酒見賢一

日本の小説家 (1963-2023)

酒見 賢一(さけみ けんいち、1963年11月26日 - 2023年11月7日[1])は、日本小説家

酒見 賢一さけみ けんいち
誕生 (1963-11-26) 1963年11月26日
日本の旗 日本福岡県久留米市
死没 (2023-11-07) 2023年11月7日(59歳没)
最終学歴 愛知大学文学部哲学科東洋哲学専攻
ジャンル 歴史小説ファンタジー小説SF小説
代表作
主な受賞歴 日本ファンタジーノベル大賞(1989年)
中島敦記念賞(1992年)
新田次郎文学賞(2000年)
テンプレートを表示

経歴・人物 編集

福岡県久留米市出身。福岡県立明善高等学校卒業。1988年愛知大学文学部哲学科東洋哲学専攻卒業[2]

1989年平成元年)に『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー[3]。デビュー作は王朝も人物もすべて架空の中国史小説風ファンタジーという異色作だったが、その後は実際の中国史から題材をとることが多い。

中国史を踏まえながら奔放な想像力で描く作品群には定評がある[3]。また作品がアニメ化や漫画化されたり、映画が制作されたりするなど、他分野からの注目度も高い[3]。『墨攻』については、スタジオジブリ押井守監督で映画化を検討したことがあり、近藤勝也によるイメージボードも制作されたが、実現しなかったという[4][5]

2023年11月7日午前4時45分、呼吸不全のため死去。59歳没[6][7]

略歴 編集

作品リスト 編集

小説 編集

  • 後宮小説』(新潮社、1989年)/(新潮文庫、1993年)
  • 『聖母の部隊』(トクマ・ノベルズ、1996年)/(ハルキ文庫、2000年)
  • 『ピュタゴラスの旅』(講談社、1991年)/(集英社文庫、2001年)
  • 墨攻』(新潮社、1991年)/(新潮文庫、1994年)/(文春文庫、2014年)
  • 陋巷に在り』全13巻(1992-2002年)
    • 『陋巷に在り〈1〉儒(じゅ)の巻』(新潮社、1992年)/(新潮文庫、1996年)
    • 『陋巷に在り〈2〉呪(じゅ)の巻』(新潮社、1993年)/(新潮文庫、1997年)
    • 『陋巷に在り〈3〉媚(び)の巻』(新潮社、1994年)/(新潮文庫、1998年)
    • 『陋巷に在り〈4〉徒(と)の巻』(新潮社、1995年)/(新潮文庫、1998年)
    • 『陋巷に在り〈5〉妨(ぼう)の巻』(新潮社、1995年)/(新潮文庫、1999年)
    • 『陋巷に在り〈6〉劇(げき)の巻』(新潮社、1996年)/(新潮文庫、1999年)
    • 『陋巷に在り〈7〉医(い)の巻』(新潮社、1997年)/(新潮文庫、2002年)
    • 『陋巷に在り〈8〉冥(めい)の巻』(新潮社、1997年)/(新潮文庫、2003年)
    • 『陋巷に在り〈9〉眩(げん)の巻』(新潮社、1998年)/(新潮文庫、2003年)
    • 『陋巷に在り〈10〉命(めい)の巻』(新潮社、1999年)/(新潮文庫、2003年)
    • 『陋巷に在り〈11〉顔(がん)の巻』(新潮社、2000年)/(新潮文庫、2004年)
    • 『陋巷に在り〈12〉聖(せい)の巻』(新潮社、2001年)/(新潮文庫、2004年)
    • 『陋巷に在り〈13〉魯(ろ)の巻』(新潮社、2002年)/(新潮文庫、2004年)
  • 『童貞』(講談社、1995年)、(講談社文庫、1998年)
  • 『語り手の事情』(文藝春秋、1998年)/(文春文庫、2001年)
  • 『周公旦』(文藝春秋、1999年)/(文春文庫、2003年)
  • 『泣き虫弱虫諸葛孔明』全5巻(2004 - 2017年)
    • 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第壱部』(文藝春秋、2004年)/(文春文庫、2009年)
    • 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』(文藝春秋、2007年)/(文春文庫、2011年)
    • 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部』(文藝春秋、2012年)/(文春文庫、2015年)
    • 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部』(文藝春秋、2014年)/(文春文庫、2017年)
    • 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』(文藝春秋、2017年)/(文春文庫、2020年)
  • 『分解』(ちくま文庫、2010年)

エッセイ 編集

  • 『中国雑話 中国的思想』(文春新書、2007年)

原作提供 編集

映画 編集

  • 墨攻』(2006年)
    の合作映画。アジアでは2006年、日本では2007年2月3日に劇場公開された[9]森秀樹のコミックス版をもとにした映画化[9]

アニメーション 編集

漫画 編集

  • 墨攻』全11巻(作画:森秀樹シナリオ協力:久保田千太郎
    『墨攻』のコミカライズ作品。『ビッグコミック』(小学館)において1992年から1996年にかけて連載された。途中から原作を膨らませたオリジナルストーリーとなる。
  • 『D'arc ジャンヌ・ダルク伝』2巻まで(原作:酒見賢一、画:近藤勝也
    原作小説のない漫画オリジナル作品。『アニメージュ』(徳間書店)において、1994年8月号から1995年8月号まで連載されたのち、中断。未完。
  • 『陋巷に在り-顔回伝奇』全3巻(原作:酒見賢一、漫画:羽生生純
    『陋巷に在り』のコミカライズ作品。月刊WEBコミック誌「デジコミ新潮com2(コム・コム)」(新潮社)にて2007年より連載。
  • 『泣き虫弱虫諸葛孔明』全3巻(原作:酒見賢一、漫画:緒里たばさ
    『泣き虫弱虫諸葛孔明』のコミカライズ作品。『月刊!スピリッツ』(小学館)にて2017年12月号から2019年7月号まで連載された。

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ 作家の酒見賢一さん死去”. livedoor news (2023年11月15日). 2023年11月15日閲覧。
  2. ^ 2006年度 愛知大学後援会課外活動奨励賞授与式
  3. ^ a b c 酒見賢一 『後宮小説』 - 新潮社”. 新潮社. 2022年10月1日閲覧。
  4. ^ 誰も語らなかったジブリを語ろう 2017, p. 411.
  5. ^ VR展覧会 近藤勝也e-museum”. にいはま紀行. 愛媛県新居浜市 (2021年10月1日〜2021年10月31日). 2022年9月30日閲覧。
  6. ^ “「後宮小説」「墨攻」など 作家の酒見賢一さん死去”. 産経新聞. (2023年11月15日). https://www.sankei.com/article/20231115-RFICWLSLCFIORFLVO2NVAU5DMI/ 2023年11月15日閲覧。 
  7. ^ 作家の酒見賢一さん死去、59歳 代表作に「後宮小説」など”. サンスポコム. 産経デジタル (2023年11月15日). 2024年3月29日閲覧。
  8. ^ 横浜生まれの文学賞 歿後五十年中島敦記念賞”. 神奈川県横浜市 (2019年1月10日). 2022年9月30日閲覧。
  9. ^ a b 『墨攻』アンディ・ラウ 単独インタビュー”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2007年1月18日). 2022年9月30日閲覧。
  10. ^ 雲のように風のように”. 株式会社ぴえろ 公式サイト. 2022年9月30日閲覧。

参考文献 編集

  • 押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう』徳間書店、2017年10月20日。ISBN 978-4198645021