メインメニューを開く

長良川右岸道路

日本の岐阜県を通る道路
長良川右岸有料道路から転送)
長良川右岸有料道路料金所(2008年7月撮影)
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
岐阜県道94号標識

長良川右岸道路(ながらがわうがんどうろ)は、岐阜市長良古津から岐阜市加野までを結ぶ、岐阜県道94号岐阜美濃線バイパス道路である。かつては岐阜県道路公社が管理していた「長良川右岸有料道路」という有料道路だった。本項では長良川右岸道路以外のバイパス区間についても記述する。

目次

概要編集

長良川沿いに走る岐阜県道94号岐阜美濃線の渋滞緩和を目的とした岐阜美濃線バイパス(延長4.6km)の一部を有料道路事業として整備した。2001年平成13年)4月1日供用開始。区間中には大蔵山トンネル(延長940m)があり、トンネルを抜けた高架部分に料金所が設けられていた。その後、岐阜県道93号川島三輪線へ分岐接続する。2007年(平成19年)3月3日には北側に隣接する番場山工区公共事業で開通した。また、2015年(平成27年)3月3日には南側に隣接する小島山工区も公共事業で開通した。

2010年(平成22年)3月に策定された岐阜県の行財政改革アクションプランで、岐阜県道路公社が管理する有料道路を無料開放して同公社を解散する方針が示され[1]、長良川右岸有料道路も島大橋有料道路長良川リバーサイド有料道路と同時に2012年(平成23年)4月1日午前0時に無料開放された[2]。無料化前の2012年(平成23年)3月28日と無料化後の2012年(平成23年)4月6日の交通量調査結果によると、1日あたりの交通量は、無料化前の約1,600台から無料化後の約6,800台へと約3倍に増加した[3]

年表編集

  • 2001年(平成13年)4月1日 - 供用開始
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 午前0時から無料開放、地元主催による無料化式典を実施

旧・長良川右岸有料道路編集

諸元編集

  • 延長:1.3km
  • 車道幅員:6.5m
  • 道路規格:第3種第2級
  • 設計速度:50km/h
  • 車線数:2車線
  • 主な構造物
    • 大蔵山トンネル:940m
    • 加野高架橋:281.6m(本線部:206.6m、ランプ部:75.0m)
    • 下部工
      • 橋台:1基(逆T式橋台)
      • 橋脚:7基(張出式橋脚×2、π型式橋脚×5)
  • 上部工
    • PC中空床版橋
      • 2径間連続PC中空床版
      • 5径間連続PC中空床版
  • 所在地:岐阜県岐阜市長良古津 - 岐阜市加野
  • 全体事業費:56億円
    • うち有料道路事業費:28億円
  • 料金徴収期間:30年間(2001年4月1日 - 2012年3月31日(当初予定:2031年3月31日まで))
  • 料金徴収方法:自動料金収受機
  • 工事期間:1997年10月1日 - 2001年3月31日

利用状況編集

  • 2006年度 - 30万9948台(料金収入:2655万6000円)[4]
  • 2007年度 - 52万2691台(料金収入:4459万7259円)[4][5]
  • 2008年度 - 50万3940台(料金収入:4263万8700円)[5]
  • 2009年度 - 50万5724台(料金収入:4205万4786円)[6]
  • 2010年度 - 62万2814台(料金収入:5235万4760円)[7]

通行料金編集

公共事業区間編集

番場山工区編集

 
番場山トンネル(岐阜市側坑口:2007年3月撮影)

岐阜市溝口から岐阜市向加野に至る事業延長1,473mのバイパス道路である。この区間は、岐阜美濃線の現道と長良川右岸道路の接続道路として幅員狭小区間・線形不良区間の解消を目的として建設された。主な構造物として番場山トンネル(延長457m)があり、車道幅員6.5mの2車線道路を地方道路交付金事業で整備した。2007年(平成19年)3月3日開通。

小島山工区編集

岐阜市中川原から岐阜市長良古津に至る事業延長1,703mのバイパス道路である。この区間は、長良川右岸道路と岐阜美濃線の現道を結ぶもので、主な構造物として小島山トンネル(延長479m)、ランプ部(延長67m)があり、車道幅員6.5mの2車線道路を道路改築事業(社会資本整備総合交付金)で整備した。2015年(平成27年)3月3日午後2時開通[8]。現道との取付道路は2015年(平成27年)12月25日に開通した[9][10]

  • 起点:岐阜県岐阜市中川原
  • 終点:岐阜県岐阜市長良古津
  • 全体延長:1,703m
  • 総事業費:約35億円
  • 事業着手:2007年度(平成19年度)
  • 完成年度:2015年度(平成27年度)

脚注編集

  1. ^ 4月1日に島大橋他2道路で無料化式典 - 岐阜県県土整備部道路建設課、2012年3月31日(2012年7月25日時点のアーカイブ
  2. ^ 岐阜市内3有料道路の無料開放に向けたファイナルイベント開催のお知らせ - カウントダウン100 - - 岐阜県道路公社、2011年12月1日(2012年3月13日時点のアーカイブ
  3. ^ 岐阜市内3有料道路の無料化後の交通量調査結果について - 岐阜県県土整備部道路建設課、2012年4月27日(2014年3月8日時点のアーカイブ)
  4. ^ a b 平成19年度業務報告書 (PDF)
  5. ^ a b 平成20年度業務報告書 (PDF)
  6. ^ 平成21年度業務報告書 (PDF)
  7. ^ 平成22年度業務報告書 (PDF)
  8. ^ 「小島山トンネル開通式典」を開催します、岐阜県県土整備部道路建設課、2015年2月14日
  9. ^ 県道岐阜美濃線終日全面通行止のお知らせ、美濃加茂市役所ホームページ、2014年10月7日
  10. ^ 小島山トンネル南側の旧道の通行止め解除について、岐阜県県土整備部岐阜土木事務所、2015年12月

参考文献編集

関連項目編集