メインメニューを開く

関根 知雄(せきね ともお、1944年3月12日 - )は、千葉県銚子市愛宕町出身の元プロ野球選手、(内野手)。

関根 知雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県銚子市愛宕町
生年月日 (1944-03-12) 1944年3月12日(75歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1963年
初出場 1964年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

銚子商業高校では1961年遊撃手、一番打者として夏の甲子園に出場。1回戦は矢島勝彦のいた法政一高を、延長12回、柴武利の夏の大会史上初のサヨナラ本塁打で降す。しかし2回戦では、この大会に優勝した浪商尾崎行雄に抑えられ、1-2で惜敗[1]。チームメートに控え内野手の田中達彦がいた。

卒業後は日本ビールに進む。1962年都市対抗に出場し、1回戦では電電近畿と対決。日本ビールは小川健太郎立正佼成会から補強)から角谷隆らに継投、電電近畿はエース永易将之が好投して延長22回まで共に無得点のまま進み、大会史上最長記録の熱戦となるが、太田誠電電東京から補強)のサヨナラ本塁打で日本ビールがこの試合を制する。2回戦でも東洋高圧大牟田を破り、準々決勝では本塁打を放つが、日本通運名古屋に敗退[2]

1963年大洋ホエールズへ入団。1965年には一軍に定着。打撃面に弱さがありレギュラーには届かなかったが、内野のユーティリティプレイヤーとして活躍する。1969年には9試合に一番打者として起用された。1970年オフに近鉄バファローズへ移籍。ここでも内野全般をこなすが、1971年には開幕直後から二塁手として先発し、自己最高の103試合に出場(うち50試合は主に二塁手、遊撃手として先発出場)。その後も活躍を続けるが、1974年には出場機会が減り、同年限りで引退

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1964 大洋 4 6 6 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1965 65 84 75 11 12 1 0 1 16 3 2 2 2 0 6 0 1 11 3 .160 .232 .213 .445
1966 54 60 53 4 10 1 0 1 14 5 1 0 1 1 5 0 0 11 2 .189 .259 .264 .523
1967 23 30 26 2 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 3 0 1 7 0 .154 .267 .192 .459
1968 22 27 26 7 8 2 0 2 16 5 2 0 1 0 0 0 0 2 2 .308 .308 .615 .923
1969 80 156 145 11 28 8 0 2 42 9 0 2 1 0 10 0 0 30 2 .193 .245 .290 .535
1970 87 126 111 6 16 2 2 2 28 3 1 1 4 0 10 1 1 22 4 .144 .221 .252 .474
1971 近鉄 103 180 164 18 33 3 1 3 47 14 10 3 5 2 8 0 1 21 2 .201 .243 .287 .529
1972 91 150 135 17 38 5 0 3 52 15 5 2 4 0 10 1 1 12 3 .281 .336 .385 .721
1973 94 198 176 18 31 7 0 4 50 13 5 6 8 1 12 1 1 14 3 .176 .233 .284 .517
1974 20 2 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 .000 .500 .000 .500
通算:11年 643 1019 918 96 182 30 3 18 272 70 27 16 26 4 65 4 6 131 21 .198 .256 .296 .552

背番号編集

  • 14 (1963年 - 1970年)
  • 4 (1971年 - 1974年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集