ a b c 「宮城県民歌ってご存じですか?」東北放送『若生哲旺 Goodモーニング』)
  2. ^ 中山裕一郎 監修『全国 都道府県の歌・市の歌』(東京堂出版2012年ISBN 978-4-490-20803-0 、31ページ「表1 都道府県の歌の制定年」。
  3. ^ 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、143ページ。
  4. ^ 藤沢優『世界の国旗・国歌総覧 付・日本都道府県別県旗県歌総集』(岩崎書店1976年)、450ページ。

関連項目編集

  • 兵庫県民歌 - 1947年(昭和22年)に制定されたが、2014年平成26年)までは制定主体であるはずの兵庫県により存在を否定され一時期の「輝く郷土」と同様の状態に置かれていた。

外部リンク編集