道の駅望羊中山

北海道虻田郡喜茂別町にある国道230号の道の駅

道の駅望羊中山(みちのえき ぼうようなかやま)は、北海道虻田郡喜茂別町中山峠にある道の駅である[2]

望羊中山
道の駅望羊中山
登録路線 国道230号
登録 第1回 (01007)
登録年月日 1993年4月22日[1]
開駅年月日 不明
営業時間 8:30 - 17:30
所在地
044-0223
北海道虻田郡喜茂別町
字川上345
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート / プロジェクト道の駅

札幌と道南地方を結ぶ大動脈である国道230号沿いにある。

目次

概要編集

北海道で最初に登録された道の駅の一つで[1]、年間約112万人が訪れている[3][※ 1]

その名の通り、羊蹄山の雄大なパノラマを眺めることができる[3]スポットである。また、売店で売られているあげいも[2]、中山峠の名物[3]として道民にとってなじみ深いものである。4月から10月中旬には、建物前で近郊農家の野菜販売を行う中山峠マルシェが開設されている[3]

2003年(平成15年)4月25日から運営は道内リゾート会社最大手の加森観光となっている[4]

道路編集

アクセス編集

管理団体編集

  • 加森観光
    • 中山峠に所在する喜茂別町の町営施設「健民センター施設」は、加森観光が一括管理・運営を受諾している。

沿革編集

主な施設編集

  • 駐車場
    • 普通車:190台
    • 大型車:12台
    • 身障者用:7台
  • トイレ
    • 男:大 10器(1器)、小 21器(3器)
    • 女:32器(2器)
    • 身障者用:3器(1器)
    ※()内は24時間利用可能
  • 公衆電話:2台
  • レストラン「四季彩」[3] ※営業時間は、10:30 - 17:00
  • 峠のおみやげ[3]・コンビニ (8:30~17:30)
  • あげいもファクトリー
  • パノラマ展望台[3]
  • ファストフードコーナー

休館日編集

  • 年中無休

周辺編集

  • 中山峠スキー場
  • 中山峠写真の森美術館
  • 石碑「旧本願寺街道」
  • 石碑「現如上人之像」[37][38][39]
  • 石碑「アスパラガス栽培発祥之地」[40] 
  • 「アスパラガスの塔」[41][42]
  • 株式会社中山峠峠の茶屋
    • 「道の駅望羊中山」が洞爺湖町方面上り線方向に所在するのに対して「峠の茶屋」は札幌市方面下り線方向に存在する。
      • 無意根大橋、定山渓トンネルが完工し中山峠の通年通行化が可能になった翌年の1970年(昭和45年)創業[43]とされるが、1962年10月の道新の記録写真には、砂利道沿いの同所にて営業していた記録が残っている[44]
    • 名物は、道の駅望羊中山と同じく「あげいも」。
    • 札幌-洞爺湖/豊浦を結ぶ道南バスの中山峠停留所は、上下線とも峠の茶屋の駐車場内に設置され、同所では全便ドアを開けての解放休憩がある。
      • 同駐車場内には、晴れた日の羊蹄山との記念写真スポットとして知られる「中山峠」の碑(道南バス元・社長 徳中祐満揮毫)が存在する。
      • 廃止したじょうてつの急行札幌-洞爺湖線の停留所も上下線とも峠の茶屋駐車場内に設置されていた。

注釈編集

  1. ^ 2003年頃は約400万人[2]
  2. ^ 1997年4月より長期休館状態であり[9]2009年に喜茂別町議会において直ちに建物除却が必要な状態にあることを町長が認めており[10]、その後解体された

出典編集

  1. ^ a b c “道の駅…羊蹄中山・スタープラザ芦別・足寄湖など、道内に14ヵ所誕生-建設省が登録証交付。地域振興兼ね宿泊施設、資料館も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1993年4月23日)
  2. ^ a b c “212新聞 後志 喜茂別町 「あげいも」目の前で”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年10月15日)
  3. ^ a b c d e f g 『財界さっぽろ(2017年10月号)』第55巻第10号、財界さっぽろ、2017年9月15日、 19頁。
  4. ^ a b “中山峠の観光施設 加森観光と契約 25日再開、来季ホテルも”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年4月8日)
  5. ^ a b c d e f g 北海道喜茂別町町勢要覧2011「きもべつさ~ん こんにちは」28ページより
  6. ^ 陸上自衛隊第11旅団第11施設隊 第11施設隊の沿革。このページによると、健民センター新設工事には陸上自衛隊第11施設大隊(当時)が工事を受諾している
  7. ^ a b 道の駅と地域振興
  8. ^ 人気上昇早くも予約 道立ユースホステル誕生 中山峠健民センターに 北海道立中山峠ユースホステル 1967/01/11掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  9. ^ 解約YH 北海道
  10. ^ 平成21年度町政執行方針(平成21年3月 喜茂別町議会第1回定例会)
  11. ^ 中山峠に新名所 観光施設 新装オープンした中山峠の物産館 1983/11/30掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  12. ^ 広報きもべつ 2016年04月号(No.784) 2-3ページ - 北海道喜茂別町
  13. ^ 宿 ご案内 中山峠 町営ホテル近く完成 来年1月の完成を目指す町営ホテル=後志管内喜茂別町中山峠 1983/12/01掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  14. ^ 道の駅…羊蹄中山・スタープラザ芦別・足寄湖など、道内に14ヵ所誕生-建設省が登録証交付。地域振興兼ね宿泊施設、資料館も 「道の駅」に登録された中山峠の駐車場=北海道新聞社ヘリコプターから撮影 1993/04/23掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞。資料の写真手前が「望羊中山」、奥側が「峠の茶屋」。
  15. ^ a b c d e 北海道倒産INDEX 2003年1月11日 (土) (株)喜茂別[喜茂別町]
  16. ^ <あんぐる>6月開館の「中山峠森の美術館」 入館者数 懸念する声も 短い観光客の滞在 7月・町長選の争点に… 完成した「中山峠森の美術館」の外観 2000/03/04掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  17. ^ 絵画など1100点収蔵 中山峠森の美術館オープン 中山峠森の美術館前で行われた開館式 2000/06/24掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  18. ^ 北海道倒産INDEX 2001年12月21日 岩倉土地開発(株)[苫小牧市]。株式会社喜茂別の資本金は5千万円。そのうち岩倉の出資比率は55%。倒産時の負債総額37億2400万円。
  19. ^ 中山峠スキー場など4施設 喜茂別町、明け渡し請求 賃貸先 6千万円を滞納 賃貸料滞納で喜茂別町が明け渡しを求めている中山峠・道の駅にある物産館 2002/02/23掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  20. ^ 中山峠物産館を閉鎖 賃料トラブル きょうから 再開めど立たず 併設コンビニは営業続行 中山峠の物産館。正面玄関左側のコンビニエンスストアは営業を続ける=26日 2002/12/01掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  21. ^ 喜茂別町 中山峠物産館経営会社が破産 債権2億円回収困難に 町長「あきらめていない」 除雪をしなくなり、雪壁に埋もれた中山峠物産館 2003/01/13 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  22. ^ 閉鎖中の中山峠物産館 運営、10社が名乗り 喜茂別町が公募で選定 5月連休前に再開 喜茂別町が新たな運営先を募っている中山峠物産館=昨年11月撮影 2003/02/20掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  23. ^ 中山峠の観光施設 加森観光と契約 25日再開、来季ホテルも 加森観光の運営で25日から再開する中山峠物産館 2003/04/08掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  24. ^ 中山峠物産館が5カ月ぶり再開 5カ月ぶりに再開し、観光客らが訪れた中山峠の物産館「望羊中山」=25日午前11時 2003/04/25掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  25. ^ 道内の風景写真を中山峠で鑑賞して 美術館開館 後志管内喜茂別町の中山峠に23日、「中山峠写真の森美術館」がオープンした 2005/07/24掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  26. ^ 中山峠崩落 2カ所で土砂流出 二次災害の恐れも 国道230号の中山峠近くで発生した土砂崩れの現場=7日午前8時30分、本社ヘリから 2012/05/07掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  27. ^ 中山峠崩落 急な融雪 大雨追い打ち 硬い地盤上 土砂滑る 地盤沈下による路面の陥没(手前)や道路脇の斜面の土砂崩れ(奥)が発生した国道230号=7日午前8時15分、札幌市南区定山渓の中山峠付近。本社ヘリから 2012/05/08掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  28. ^ 中山峠 19日ぶり開通 まず片側、全面は週末 片側交互通行で開通した国道230号(上が札幌方向)。道路下ののり面は土砂崩れで崩落したままだ=23日午前6時20分、本社ヘリから 2012/05/23掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  29. ^ 中山峠 笑顔戻る まず片側 19日ぶり開通 19日ぶりに開通したものの、のり面は崩れたままの国道230号の中山峠=23日午前6時5分ごろ、本社ヘリから 2012/05/24掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  30. ^ 「いつもの週末やっと」 中山峠全面開通 飲食店にぎわう 土砂崩れ現場も全面復旧し、乗用車やトラックがすれ違う国道230号=26日午前9時30分 2012/05/27掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  31. ^ [HBC] 中山峠の道の駅「望羊中山」で火事: 4日夜、「揚げいも」の販売で有名な中山峠の道の駅、「望羊中山」から火が出て厨房の床などが焼けました。twitter 北海道のニュース(道新以外)β@NewsHokkaido 2013年4月5日10時29分発信
  32. ^ 「望羊中山」2週間休業 火災に観光客落胆 4日夜に火災が発生した商業施設「道の駅望羊中山」 2013/04/06掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  33. ^ 暴風雨 中山峠また土砂崩れ 釧路、標茶町 400人に避難勧告 国道230号の中山峠付近で発生した土砂崩れ。茶色の山肌があらわになり、電柱も谷側に大きくずり落ちていた=7日午後4時20分 2013/04/08掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  34. ^ 中山峠復旧めど立たず 暴風雨 厚岸など土砂崩れ 路肩が長さ約50mにわたって崩壊し、通行止めとなっている国道230号=8日午後0時40分、札幌市南区定山渓、本社ヘリから 2013/04/08掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  35. ^ 昨年の現場近く 土砂崩れなぜ? 豪雨と融雪 地盤に緩み 「弱い地質」指摘も 土砂崩れで路肩が崩れ、ガードロープが埋まった現場で調査する作業員たち=8日午後3時25分、札幌市南区定山渓 2013/04/09掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  36. ^ 中山峠開通 早い復旧「良かった」 相次ぐ事故 不安の声も 片側交互通行で開通した国道230号では、バスや乗用車が次々と通過した=12日午後3時10分、札幌市南区定山渓 2013/04/13掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  37. ^ 現如上人碑建設予定地に集まった関係者たち=札幌 1964/08/19掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  38. ^ “北門開拓・現如上人の像”の除幕式が8日、中山峠頂上に来賓、関係者約500人が参加して行われた 1967/10/09 掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  39. ^ 1969年、現如の渡道・開教百年に際し、功績を顕彰。副碑・碑文。副碑は1979年10月8日建立
  40. ^ 「喜茂別町のアスパラガス栽培は昭和4年より始められわが国アスパラガス栽培の発祥の地である」喜茂別町・クレードル興農株式会社・喜茂別町農業協同組合・喜茂別町アスパラガス耕作組合により1965年建立。元・北海道知事町村金吾揮毫 同碑・碑文
  41. ^ アスパラガスの栽培発祥地を記念し、1989年喜茂別町により建立。同碑・碑文
  42. ^ 中山峠に銀色の「アスパラの塔」-喜茂別 後志管内喜茂別町がふるさと創生資金を使って町営中山峠健民センター物産館前の花壇に建設していた高さ10mもある「アスパラの塔」がこのほど完成 1990/02/06掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  43. ^ 株式会社中山峠峠の茶屋 - Archive.is (2016年5月17日 02:34:02 UTC)
  44. ^ ドライブウエーに変わる“中山峠” 峠の茶屋はモルタル塗り2階建て。マイ・カー族がもみじ狩りに押しかけてくる=中山峠無料休憩所 1962/10/12掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞。なお、前年1961年の道新記事文章内に「茶屋」の名称が出てくるが、現「峠の茶屋」との関係は不明。
  45. ^ 会社概要 - わかさや本舗

関連項目編集

外部リンク編集