追分だんご本舗(おいわけだんごほんぽ)は、東京都新宿区新宿三丁目にある和菓子[1]団子が新宿銘菓として知られ、古くからの由来を持つ老舗である。全国和菓子協会会員店[2]

株式会社 追分だんご本舗
Oiwake Dango1.jpg
追分だんご本舗
(2010年11月28日撮影)
店舗概要
所在地 161-0033
東京都新宿区新宿三丁目1番22号
座標 北緯35度41分25.56秒 東経139度42分18.82秒 / 北緯35.6904333度 東経139.7052278度 / 35.6904333; 139.7052278 (追分だんご本舗)座標: 北緯35度41分25.56秒 東経139度42分18.82秒 / 北緯35.6904333度 東経139.7052278度 / 35.6904333; 139.7052278 (追分だんご本舗)
閉業日 無休
正式名称 株式会社 追分だんご本舗
施設所有者 代表取締役社長 藤井俊明
店舗数 都内1店舗
営業時間 午前10時 - 午後8時30分
駐車台数 0台
最寄駅 新宿三丁目駅
新宿駅
新宿御苑前駅
最寄IC 首都高速初台出入口
外部リンク http://www.oiwakedango.co.jp/index.html
テンプレートを表示

由来編集

「追分だんご」の由来は、1455年康正元年)に太田道灌江戸城を築城中、武蔵品川の館から武蔵野鷹狩りに行った帰り道、高井戸中秋の名月のもとで宴を張っていたところ、土着の名族から手つきの団子が献上され道灌は大いに喜び、その後も団子を所望したといわれる。

のちに高井戸宿甲州街道の始駅となり、団子屋は柳茶屋と号し茶屋として大いに繁盛した。1698年元禄11年)、内藤新宿伝馬の宿駅となり、柳茶屋も新宿追分に移転し「追分だんご」と呼ばれるようになった。

事業所編集

株式会社追分だんご本舗英語: OiwakeDango Co.,Ltd.,)として法人化している[3]本社所在地は新宿本店と同一。1945年(昭和20年)設立[要出典]

新宿区下落合1丁目2-11(フジイビル5階)に営業部を置き[4][5]オンラインショップの運営を行っていたが[4]2020年令和2年)10月5日よりオンラインショップは休業している[6]

店舗編集

 
新宿本店 店頭の様子
(2009年2月19日撮影)

かつては東京都内に6店舗を有し、百貨店デパ地下)などに出店していた時期もあった。

2020年時点では新宿本店と、新宿駅西口地下の「メトロ食堂街」に出店していた新宿西口メトロ店の2店舗となっていたが[1]、メトロ食堂街の閉鎖により新宿西口メトロ店が閉店[1]、2020年10月現在は新宿本店のみ営業している[1]

商品が売り切れた場合は、営業時間内でも閉店時間を繰り上げて閉店する場合がある[1]

新宿本店編集

  • 所在地 - 東京都新宿区新宿三丁目1番22号[1]
  • 定休日 - 正月三が日1月1日~3日)
  • 営業時間
    • 販売:午前10時 - 午後8時30分
    • 喫茶:月 - 金曜日 午前11時 - 午後7時、土・日曜日・祝日 午前11時 - 午後8時
  • 駐車場 - 無し

新宿西口メトロ店(閉店)編集

  • 所在地 - 東京都新宿区西新宿一丁目1番2号 メトロ食堂街 地下1階(新宿駅西口地下)
  • 定休日 - 1月1日
  • 営業時間
    • 販売:午前10時 - 午後9時
    • 喫茶:午前10時30分 - 午後9時
  • 駐車場 - 無し
1966年(昭和41年)9月9日[7][8][9][10]のメトロ食堂街オープン時より出店していたが、2020年9月30日のメトロ食堂街閉鎖により閉店[11][12][13]、54年の歴史に終止符を打った[12][13][14][15][16][17][18]

商品編集

2019年(令和元年)10月1日現在のおしながきより[19]。季節により商品は変更される。

商品の消費期限は、製造当日限りとなっている[19]

定番商品編集

  • 追分だんご
    • こしあん、白あん、よもぎ(つぶあん・こしあん)、みたらし、ごまたれ、生醤油
    • きなこ、のり巻き、のり七味、内藤とうがらし、大人のみたらし(山椒・七味入)、大人の生醤油(山椒・七味入)
    • 茶あん、生姜
  • 生菓子
    • 豆大福、豆餅、あんみつ

季節限定商品編集

    • 栗あんだんご、栗大福、栗あんみつ
    • ゆずあんだんご、松茸だんご
    • お月見だんご(十三夜・十五夜)
    • おはぎ(つぶあん・こしあん・きなこ・ごま)
    • いちご大福、いちごあんだんご、いちごあんみつ
商品ギャラリー

交通アクセス編集

かつては店舗の近くに、京王電気軌道(現:京王電鉄)の初代新宿駅であった「新宿追分駅」が所在した。現在も「新宿追分」停留所があり、新宿区のコミュニティバス新宿WEバス」や都営バスが停車する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 店舗紹介”. 追分だんご本舗. 2020年12月22日閲覧。
  2. ^ 全国和菓子協会会員店リンク | 東京都”. 全国和菓子協会. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ 追分だんご本舗”. 新宿サーチ. 協同組合 新宿専門店会. 2020年12月22日閲覧。
  4. ^ a b 追分だんご本舗 オンラインショップ”. ChamaNet. 2020年12月22日閲覧。
  5. ^ 株式会社追分だんご本舗 営業部(東京都新宿区下落合)”. Yahoo!ロコ. 2020年12月22日閲覧。
  6. ^ ネットショップ休業のお知らせ”. 追分だんご本舗. 2020年12月22日閲覧。
  7. ^ 2016年ニュースリリース|メトロ食堂街開業50周年記念イベントを開催!”. 東京メトロ. 東京地下鉄 (2016年8月25日). 2020年10月1日閲覧。
  8. ^ ニュースリリース「メトロ食堂街開業50周年記念イベントを開催!」”. 東京メトロ. 東京地下鉄 (2016年8月25日). 2020年10月1日閲覧。
  9. ^ メトロ食堂街開業50周年記念イベントを開催!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 株式会社地下鉄ビルデイング (2016年8月25日). 2020年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  10. ^ 新宿駅直結「メトロ食堂街」、50周年に向けイベント”. 新宿経済新聞 (2016年4月27日). 2020年10月9日閲覧。
  11. ^ メトロ食堂街 ニュース” (日本語). 新宿メトロ食堂街. 東京メトロ都市開発. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  12. ^ a b メトロ食堂街、2020年9月30日閉館-新宿駅西口再開発を前に” (日本語). 都市商業研究所 (2020年9月30日). 2020年9月29日閲覧。
  13. ^ a b 新宿駅「メトロ食堂街」9月30日閉館 | RailLab ニュース” (日本語). レイルラボ(RailLab) (2020年9月4日). 2020年9月29日閲覧。
  14. ^ 新宿西口地下の「メトロ食堂街」が9月30日で閉館へ 「ショック」「名店揃いだったのでかなり残念」など惜しむ声も” (日本語). ねとらぼ. IT media (2020年8月14日). 2020年9月29日閲覧。
  15. ^ 丸ノ内線新宿駅のメトロ食堂街、9月30日で閉館” (日本語). TRAICY(トライシー) (2020年9月23日). 2020年9月29日閲覧。
  16. ^ “さよならメトロ食堂街、半世紀の歴史に幕 東京・新宿駅西口” (jp). 毎日新聞. (2020年9月30日). オリジナルの2020年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/gHSmo 2020年10月9日閲覧。 
  17. ^ 日本放送協会 (2020年9月30日). “さよなら新宿メトロ食堂街 (1) 墨繪 ~行列のできるパンが人気の洋食店~” (日本語). NHK首都圏ネットワーク「ちかさとナビ」. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧。
  18. ^ 日本放送協会 (2020年9月30日). “さよなら新宿メトロ食堂街 (2) タカノフルーツパーラー ~フルーツパフェに見る半世紀~” (日本語). NHK首都圏ネットワーク「ちかさとナビ」. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧。
  19. ^ a b 商品案内 追分だんご本舗、2019年10月1日、2020年12月21日閲覧。

参考文献編集

  • 藤井藤エ門著『花よりだんご』追分だんご本舗、1985年9月、国立国会図書館蔵書
  • 『追分だんご (デジタル大辞泉プラス) 』「東京都新宿区、追分だんご本舗が製造・販売する銘菓 新粉を使った団子を串に刺したもの」国立国会図書館参考情報

関連項目編集

外部リンク編集