金井 茂(かない しげる、1968年10月18日 - )は、日本俳優政治家。無所属の江戸川区議会議員(3期)。東京都[1][2]江戸川区出身。株式会社CES所属。

かない しげる
金井 茂
別名義 金井 シゲル
伊達 駿太郎
生年月日 (1968-10-18) 1968年10月18日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都江戸川区
身長 183 cm[1][2]
血液型 O型[1][2]
ジャンル 俳優
活動期間 1992年 -
活動内容 ドラマ映画
配偶者 なし(結婚歴あり)
事務所 CES
公式サイト 金井シゲルプロフィール
主な作品
重甲ビーファイター
嗚呼!!花の応援団
電磁戦隊メガレンジャー
テンプレートを表示
金井 茂
かない しげる
生年月日 (1968-10-18) 1968年10月18日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都江戸川区
出身校 明治学院大学文学部英文科(中退)
前職 俳優
所属政党民主党→)
民進党→)
国民民主党→)
無所属

当選回数 3回
在任期間 2011年4月 - 現職
テンプレートを表示

旧芸名は金井 シゲル(読み同じ)、伊達 駿太郎(だて しゅんたろう)。

来歴・人物編集

安田学園高校から明治学院大学文学部英文科を中退後、1992年に自ら応募した日本テレビ開局40年記念イベント第1回ミスター日本コンテストで準グランプリを獲得[2]オスカープロモーションに所属し世紀末御三家の一人でデビュー。

1995年『重甲ビーファイター』に片霧大作 / ジースタッグ役で出演[2]。翌1996年には映画『嗚呼!!花の応援団』では主演となる青田赤道役を務めた。

1997年には『電磁戦隊メガレンジャー』に早川裕作 / メガシルバー役で出演。スーパー戦隊シリーズ初となるシルバー戦士に変身する青年を演じた[3]

その後オスカープロを離れ、高瀬道場への移籍の際に前出の伊達駿太郎へと改名するが、フロム・ファーストプロダクションへの移籍に際して再び芸名を元に戻す。その後古巣のオスカープロのモデル本部での所属を経て、現事務所へ移籍の際に再び芸名を変更。

かなりのアナログ人間でデジタル機器が大の苦手とのこと[4]

俳優業の傍ら、元妻と共に美容サロンを目黒区自由が丘で経営していた(2008年に離婚)。

2010年12月に地元江戸川区議会議員選挙に於いて、民主党公認で立候補を表明。2011年4月24日に行われた選挙で、4606票を獲得し10位で当選。2015年4月26日に行われた選挙で4026票を獲得し22位で再選。所属会派はえどがわ区民の会 (副幹事長)[5]。2019年4月21日に行われた選挙では国民民主党公認で出馬し三選。2020年9月の旧国民民主党と旧立憲民主党の合流には参加せず、以降無所属として活動している。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

CM編集

  • バンダイ「メガシルバー変身シリーズ」(1997年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 金井 茂”. CES. 2020年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「メモリアル座談会」『重甲ビーファイター超全集小学館てれびくんデラックス〉、1996年2月10日、52-55頁。ISBN 978-4-09-101452-8
  3. ^ 「インストール!」で変身ロック解除 音声認識搭載「電磁戦隊メガレンジャー」デジタイザー&バトルライザー、大人向けに発売” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年4月11日閲覧。
  4. ^ 河合亜美のHPのダイアリーより
  5. ^ 江戸川区議会 議員名簿”. www.gikai.city.edogawa.tokyo.jp. 2019年4月11日閲覧。
  6. ^ 立川で「超力戦隊オーレンジャー20周年同窓パーティー」 撮影当時の思い出話も”. 立川経済新聞. 2019年4月11日閲覧。
  7. ^ 芸者vs忍者 (2008)”. シネマトゥデイ. 2019年4月11日閲覧。

外部リンク編集