金森徳次郎

日本の官僚、政治家、憲法学者

金森 徳次郎(かなもり とくじろう、1886年明治19年)3月17日 - 1959年昭和34年)6月16日)は、日本官僚政治家憲法学者岡田内閣法制局長官第1次吉田内閣の憲法担当国務大臣。初代国立国会図書館長も務めた。

金森徳次郎

来歴・人物編集

愛知県名古屋市生まれ。愛知一中旧制一高を経て、東京帝国大学法学部を卒業[1]高等文官試験行政科に合格し大蔵省に入省、税務監督局属兼大蔵属。

1914年法制局に移り、法制局参事官、第一部長を歴任。この間、大学で法学、憲法学を講じ、『帝国憲法要説』等を著わした。1934年岡田啓介内閣の法制局長官に就任するが、在任中に法制局長官就任以前の著作『帝国憲法要説』が天皇機関説的であるという理由で右翼勢力から攻撃を受け、1936年、辞任に追い込まれた。

戦後貴族院勅選議員を経て吉田茂内閣の憲法担当国務大臣に就任。帝国議会における大日本帝国憲法の改正審議で、憲法に関する政府答弁を行った。特に有名な答弁としては国体についてのものがある。金森は国体を「天皇を憧れの中心として、心の繋がりを持って統合している国家」であると答弁した。これにより国体は変化していないということを強弁し国会を乗り切ることに成功した。

1948年国立国会図書館の新設に際し、初代の館長に任命される。金森は晩年の11年間この職に在り、その間、日本図書館協会会長等の職を務め、憲法や読書に関する多くの著書を残した。なお、国立国会図書館東京本館の図書目録ホールに掲げられている「真理がわれらを自由にする」の書は、金森の揮毫による[2]

1959年、国立国会図書館長を辞職した翌月に没した。

エコノミストの金森久雄、地震学者の金森博雄は息子。娘・あやの夫は宇宙物理学者で東京大学名誉教授の中村純二[3]

栄典編集

著作編集

共編編集

著作集編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京帝国大学編 『東京帝国大学一覧 從大正元年至大正2年』 東京帝国大学、1913年、(82)頁。 
  2. ^ 真理がわれらを自由にする”. 国立国会図書館. 2018年3月28日閲覧。
  3. ^ 平山周吉「江藤淳は甦える」9『新潮45』2016年4月号
  4. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

外部リンク編集