関 恒義(せき つねよし、1924年大正13年)9月27日 - 2013年平成25年)10月23日)は、日本マルクス経済学者。一橋大学名誉教授。日教組大学部執行委員長、行財政総合研究所副理事長、日本科学者会議『日本の科学者』編集委員長等を歴任した。

人物・経歴編集

長野県長野市生まれ。長野師範学校附属小学校(現信州大学教育学部附属長野小学校)、旧制長野中学(現長野県長野高等学校)、東京府立第十中学校(現東京都立西高等学校)を経て、1942年旧制東京商科大学(現一橋大学予科入学[1]。同期の川勝堅二(元三和銀行頭取)や本間要一郎横浜国立大学名誉教授)とともに小平市の一橋寮に入寮したが、ストーム小便を飲まされ退寮する[2][3]。その後、学徒出陣仙台陸軍予備士官学校を経て、大日本帝国陸軍少尉となる。終戦後、大学に復学し1948年卒業。中山伊知郎ゼミ出身[1]

1948年から東京大学理学部数学科研究生として弥永昌吉ゼミに参加し[1]二階堂副包赤摂也とともに数学を学んだ。赤の妹と結婚[4]。1949年東京商科大学助手。1953年一橋大学経済学部専任講師。1957年助教授。1966年教授。1984年日本教職員組合大学部執行委員長。1988年一橋大学定年退職、名誉教授、行財政総合研究所副理事長、日本科学者会議『日本の科学者』編集委員長[1]

マルクス経済学の立場から近代経済学を批判する一方、経済学への数学の導入を評価し、二階堂副包松坂和夫の一橋大学招聘に尽力した。また、学生の指導でもマルクス経済学と近代経済学の両方の修得や、数学の利用を推奨した[5][1]

指導学生には寺西俊一一橋大学名誉教授[6]や、西村可明一橋大学名誉教授[7]久保庭眞彰一橋大学名誉教授[8]長谷部勇一横浜国立大学学長、良永康平関西大学副学長[9]盛田常夫法政大学教授[1]横倉弘行中央大学名誉教授[10]源河朝典岡山大学名誉教授[11]音無通宏中央大学名誉教授[12]北川和彦立教大学名誉教授、屋嘉宗彦法政大学名誉教授[13]などがいる。他にマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん[14]、元日本共産党経済』編集長の友寄英隆[15]なども関ゼミ出身。

著書編集

単著編集

  • 『ゲームの理論』(みすず書房、1958年)
  • 『現代資本主義と経済理論』(新評論、1968年)
  • 『経済学発展史論』(青木書店、1972年)
  • 『近代経済学の破産:経済民主主義の実現のために』(青木書店、1976年)
  • 『経済学と数学利用』(大月書店、1979年)
  • 『経済民主主義論:80年代の民主的な経済展望のために』(青木書店、1981年)
  • 『現代経済学の課題』(新日本出版社、1993年)
  • 『現代の経済原論』(実教出版、1997年)

共編書編集

  • 『基礎理論』(青木書店、1978年)
  • 『現代資本主義と現代社会主義』(青木書店、1978年)
  • 『行政改革と日本の進路』(大月書店、1982年)
  • 室井力)『臨調行革の構図』(大月書店、1982年)
  • 『日本と世界』(三省堂、1982年)

訳書編集

脚注編集

外部リンク編集