メインメニューを開く

間野 博行(まの ひろゆき、1959年6月1日[1]-)は日本医師医学者東京大学教授、国立がん研究センター研究所長。肺がん原因遺伝子EML4-ALKの発見で知られる。

間野博行
生誕 1959年6月1日[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 応用ゲノム科学、生物分子科学
研究機関 東京大学, 国立がん研究センター
出身校 東京大学
主な業績 肺がん原因遺伝子EML4-ALKの発見
主な受賞歴 紫綬褒章
慶應医学賞
プロジェクト:人物伝

経歴編集

  • 1984年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院自治医科大学附属病院にて研修医として務め、その後東京大学第三内科に入局、1992年東京大学医学博士 「新規チロシンキナーゼtecの遺伝子クローニングと解析」。 1993年より自治医科大学医学部分子生物学講座講師、助教授を経て2001年より自治医科大学分子病態治療研究センターゲノム機能研究部教授[2]。2009年より東京大学大学院医学系研究科ゲノム医学講座特任教授[2]。2013年より東京大学大学院医学系研究科生化学・分子生物学講座細胞情報学分野教授。2016年より国立がん研究センター研究所長(兼任)。

受賞歴編集

脚注編集