遠山景朝

平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。遠山氏の初代。美濃国遠山荘の地頭。加藤景廉の長男。

遠山 景朝(とおやま かげとも)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将遠山氏の初代。美濃国遠山荘地頭藤原利仁の流れを汲む加藤景廉の長男。

 
遠山景朝
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下大蔵大輔號大夫判官
幕府 鎌倉幕府
主君 源実朝九条頼経北条泰時
氏族 藤原利仁流、加藤氏
父母 加藤景廉
兄弟 加藤景尚加藤景長加藤景義加藤景経
不明
遠山景村遠山景重遠山景員
テンプレートを表示

経歴編集

父親の加藤景廉は源頼朝の信任が厚く鎌倉幕府成立後に御家人となり、各地に荘園を与えられた。その荘園の中で美濃国恵那郡遠山荘(現在の岐阜県恵那市中津川市の大部分と瑞浪市の陶地区)を長男の景朝が相続して地頭となり、遠山氏を称し岩村城を本拠地として統治した。当初は加藤太郎と称したが、その後、遠山左衛門尉景朝と称した。建仁3年(1203年)9月の比企能員の変において北条時政の命で比企能員を謀殺した仁田忠常を父親の景廉と伴に倒して功を立てたと『吾妻鏡』に記されている。承久元年(1219年)には鎌倉幕府の4代将軍と決まった九条頼経を京都から鎌倉にむかう際に随行した。承久3年(1221年)6月の承久の乱では武田信光らと共に東山道の兵5万人を引き連れて京へ攻め上り瀬田や宇治の戦いで、鎌倉幕府が朝廷に勝利した後、北条泰時の命により、朝廷側の公家一条信能を遠山荘の岩村に連行し斬首。承久年間(1219年1222年)、岩村城の敷地内に八幡神社を創建し、誉田別命及び配神として加藤景廉を祀った。嘉禎元年(1235年)8月には、父の加藤景廉の遺領の伊豆国狩野荘牧之郷の地頭職を、弟の加藤景義と争い鎌倉幕府の評定衆の評議により勝訴した。吾妻鏡によると嘉禎2年8月4日の条に、検非違使遠山判官、仁治2年(1241年)正月の椀飯の記事に御行騰遠山大蔵少輔景朝と記載があるほか、建長年間(1249年1256年)に至るまで所々に名前の記載があるが、その後は無いため、建長年間に亡くなったものと推察される。恵那市岩村町武並神社には遠山景朝が祭神として祀られている。その後子孫は、恵那郡内各地に分かれ、それぞれ戦国時代末期に武田方と織田・徳川方に分かれたが、武田方に付いた遠山氏は織田氏によって滅ぼされ、織田・徳川方に付いた苗木遠山氏は江戸時代に苗木藩1万石の大名となり廃藩置県まで存続して明治に子爵となった。また明知遠山氏江戸幕府旗本となった。江戸町奉行となった遠山景元(金四郎)は、明知遠山氏の分家の子孫である。

参考文献編集

  • 網野善彦「『加藤遠山系図』について」『中世古文書の世界』