メインメニューを開く

長沼 賢海(ながぬま けんかい、1883年明治16年)3月26日 - 1980年昭和55年)7月14日)は、日本史学者。九州大学名誉教授。新潟県出身。孫に日本史学者の大隅和雄、生物学者の大隅良典がいる。

人物編集

新潟県高田(現上越市)浄興寺山内の正光寺に生まれた[1]。長沼賢明の長男[2][3]1907年東京帝国大学文科大学国史学科を卒業[3][4]1915年東京府立第一中学校教諭となり1920年広島高等師範学校教授に任じ1924年史学研究のため等に留学した[4]1925年九州帝国大学国史学科初代教授[5]。のち香椎中学校長、久留米大学教授[5]1929年家督を相続した[2][3]

家族・親族編集

長沼家

新潟県上越市、福岡県筑紫郡大宰府町[3]

1901年 -
1885年 -
  • 妻・シズエ宮崎、弘なか唯見の二女)[2][3]
1890年 -
1921年 -
1920年 -
  • 養子・シナ(新潟、中村登の妹)[2][3]
1910年 -
親戚

著書編集

  • 『英雄の信仰』実業之日本社、1914  
  • 『国民思想と国史』大鐙閣、1919 
  • 『参考日本歴史』博文館、1919
  • 『日本の文明と仏教』大鐙閣、1919  
  • 『福神研究恵比須と大黒』丙午出版社、1921
  • 『日本宗教史の研究』教育研究会、1928 
  • 『南蛮文集』編、春陽堂、1929 
  • 『尾道郷土史論』尾道市教育会、1932
  • 『新説日本歴史 実業学校用』宝文館、1934 
  • 『新説国史教授の研究』教育研究会、1936 
  • 『皇国史』三省堂、1937 
  • 『日本文化史の研究』教育研究会、1937  
  • 『神国日本』教育研究会、1943
  • 『日本の海賊』(日本歴史新書)至文堂、1955
  • 『邪馬台と大宰府』太宰府天満宮文化研究所、1968
  • 聖徳太子論攷』平楽寺書店、1971
  • 『日本海事史研究』九州大学出版会、1976

脚注編集

  1. ^ 大隅書店の本棚、『日本仏教史論攷』著者プロフィール、さいはて社公式サイト。
  2. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 上』ナ166頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第13版 下』ナ157頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第9版』ナ136頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月5日閲覧。
  5. ^ a b 長沼 賢海とはコトバンク、デジタル版日本人名大事典。2016年10月4日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。