メインメニューを開く

野上 俊夫(のがみ としお、1949年8月3日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手、のち一塁手。

野上 俊夫
基本情報
出身地 日本の旗 日本 和歌山県和歌山市鷹匠町
生年月日 (1949-08-03) 1949年8月3日(69歳)
身長
体重
177 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手一塁手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1971年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

市和歌山商では3年次の1967年、エース、四番打者として春夏連続で甲子園に出場。春の選抜は、2回戦の三重高戦でノーヒット・ノーランを達成。出した走者は4つの四球と1失策による5人のみであった。準々決勝で甲府商に敗退[1]夏の選手権は1回戦で宮崎大宮高を完封するなどして勝ち進むが、準決勝で河井昭司を擁する広陵高に惜敗[2]。1年下のチームメートに控え内野手の阪田隆がいた。

1968年ドラフト1位で阪神タイガースへ入団。1年目のキャンプイン直前に膝に水が溜まって出遅れてしまい、一軍戦のデビューは入団4年目の1971年となる。1972年10月14日にはヤクルトを相手に初先発を果たすが、デーブ・ロバーツに本塁打を喫するなど打ち込まれ4回に降板。その後も結果を残せず二軍暮らしが続いた。1975年村上雅則相羽欣厚との交換トレードで和田徹と共に南海ホークスへ移籍。1976年には打者に転向してウエスタン・リーグで打率.312を記録したが、活躍することのないまま同年限りで引退。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1971 阪神 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 12 3.1 1 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.60
1972 2 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 4.1 5 1 1 0 0 2 0 0 4 4 9.00 1.38
1975 南海 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 5.0 8 1 4 0 0 1 0 0 6 5 9.00 2.40
通算:3年 6 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 57 12.2 14 2 6 0 0 5 0 0 10 9 6.23 1.58

背番号編集

  • 37 (1968年 - 1970年)
  • 55 (1971年 - 1974年)
  • 40 (1975年 - 1976年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集