酒田郵便局

酒田郵便局(さかたゆうびんきょく)は山形県酒田市にある郵便局民営化前の分類では集配普通郵便局であった。局番号は85004。

日本郵政旗.svg 酒田郵便局
JP NETWORK Sakata Post Office.JPG
基本情報
正式名称 酒田郵便局
前身 酒田郵便取扱所
局番号 85004
設置者 日本郵便株式会社
所在地 998-8799
山形県酒田市新井田町10-1
位置 北緯38度54分52.3秒
東経139度50分41.6秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施

目次

概要編集

新井田川沿いに位置している。庄内北部で最も大きい基幹店舗として営業時間やATMの稼働時間が長く、利便性が高いことから来客が非常に多い。特に自動車で来店する客がほとんどであるため、駐車場は混んでいることが多い。建物の外観は白いレンガ調で二階建て。客用出入り口として北側(横断歩道前)に一つ、南側に一つの出入り口がある。これとは別に職員通用口、荷物搬出入口がある。外に二つの郵便ポストが設置されている。

 
職員通用口

沿革編集

  • 1872年8月4日明治5年7月1日) - 酒田郵便取扱所として開設[1]
  • 1873年(明治6年) - 酒田郵便役所となる。
  • 1875年(明治8年)1月1日 - 酒田郵便局(二等)となる。翌日より、為替取扱を開始。
  • 1879年(明治12年) - 貯金取扱を開始。
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 酒田郵便電信局となる。
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い酒田郵便局となる。
  • 1980年昭和55年)11月3日 - 酒田市本町三丁目から、同市新井田町に局舎を新築、移転[2]
  • 1986年(昭和61年)3月 - 日本海縦貫線を経由する鉄道郵便輸送(大阪青森線)が廃止[3]
  • 1991年平成3年)10月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2006年(平成18年)10月2日 - 本楯郵便局および八幡郵便局から集配業務を移管[4]
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業酒田支店に一部業務を移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業酒田支店を酒田郵便局に統合。
  • 2017年(平成29年)3月6日 - 袖浦郵便局から「998-01xx」区域の集配業務を移管。

取扱内容編集

 
酒田郵便局の看板
 
酒田郵便局の取扱内容を示す看板
 
横断歩道前入口に設置されている郵便差出箱11号型の郵便ポスト。福島造機工業製。
 
駐車場入口に設置されている郵便差出箱13号型の郵便ポスト。松下電器産業(現 パナソニック)製。ドライブスルーで投函する人もいる。

局前ポスト編集

ポストは横断歩道前入口の所と駐車場入口の所にそれぞれ1台ずつ、合計2台設置されている。ポストの型式や製造者、取集時刻は以下のとおりである。

取集時刻
区別 平日 ・土曜 休日
1号便 06:30ころ 06:30ころ
2号便 08:00ころ 08:00ころ
3号便 11:20ころ 11:20ころ
4号便 13:00ころ 13:00ころ
5号便 13:40ころ 15:15ころ
6号便 15:30ころ 17:00ころ
7号便 17:00ころ 取集なし
8号便 19:00ころ 取集なし
  • この取集時刻は上記2台のポストに共通である。

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』 日本郵趣出版 1980年12月28日発行
  2. ^ 昭和55年郵政省告示第753号(昭和55年10月23日付官報第16127号掲載)
  3. ^ 郵政省郵務局郵便事業史編纂室 『郵便創業120年の歴史』 ぎょうせい、1991年、p.24
  4. ^ 日本郵政公社ホームページ「郵便局の改廃情報」平成18年9月20日発表分

外部リンク編集