メインメニューを開く

遠山 景朝(とおやま かげとも)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将遠山氏の初代。美濃国遠山荘地頭藤原利仁の流れを汲む加藤景廉の長男。

 
遠山景朝
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
幕府 鎌倉幕府
主君 源実朝九条頼経北条泰時
氏族 藤原利仁流、加藤氏
父母 加藤景廉
兄弟 加藤景尚加藤景長加藤景義加藤景経
不明
遠山景村遠山景重遠山景員

経歴編集

父親の加藤景廉は源頼朝の信任が厚く鎌倉幕府成立後に御家人となり、各地に荘園を与えられた。その荘園の中で美濃国恵那郡遠山荘(現在の岐阜県恵那市中津川市の大部分と瑞浪市の陶地区)を長男の景朝が相続して地頭となり、遠山氏を称し岩村城を本拠地として統治した。

恵那市岩村町武並神社には遠山景朝が祭神として祀られている。 子孫苗木遠山氏は江戸時代に苗木藩1万石の大名となり廃藩置県まで存続して明治に子爵となった。また明知遠山氏江戸幕府旗本となった。江戸町奉行となった遠山景元(金四郎)は、明知遠山氏の分家の子孫である。

参考文献編集

  • 網野善彦「『加藤遠山系図』について」『中世古文書の世界』