関根 秀雄(せきね ひでお、1895年明治28年)9月17日 - 1987年昭和62年)7月27日)は、日本のフランス文学者。モンテーニュ研究の第一人者[1]

経歴編集

東京で国文学者である関根正直の子として生まれる。東京帝国大学選科修了。東京都立大学教授、青山学院大学教授を歴任。はじめフランス語学を研究、のちモンテーニュ研究家として、『モンテーニュ随想録』などを翻訳した。

1936年5月26日、第2回文藝懇話会賞を受賞する[2][3]1980年フランスボルドーから第1回モンテーニュ賞が贈られる[1]

1987年7月27日、肺炎により死去する。享年91歳[1]

親族編集

国文学者の関根慶子は妹、聖書学者の関根正雄は弟。

経済学者関根友彦(元ヨーク大学教授)は次男。

フランス文学者で翻訳家の戸部松実(旧姓:関根/元青山学院大学教授)は長女であり、ブリア=サヴァラン美味礼賛』は父・関根秀雄との共訳。現在、関根秀雄の著作権を継承

倫理学者の関根清三は甥[4]

著作編集

著書編集

  • 『音標文字応用 仏蘭西語の音とその綴字』仏語研究社、1925年7月。NDLJP:920197
  • 『仏蘭西文学史』古今書院、1925年6月。NDLJP:968998
  • 『仏語発音の研究』仏語研究社、1926年12月。NDLJP:943374
  • 『仏語動詞の研究』仏語研究社、1927年5月。
  • 『ふらんす語の講座』第1巻、外国語研究社、1932年1月。
  • 『仏語動詞時法考』白水社、1933年10月。
  • 『モンテーニュ伝』白水社、1939年6月。
  • 『賢者と政治』生活社〈日本叢書 第75〉、1946年8月。
  • 『モンテーニュ入門』八雲書店、1947年5月。
  • 『モンテーニュ論攷』八雲書店、1947年12月。
  • 『モンテーニュを語る』創芸社、1948年4月。
  • 『モンテーニュ随想録入門』小山書店新社、1959年11月。
  • 『人生の知恵 モンテーニュ「随想録」に学ぶ』大和書房〈銀河選書 7〉、1965年7月。
  • 『モンテーニュとその時代』白水社、1976年3月。
  • 『モンテーニュ逍遥』白水社、1980年4月。ISBN 9784560041161

翻訳編集

  • ブリュンチエール『仏蘭西文学史序説』岩波書店、1926年4月。NDLJP:968997
    • ブリュンチエール『仏蘭西文学史序説』岩波書店〈岩波文庫〉、1928年5月。
  • ミシェル・ド・モンテーニュ『随想録』全3巻、白水社、1928年。
  • ミシェル・ド・モンテーニュ『人間随想』養徳社〈養徳叢書 外国篇 1006〉、1947年7月。
  • ミシェル・ド・モンテーニュ『子供の教育に就いて』創芸社、1947年12月。
  • M.プレヴォ・パラドール『フランス・モラリスト研究』育生社、1948年4月。
  • モンテーニュ『モンテーニュ書簡集』白水社〈仏蘭西古典文庫27〉、1949年7月。
  • モンテーニュ『モンテーニュ旅日記』白水社〈仏蘭西古典文庫29〉、1949年10月。
    • モンテーニュ『モンテーニュ旅日記』斎藤広信共訳、白水社、1992年12月。
  • ラ・ブリュイエール『人さまざま 又の名当世風俗誌』上下巻、白水社〈仏蘭西文庫 30-31〉、1949-1950年。
    • ラ・ブリュイエール『カラクテール 当世風俗誌』全3巻、岩波書店〈岩波文庫〉、1952-1953年。
  • ラ・ロシュフコー『マクシム 格言と反省』白水社、1951年5月。
  • アナトール・フランス『エピキュールの園』白水社、1951年9月。
  • ブレーズ・パスカル『パンセ』創元文庫〈創元文庫 D 第46〉、1953-0 1952。
  • ラファイエット夫人『クレーヴ夫人の恋』創元社〈創元文庫 B 第74〉、1953年2月。
    • ラファイエット夫人『クレーヴ夫人の恋』河出書房〈河出文庫〉、1957年1月。
  • ブリア=サヴァラン『美味礼讃 味覚の生理学』創元社、1953年10月。
    • ブリア=サヴァラン『美味礼讃 味覚の生理学』上下巻、戸部松実共訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1967年。
  • ピエール・ロティ『お菊さん』河出書房〈河出文庫〉、1954年1月。
  • ヴォーヴナルグ『不遇なる一天才の手記』岩波文庫〈岩波文庫〉、1955年10月。
  • M.ブロンシュヴィク『幸福の条件』紀伊国屋書店、1956年10月。
  • ギ・ド・モーパッサン『ピエルとジャン』河出書房〈河出文庫〉、1956年3月。
  • モンテーニュ『モンテーニュ全集』全4巻、白水社、1957-1958年。
    • モンテーニュ『モンテーニュ全集』全9巻、白水社、1982-1983年、新装版。
  • モンテーニュ『モンテーニュ随想録』全3巻、白水社、1960-1961年。

論文編集

  • 「モンテーニユの若さ」『知識人』第2巻第3号、小山書店、1949年3月、 14-19頁、 NAID 40002355132
  • 「モンテーニュと教科書」『教育現実』第2巻第2号、教育図書、1950年2月、 42-44頁、 NAID 40000698211
  • 「言葉の空虚について」『馬酔木』第29巻第4号、馬酔木発行所、1950年4月、 18-21頁、 NAID 40000092618
  • 「フランス古典文学のしるべ」『学鐙』第49巻第10号、丸善、1952年10月、 13-15頁、 NAID 40000457227
  • 「モンテーニュ・アルチスト」『英語青年』第99巻第6号、研究社出版、1953年6月、 268-269頁、 NAID 40000201504
  • 「モンテーニュ――生涯と著作」『理想』第244号、理想社、1953年9月、 60-64頁、 NAID 40003726279
  • 「日本人の人情仁義について」『ニューエイジ』第8巻第5号、毎日新聞社、1956年5月、 26-29頁、 NAID 40003077706
  • 「Essaisの政治性とMontaigneの《moy》」『論集』第1巻、青山学院大学、1960年11月、 39-63頁、 NAID 110006232067
  • 「モンテーニュの個人主義について――モンテーニュの知恵」『紀要』第7巻、青山学院大学、1963年9月、 1-34頁、 NAID 40000056243
  • 「日本の大学高校における外国語教育はこれでよいか――フランス語の国際性について」『青山学院大学一般教育部会論集』第4号、青山学院大学、1963年11月、 77-85頁、 NAID 110006232172
  • 「創刊にあたりて 学生諸君に」『青山フランス文学論集』第1巻、青山学院大学、1966年12月、 5-6頁、 NAID 110006238028
  • 「百聞は一見にしかず」『青山フランス文学論集』第2巻、青山学院大学、1967年12月、 171-180頁、 NAID 110006238055

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「モンテーニュの権威 関根秀雄氏(元東京都立大教授、元青山学院大教授)死去」『読売新聞』、1987年7月28日、27面。
  2. ^ 「文芸懇話会賞受賞者決まる 徳田秋声、関根秀雄の両氏」『読売新聞』、1936年5月27日、27面。
  3. ^ 文藝懇話会賞受賞作・候補作一覧1-3回”. 文学賞の世界. 2020年5月27日閲覧。
  4. ^ 関根友彦(せきね ともひこ)とは”. コトバンク. 2020年5月27日閲覧。

外部リンク編集