那須野巧

那須野 巧(なすの たくみ、1982年10月4日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手投手)。

那須野 巧
LM-Takumi-Nasuno20100827.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都豊島区
生年月日 (1982-10-04) 1982年10月4日(35歳)
身長
体重
192 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年5月15日
最終出場 2009年5月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

子供のころは近鉄バファローズのファンで、大石大二郎ラルフ・ブライアントがいた頃のスタメンは今でも諳んじることができる。駒場学園高では伊藤秀範と同期であった。

日本大学では4年生春に5勝0敗、防御率0.39(1位)の活躍でチーム6季ぶりの優勝に貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。第53回全日本大学野球選手権大会で準優勝して敢闘賞に選ばれた。世界大学野球選手権日米大学野球両日本代表に選ばれる。東都大学リーグ通算50試合登板22勝10敗、防御率1.97、219奪三振。日大では佐藤義則以来8人目の20勝投手になる。

大学No.1左腕の評価を受け、2004年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから自由獲得枠指名を受けて入団。

横浜時代編集

ルーキーイヤーの2005年5月15日にプロ初登板・初先発。5月22日の対西武戦で先発し5回を4失点(自責点は2)でプロ初勝利を挙げた。即戦力と期待されながらも僅か1勝に終わった。シーズン最終登板のヤクルト戦でその日引退試合だった佐藤真一に流し打ちであわやホームランという大飛球(フェンス直撃の二塁打)を浴びた。

2006年、主に鶴岡一成とのバッテリーで、交流戦を中心に活躍した。開幕から好調を維持し、8月18日を終えた時点で83回を投げて防御率2.71と横浜投手陣上位の成績だった。その後は突然制球を乱す場面が目立ち、3試合合計で12.1回自責点18と打ち込まれ、結果として防御率4.05となってしまった。8月11日の東京ヤクルト戦では8回まで5安打の好投を見せ、点差も5点差と安全な状況から突然四球を連発し、9回無死満塁のピンチを招き降板。プロ初完投を逃している。試合は交代したマーク・クルーンが後続3人を抑え勝利。

2007年は契約金問題(後述)が発覚。プレーでは4月にプロ初セーブを記録。大矢明彦監督の下で手薄な左のリリーフとして1年間起用され、木塚敦志に次ぐチーム2位の63試合に登板し、防御率3.79の成績を残した。オフに左肩甲骨下角滑液包炎(かかくかつえきほうえん)治療のため手術を行った。

2008年は先発ローテーションに復帰。シーズンを通して安定度を欠き、5回前後で交代する試合が目立った。最終的に22試合80.2回投げながらわずか5勝、リーグワースト2位の12敗、防御率6.47という成績に終わった。

2009年は主に左の中継ぎとして起用されたが、怪我もあり12試合の登板に終わった。防御率も11.57と前年の倍近くに悪化。シーズン終了後の11月9日、清水直行との1対2の交換トレードで齋藤俊雄と共に千葉ロッテマリーンズへ移籍[1]

ロッテ時代編集

11月15日に入団発表が行なわれ、背番号は「47」に決定。2010年はプロ入り初の一軍登板なしに終わった。二軍では19試合登板で4勝4セーブ、防御率4.75という結果だった。

2011年も一軍での登板はなく、二軍でも僅か9試合の登板、防御率5点台に終わった。10月9日、戦力外通告を受け[2]、12月2日、自由契約公示された。結局移籍後は一度も一軍登板がなかった。

現役引退後編集

その後は料理への道へと進み、調理師免許を取得後、2014年11月より、東京都板橋区内で飲食店をオープンしたことがTwitter等で報じられている。 現在は東武東上線大山駅にある、鉄板焼き・お好み焼き・もんじゃ焼きの店『ひだまり』を営んでいる。

選手としての特徴・人物編集

192cmの長身から繰り出す角度のある直球に加え、スライダーカーブチェンジアップと変化球も持ち合わせている。

2007年は速球も平均140km/hを下回るようになった。角度のある遅い速球はアッパースイングの餌食となってしまい、各球団の中軸に長打を浴びることも多くなった。

長身・細身で、チーム内では俳優速水もこみちに似ているとして、ニックネームは「もこ」であることを、TBSの『アッコにおまかせ!』で明かしている。

横浜時代の同僚の桑原義行日本大学時代の同期。

2007年5月タレントくまきりあさ美との熱愛が報じられたが、年末に破局。

契約金問題編集

2007年4月11日、球団側より入団時の契約金が最高標準額を大幅に超える5億3000万円、1年目の年俸も申し合わせ[3]の2倍となる3000万円だったことが発覚した。那須野は球団を通じ「これから自分ができることは、プロ野球選手としてグラウンド上で精いっぱいのプレーで結果を出すことです」とコメントした。後にこの問題についての説明を求められた時には「自分が矢面に立ったため、自分の責任は果たしたはず」と発言している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2005 横浜 8 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 109 22.0 32 5 12 0 0 16 1 0 22 20 8.18 2.00
2006 16 16 0 0 0 3 8 0 0 .273 417 95.1 92 11 49 1 1 66 8 0 49 43 4.05 1.48
2007 63 1 0 0 0 4 5 1 12 .444 276 61.2 68 6 26 1 1 43 5 0 29 26 3.79 1.52
2008 22 17 0 0 0 5 12 0 0 .294 369 80.2 98 16 33 0 4 55 5 0 61 58 6.47 1.62
2009 12 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 34 7.0 9 1 5 0 0 5 1 0 9 9 11.57 2.00
通算:5年 121 38 0 0 0 13 27 1 14 .325 1205 266.2 299 39 125 2 6 185 20 0 170 156 5.27 1.59
  • 2011年度シーズン終了時

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 13 (2005年 - 2009年)
  • 47 (2010年 - 2011年)

脚注編集

  1. ^ “横浜、ロッテ清水獲得を発表へ”. nikkansports.com. (2009年11月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20091109-564340.html 2009年11月10日閲覧。 
  2. ^ 戦力外通告のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2011年10月9日
  3. ^ 新人選手の契約金は1億円+出来高5000万円を最高とし、年俸も1500万円に抑えると申し合わせされている。

関連項目編集

外部リンク編集