関口 親永瀬名 義広(せきぐち ちかなが/せな よしひろ)は、戦国時代の武将。今川刑部少輔家(今川関口家)の当主で駿河今川氏の有力家臣。主君今川氏親から偏諱を受けて親永に改める。駿河持船城主。妻は今川義元の妹(養妹とも)とされるが、実兄の瀬名氏俊の話の誤伝とする説もある[1]徳川家康の正室・築山殿の父に当たる。

 
関口親永(瀬名義広)
時代 戦国時代
生誕 永正15年(1518年
死没 永禄5年(1562年
改名 義広→親永
別名 氏興、氏広、氏純[注釈 1]
官位 刑部少輔
主君 今川義元今川氏真
氏族 瀬名氏関口氏
父母 父:瀬名氏貞 母:堀越貞基の娘
養父:関口氏録
兄弟 氏俊親永(義広)氏次
今川義元の妹(養妹で井伊直平の娘とも)
正長、道秀、大谷元秀[要出典]築山殿北条氏規室?
テンプレートを表示

生涯編集

今川一門の瀬名氏貞の次男。一族の関口氏録(花沢城[2])の養子となって関口家の家督を相続した。駿河今川家の重臣かつ室町幕府奉公衆でもある。

異説によれば奉公衆である関口政興(刑部大輔)の弟である氏兼(刑部少輔)が駿河に下って今川氏に仕えて堀越貞延の娘を娶ったが大永5年(1525年)に死去し、後を継いだ嫡子の刑部(幼名:慶王)も程なく没したために瀬名氏貞の子である助五郎(親永・氏純)が関口氏の婿養子になって相続したという。また、政興の子である氏縁(彦三郎・刑部大輔)も享禄4年(1531年)頃から今川氏に仕え、息子の氏経(越後守)も今川氏に仕えたという[3]

永禄3年(1560年)、義元が織田信長によって桶狭間の戦いで討たれた後も衰退する今川氏を支えた。しかし娘婿の家康が今川氏から独立したため、義元の嫡男・氏真からその去就を疑われた結果、永禄5年(1562年)、駿府屋形町の屋敷にて切腹を命じられて果てた。

なお、浅倉直美は関口氏純は後北条氏からの人質であった北条氏規(義元の甥で、氏真の妻の兄でもある)を婿養子として関口氏を継がせる予定であった(義元の方針でもあった)が、氏純が処罰されたことで後北条氏から返還を求められた結果、小田原城に帰還したとする説を唱えている[4][5]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 戦国遺文 今川氏編では氏純と署名している人物を関口刑部少輔に比定している。大石泰史「新発見の今川氏家臣の発給文書-為広・為和歌合集紙背文書の検討から」小和田哲男 編『今川氏とその時代 地域研究と歴史教育』(清文堂、2009年)は、古文書で確認できる実名は「氏純」のみとしている。

出典

  1. ^ 黒田基樹『北条氏康の妻 瑞渓院』 平凡社〈中世から近世へ〉、2017年12月。ISBN 978-4-582-47736-8 P33-34.
  2. ^ 平井ほか 1979 pp.127
  3. ^ 黒田基樹「今川氏親の新研究」『シリーズ・中世関東武士の研究 第二六巻 今川氏親』(戎光祥出版、2019年4月) ISBN 978-4-86403-318-3 P27-31.
  4. ^ 浅倉直美「北条氏との婚姻と同盟」黒田基樹 編『シリーズ・戦国大名の新研究 第1巻 今川義元』(戎光祥出版、2019年6月) ISBN 978-4-86403-322-0 P226-228.
  5. ^ 浅倉直美「小田原北条氏と織田・徳川氏」橋詰茂 編『戦国・近世初期 西と東の地域社会』(岩田書院、2019年6月) ISBN 978-4-86602-074-7 P70-71.

参考文献編集

外部リンク編集