メインメニューを開く

野田の醤油醸造

本来の表記は「野田の醬油醸造」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

野田の醤油醸造(のだのしょうゆじょうぞう)では、現在の千葉県野田市における醤油醸造の歴史を扱う。

野田町域の大半を醤油工場が占める。

目次

概要編集

永禄年間に飯田市郎兵衛が甲斐武田氏に溜醤油(たまりじょうゆ)を納め、「川中島御用溜醤油」と称したのが最古とされる。1661年寛文元年)に上花輪村名主であった髙梨兵左衛門が醤油醸造を開始し、翌年(1662年) に茂木佐平治が味噌製造を開始した(茂木はその後1764年に醤油製造も手がける)。

1704年に甲田三郎兵衛が醤油醸造を始め、1775年安永4年)には、杉崎市郎兵衛、大塚弥五衛、竹本五郎兵衛、甲田治郎兵衛らが醤油醸造を始める。

1781年に高梨兵左衛門、櫛形屋茂木七左衛門、柏屋茂木七郎右衛門、亀屋飯田市郎兵衛、杉崎市郎兵衛、竹本五郎兵衛、大塚弥五兵衛の7家が後の野田醤油の基礎になる「野田醤油仲間」を結成した。

1788年天明8年)に堀切紋次郎が醤油醸造を始めた。 その後、江戸の人口の増加と利根川水運の発達と共に野田の醤油醸造は拡大する。1800年代中頃には、髙梨兵左衛門家と茂木佐平治家の醤油が「幕府御用醬油」の指定を受ける。 1822年文政5年)に河野権兵衛が醤油醸造を始める。 1830年天保元年)にキノエネの山下平兵衛が醤油醸造を始めた。

1887年明治20年)に「野田醤油醸造組合」が結成された。1917年大正6年)には茂木一族と髙梨一族の8家合同による「野田醤油株式会社」が設立され、これが後にキッコーマン株式会社となった。『亀甲萬(キッコーマン)』は茂木佐平治家が使っていたものである。 このときに野田の醤油醸造業者のほとんどが合流しているが、キノエネ醤油のみ合同に参加せず、現在まで独立した事業者として存続している。

御用蔵醤油編集

亀甲萬御用蔵醤油は1939年(昭和14年)から宮内庁へ納めつづけられている御用達品である。 御用蔵では、国産の丸大豆小麦だけをつかって、木桶で1年間じっくりと熟成させた天然醸造の醤油が造り続けられている。手作りに近い少量生産のこの醤油は、「御用蔵醤油」という名前で一部が限定で販売されてきた、いわば醤油の大吟醸ともいえるもの。「キッコーマン特選丸大豆しょうゆ」の原点ともいえる醤油である。

醤油藩の城下町編集

醤油藩の城下町と呼ばれた(誰によって?[1])。 [2] 戦災を無傷で免れた野田の町には、回線問屋の上河岸戸邉五右衞門家・下河岸桝田仁左衛門家や、 醤油で財をなした豪商たちの、江戸大名屋敷を彷彿とさせるお屋敷、国指定名勝の髙梨兵左衛門邸や、 登録有形文化財の 茂木七左衛門邸、茂木佐平治邸、茂木七郎右衛門邸、茂木七郎治邸、茂木房五郎家邸、山下平兵衛邸等の超巨大邸宅が、国の登録有形文化財近代化産業遺産として数多く現存し、建ち並んでいます。

醤油醸造家編集

高梨一族編集

高梨兵左衛門本家

1661年に高梨兵左衛門が醤油醸造を始める。高梨周造が1849年に分家して醤油醸造を始める。 高梨孝右衛門が1864年に分家して醤油醸造を始める。
  • 初代髙梨兵左衛門 上花輪村名主で醤油醸造家(キッコーマン)。旧邸宅は現・上花輪歴史館として名勝「高梨氏庭園」に指定。
高梨周造家・宝山
1849年に高梨兵左衛門家から分家して河野権兵衛家の工場を譲り受け醤油醸造を始める。
高梨孝右衛門家・丸山
1864年に高梨兵左衛門家から分家して醤油醸造を始める。

茂木一族編集

茂木七左衛門本家

1662年に茂木七左衛門が味噌醸造を始める。1764年に醤油醸造を始める。茂木佐平治が1688年に分家。茂木七郎右衛門が1768年にが分家。 茂木勇右衛門が1822年に分家。
  • 茂木七左衛門 醤油醸造家(キッコーマン)。邸宅群は登録有形文化財(建造物)(非公開)
茂木佐平治家
1688年に茂木七左衛門家から分家。1782年に醤油醸造を始める茂木利平が1863年に分家。
  • 茂木佐平治 醤油醸造家(キッコーマン)。旧邸宅は国の登録有形文化財(現・野田市民会館)。
茂木利平家 
1863年に茂木佐平治家から分家。
茂木七郎右衛門・柏家
1768年に茂木七左衛門家から分家。茂木房五郎が1821年に分家して醤油醸造を始める。茂木七郎治が1858年に分家。 中野長兵衛が1873年に分家。
茂木房五郎・木白家
1821年に茂木七郎右衛門家より分家して醤油醸造を始める。 茂木啓三郎が1877年に分家。茂木房五郎家より茂木和三郎が1906年に分家。
茂木啓三郎・誉家
1877年に茂木房五郎家から分家。
茂木和三郎家
1906年に茂木房五郎家から分家。
茂木七郎治家・かね七
1858年に七郎右衛門家から分家。
中野長兵衛家
1873年に茂木七郎右衛門家から分家、中野家を興こした。
茂木勇右衛門家・向店
1822年に茂木七左衛門家から分家して醤油醸造を始める。

'''茂木一族系図'''

本家・茂木七左衛門家
 ┃1662 櫛形屋
 ┃
 ┣━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━━┓
 ┃    ┃       ┃        ┃
 ┃  茂木佐平治家    ┃       ┃
   亀甲萬┃1688    ┃       ┃
      ┃   茂木七郎右衛門家    ┃
      ┃      ┃1768 柏屋   ┃
          ┃      ┃     茂木勇右衛門家 
      ┃      ┃       1822 向店
       ┣━━━┓    ┣━━━━┳━━━━━┳━━━━━━┓
            ┃      ┃    ┃        ┃          ┃            ┃
      ┃   ┃  ┃  茂木房五郎家  ┃        ┃
          ┃       1921┃木白家  ┃      ┃  
                    ┃              ┃      茂木七郎治家     ┃
               茂木利平家        ┃   1858 かね七    ┃
         1863       ┃           中野長兵衛家 
                                    ┃                        1873
                  ┣━━━━━┳━━━━━━┓ 
                  ┃     ┃      ┃
                      茂木啓三郎家   ┃
                                             1877 誉家       ┃
                                   茂木和三郎家
                               1906



堀切紋次郎家

堀切紋次郎は1766年に流山で酒の醸造を始める。白味淋酒を1814年に発売。1917年の野田醤油合同に参加して万上味淋を設立。

濱口吉右衛門家

ジガミサ濱口吉右衛門濱口家はヒゲタ田中家とカギダイ深井家と1914年に銚子醤油(ヒゲタ醤油)を設立。1937年には野田醤油(キッコーマン)と資本提携。


野田醤油仲間編集

飯田市郎兵衛家・亀屋

1558年に飯田市郎兵衛が溜醤油造りを始める。

杉崎市郎兵衛家

1775年に杉崎市郎兵衛が醤油醸造を始める。

竹本五郎兵衛家

竹本五郎兵衛が1775年に醤油醸造を始める。

大塚弥五兵衛家

大塚弥五兵衛が1775年に醤油醸造を始め、大塚家から河野権兵衛が1809年に分家。
大塚弥五右衛門家

野田醤油以外編集

山下平兵衛家

1830年に山下平兵衛家衛が醸造を始める。屋号は白木屋(キノエネ醤油)創業。合同には参加せず。14代当主夫人は巨匠・映画監督小津安二郎の妹。

秋元三左衛門家

秋元三左衛門家が流山で醸造する天晴味醂は1873年ウィーン万博で賞牌が贈られた。秋元家の天晴味醂は戦時中に産業統合の国策で東邦酒類と合併。21世紀現在のMCフードスペシャリティーズへ天晴味醂が受け継がれた。

正田文右衛門家

群馬県館林の米穀商正田文右衛門は野田の茂木房五郎から醤油醸造の指導を受け1873年に醤油醸造業を始めた。1917年に正田醤油株式会社社長となる。


甲田三郎兵衛家

甲田三郎兵衛が1704年に醤油醸造を始める。
甲田治郎兵衛家
甲田治郎兵衛が1775年に醤油醸造を始める。

河野権兵衛家

1809年に河野権兵衛が大塚家から分家して、醤油醸造を1822年に始める。

萬屋彦左衛門家

柳屋仁平治家

上原長兵衛家

待山惣七家

宮田輿兵衛家

大津正三郎家

鈴木萬平家

窪田家

窪田家は1925年に醸造(窪田味噌醤油)を始めた。


日本国外編集

海外への輸出と海外への進出が行われた。敗戦後に途絶えたが、1949年より輸出が再開し、その後に販売会社も海外に再度設立された。米国においては店頭プロモーションを行い、人気を元に工場も建設。その後、台湾や中国でも事業を展開している。[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 誰によって? ・・・評論家大宅壮一が醤油藩の城下町であると述べた。(大宅の実家も醤油屋)
  2. ^ 野田醤油が野田商誘銀行北総鉄道野田人車鉄道のほか、 野田市に代わって、野田病院・水道・興風図書館等も運営していた。
  3. ^ 醤油から世界を見る―野田を中心とした東葛飾地方の対外関係史と醤油 ISBN 978-4845510597

関連項目編集

外部リンク編集